丸岡城
6 丸岡城

[福井県][越前] 福井県坂井市丸岡町霞1-59


  • 平均評価:★★★★☆ 3.70(33位)
  • 見学時間:1時間11分(127位)
  • 攻城人数:480(26位)

丸岡城下町散策マップ

坂井市観光連盟によって作成された丸岡城下町散策マップです。

丸岡城や日本一短い手紙の館、市内の観光案内所で配布されている「丸岡城下町散策マップ」を提供していただきました。

提供:(一社)坂井市観光連盟
提供:(一社)坂井市観光連盟
丸岡城と天守
 丸岡城は天正4年(1576年)、一向一揆の備えとして柴田勝家の甥、柴田勝豊が豊原寺にあった豊原城を「椀子岡(まるこのおか)」に移して築いたとされ、霞ヶ丘城とも呼ばれていました。時の支配者が織田、豊臣、徳川と変わる中で、丸岡の城主も、柴田から青山、今村、本多そして有馬へと変わっていきます。
 現存する天守閣の中では最古のもので、独立式の二重三階の望楼型という建築様式を持つ平山城です。通し柱がなく1階が2・3階を支える構造となっています。極めて古風ですが、品のある美しい姿を今なお見せています。屋根は福井市で算出する笏谷石(しゃくだんいし)の瓦で葺かれ、雨などに濡れると青みを帯びて見えるのが特徴です。
 昭和18年に解体修理されたあと、昭和23年の福井大地震によって倒壊してしまいますが、町民の熱意により昭和30年に元の材料を使用して組み立て直され現在は国の重要文化財に指定されています。
 日本で最も短い手紙として有名な「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥せ」の手紙は徳川家康の家臣、本多作左衛門重次(ほんださくざえもんしげつぐ)が陣中から妻に送った手紙で、お仙とは後に6代目の城主となった息子・成重の幼名です。石垣の脇にその石碑が立っています。
この記事のURLとタイトルをコピーする
表示の崩れや内容の補足・訂正があればぜひご指摘ください フィードバック
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)
丸岡城下町散策マップについてのクチコミ

じっさいに訪問して感じたことや補足の情報があれば、ぜひ書き込んでください!

攻城団のアカウントでログインすることができます ログイン

丸岡城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック
トップへ
戻る