紹介文

本栖城の詳細は不明ですが、戦国時代には中道街道(中道往還)を抑える要衝として武田氏が築いたとされる城です。狼煙台あるいは砦のような規模だったと考えられていますが、1582年(天正10年)の武田氏が滅亡した際には徳川氏に降った渡辺因獄佑(ひとやのすけ)がこの城に籠城して、北条氏の侵攻を撃退しています。その後、1590年(天正18年)に徳川家康が関東に移封されると因獄佑も従ったため廃城になったと思われます。現在城址には登山道が整備されており、石積や堀切などの遺構を確認することができます。また中道街道北側の石塁は「信玄築石」と呼ばれています。

本栖城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

本栖城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 河口湖駅からバスに乗車、石塁入口バス停にて下車。国道139号沿いの登山道から尾根に進み、堀切、竪堀、石垣を見学してると主郭に到達。そのまま尾根伝いに東側の狼煙台とその下の堀切は上から鑑賞。麓に戻り、中道往還にて信玄築石と呼ばれる石塁は興味深いものがあります。(2023/12/30訪問)
  • 本栖湖駐車場から徒歩で攻城。城址は国道139の歩道がない側にあり、横断歩道や信号もないので道路を渡る際には車に気をつけましょう。(2021/11/13訪問)
  • 樹海の中の石塁を見て攻城。城内にも溶岩積みが散見。最大の見所はのろし台後方の堀切。ロープでどうにか堀底に下りたがそれ以上進めず撤退を決意するほど高く急峻です。(2020/11/14訪問)
  • 城跡もなかなかのものですが、それ以上に麓にある溶岩で築いた石塁が印象的な城跡です。しかしそこは富士の樹海、深入りして迷わないようにご注意ください。(2019/11/19訪問)
  • 鬱蒼とした樹海には溶岩石の石積みが続いていて何やら不思議。山側には岩盤堀切やのろし台もあってまさに山城といった趣。(2020/06/29訪問)
すべてを表示(17コメント)

本栖城について

本栖城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

1056 m( 120 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

 

築城開始・完了年

廃城年

 

主な改修者

主な城主

武田氏

遺構

曲輪、石垣、堀切

指定文化財

復元状況

本栖城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)1056 m( 120 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主
築城開始・完了年
廃城年
主な改修者
主な城主武田氏
遺構曲輪、石垣、堀切
指定文化財
復元状況

更新日:2024/03/03 14:31:52

本栖城の城メモ

本栖城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

本栖城の観光情報

本栖城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

本栖城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

本栖城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(03日)の天気

  • 03時
    Clouds / scattered clouds
    -3.76
  • 06時
    Clouds / scattered clouds
    -3.91
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    0.62
  • 12時
    Clouds / few clouds
    4.86
  • 15時
    Clear / clear sky
    6.11
  • 18時
    Clear / clear sky
    0.25
  • 21時
    Clear / clear sky
    -1.56
  • 00時
    Clear / clear sky
    -2.27

明日以降の天気(正午時点)

  • 04日
    Clear / clear sky
    8.54
  • 05日
    Clouds / overcast clouds
    4.85
  • 06日
    Rain / light rain
    0.20
  • 07日
    Snow / light snow
    1.23

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

本栖城の地図

本栖城へのアクセス

本栖城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • 富士急行・富士山駅または河口湖駅から富士急バス新富士線に乗り「石塁入口」バス停下車、登城口まで徒歩5分
  • 富士急行・河口湖駅から富士急バス鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス(ブルーライン)に乗り「石塁入口」バス停下車、登城口まで徒歩5分

アクセス(クルマ)

  • 中央自動車道・河口湖ICから25分
  • 中部横断自動車道・六郷ICから35分

駐車場

 

本栖城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 富士急行・富士山駅または河口湖駅から富士急バス新富士線に乗り「石塁入口」バス停下車、登城口まで徒歩5分
  • 富士急行・河口湖駅から富士急バス鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス(ブルーライン)に乗り「石塁入口」バス停下車、登城口まで徒歩5分
アクセス(クルマ)
  • 中央自動車道・河口湖ICから25分
  • 中部横断自動車道・六郷ICから35分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    本栖城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      ヴィラ本栖

      日々の喧騒を離れ美しい自然の中で過ごす寛ぎのひととき・・・ようこそヴィラ本栖へ(評価:4.6、参考料金:7,400円〜)

      精進レークホテル

      日本のスイス 精進湖畔の北岸にあり、客室、食堂、大浴場より精進湖、富士山を一望出来きる静かな旅館。アクティビティプランもございます!・露天風呂、サウナ、屋上デッキ、リニューアルしました!(評価:4.6、参考料金:7,700円〜)

      富士クラシックホテル

      厳選食材をふんだんに使用した御夕食と寛ぎの一時を緑に囲まれた当館でゆったりとお過ごし下さいませ皆様の御来館を、雄大な富士山の下で心よりお待ちしております(評価:4.4、参考料金:4,700円〜)

      光風閣くわるび

      山々と西湖が魅せる最高のロケーション。お部屋は全室湖向きで、目の前に広がる西湖を一人占め♪天然の癒し空間で心身ともにリラックスしていただけます。(評価:4.0、参考料金:7,850円〜)

      富士星空の村

      富士山を眺めながら手軽にグランピングを堪能してみませんか?専用グリルでBBQを楽しみながら星空を眺める特別な体験を提供します♪(評価:4.5、参考料金:10,000円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    本栖城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 甲府城
      • 甲府城
        • 平均評価:★★★★☆(59位)
        • 見学時間:1時間3分(67位)
        • 攻城人数:2706人(34位)
        • 城までの距離:約21km
      • 躑躅ヶ崎館
      • 躑躅ヶ崎館
        • 平均評価:★★★★☆(63位)
        • 見学時間:58分(76位)
        • 攻城人数:2734人(33位)
        • 城までの距離:約23km
    • より多くの
      城を見る

    甲斐の著名な城

    山梨県の著名な城

    本栖城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    本栖城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    教科書には書かれていない江戸時代

    「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
    教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
    「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
    あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
    授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

    黒まめさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る