紹介文

伊敷索城は三山分立時代(南山・中山・北山)に築かれたグスクです。伊敷索按司はこの城を拠点に勢力を拡大し、長男を宇江城に、次男を具志川城に、三男を登武那覇城に配して一族、三男二女で島を支配しましたが、尚真王の派遣した王府軍に攻められ滅亡しました。現在城址には石垣の遺構を確認することができ、久米島博物館が建てられています。

伊敷索グスクをいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

伊敷索グスクを攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(4コメント)

    伊敷索グスクについて

    伊敷索グスクに関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    グスク平山城

    標高(比高)

    50 m( 20 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    伊敷索按司か

    築城開始・完了年

    着工 14世紀(三山時代)か

    廃城年

    16世紀初頭(1506年または1510年)

    主な改修者

    主な城主

    伊敷索按司

    遺構

    曲輪、石垣

    指定文化財

    県史跡

    復元状況

    伊敷索グスクに関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態グスク平山城
    標高(比高)50 m( 20 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主伊敷索按司か
    築城開始・完了年着工 14世紀(三山時代)か
    廃城年16世紀初頭(1506年または1510年)
    主な改修者
    主な城主伊敷索按司
    遺構曲輪、石垣
    指定文化財県史跡
    復元状況

    更新日:2024/04/18 03:56:05

    伊敷索グスクの城メモ

    伊敷索グスクの見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    伊敷索グスクの観光情報

    伊敷索グスクの見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    伊敷索グスクの見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    伊敷索グスクの見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(18日)の天気

    • 03時
      Rain / light rain
      23.82
    • 06時
      Rain / light rain
      23.17
    • 09時
      Rain / light rain
      21.49
    • 12時
      Rain / light rain
      21.79
    • 15時
      Clouds / broken clouds
      21.41
    • 18時
      Clear / clear sky
      21.28
    • 21時
      Clear / clear sky
      21.35
    • 00時
      Clouds / overcast clouds
      21.08

    明日以降の天気(正午時点)

    • 19日
      Clouds / few clouds
      21.01
    • 20日
      Clouds / overcast clouds
      23.08
    • 21日
      Rain / light rain
      24.38
    • 22日
      Rain / light rain
      23.27

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    伊敷索グスクの地図

    伊敷索グスクへのアクセス

    伊敷索グスクへのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • 久米島空港からコミュニティバス空港線に乗り「公立久米島病院前」バス停下車、徒歩3分
    • 兼城港フェリーターミナルからコミュニティバス空港線に乗り「公立久米島病院前」バス停下車、徒歩3分

    アクセス(クルマ)

    • 久米島空港から約10分
    • 兼城港フェリーターミナルから5分

    駐車場

    久米島博物館駐車場(無料、45台)

    伊敷索グスクへのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • 久米島空港からコミュニティバス空港線に乗り「公立久米島病院前」バス停下車、徒歩3分
    • 兼城港フェリーターミナルからコミュニティバス空港線に乗り「公立久米島病院前」バス停下車、徒歩3分
    アクセス(クルマ)
    • 久米島空港から約10分
    • 兼城港フェリーターミナルから5分
    駐車場

    久米島博物館駐車場(無料、45台)

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      伊敷索グスク周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        なんくるないさぁ

        「球美の海」、「球美の空」など豊かな自然を愉しめるのはもちろん、歩いて5分圏内にコンビニ、飲食店もあり、また、ダイバー用の器材洗い場も充実、全室LAN対応の便利さ!(評価:4.6、参考料金:4,800円〜)

        サイプレスリゾート久米島

        久米島朝食高評価のリゾートホテル。空港から車で3分の好立地、美しい白浜海岸「シンリ浜」が目の前に広がる全室オーシャンビュー。島内一の夕陽スポット。(評価:4.6、参考料金:4,200円〜)

        リゾートハウスみなみ

        ビーチへ徒歩1分!レジャー、出張、帰省、合宿など、さまざまな目的でご滞在いただけます。コンビニ・スーパーへは徒歩2分。近隣に飲食店・ダイビングショップが多数あり、便利にお過ごしいただけます。(評価:4.5、参考料金:4,180円〜)

        EN RESORT 久米島イーフビーチホテル

        23年2月、一部客室を改修!デザインも一新し機能性向上!天然のきめ細かな白い砂が2kmにも及ぶイーフビーチに面し、アクアブルーを望む展望風呂や2つのプールを有する久米島随一のリゾートホテル(評価:3.8、参考料金:3,050円〜)

        ベアーズステイ久米島ヴィラ

        ~島に住むようにゆったりと時間の流れるひと時を~  91平米3LDKのキッチン・家電完備のお部屋  ご家族やご友人との旅にいかかでしょうか(評価:不明、参考料金:6,500円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      伊敷索グスクの過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 首里城
        • 首里城
          • 平均評価:★★★★☆(--位)
          • 見学時間:1時間22分(--位)
          • 攻城人数:2631人(37位)
          • 城までの距離:約96km
        • 座喜味グスク
        • 座喜味グスク
          • 平均評価:★★★★☆(--位)
          • 見学時間:51分(--位)
          • 攻城人数:793人(192位)
          • 城までの距離:約97km
      • より多くの
        城を見る

      琉球の著名な城

      沖縄県の著名な城

      伊敷索グスクといっしょに旅行するのにオススメの城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      伊敷索グスクを本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      天地雷動 (角川文庫)

      「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

      こめつぶさん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る