吉田城
吉田城

[愛知県][三河] 愛知県豊橋市今橋町


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.23(92位)
  • 見学時間:51分(89位)
  • 攻城人数:1446(81位)

鉄櫓(隅櫓)

吉田城の鉄櫓(くろがねやぐら)は1954年(昭和29年)、産業文化大博覧会の開催にあわせて模擬再建されました。
天守が倒壊して以降は、隅櫓のひとつである鉄櫓が天守の代わりをしていたと考えられています。
(もともと吉田城に天守はなかったという説もあります)

内部は簡易的な資料館となっています。
ただし内部公開は毎週日曜・祝日(振替休日除く)だけですのでご注意ください。

内部の写真は撮影でき次第、追加します。

とくに春は鉄櫓の裏手にある桜がとてもきれいです。

なお、鉄櫓を支える石垣は野面積みで池田輝政が城主だった頃(16世紀末)のものであることが、2005年(平成17年)の修復の際に判明しました。

一方で、その左に張り出した部分の石垣は打込接ぎによるもので、これは17世紀前半に名古屋城の天下普請で余った石材を転用したものと考えられています。

豊川対岸から見た鉄櫓です。

明治初年に撮影された鉄櫓の写真です。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

吉田城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ナンバー2の日本史 (MdN新書)

ナンバー1になりたくてなれなかった人、あえてナンバー2を選んだ人、ナンバー1でありナンバー2でもある人…いろいろですが、何故かナンバー2の方が面白く感じてしまうのは私だけではないハズ。各時代の政治を廻していたのは多くはナンバー2だったことを考えれば、魅力ある人物が並ぶのは当然と言えば当然ですね。本当に大勢のナンバー2について書かれていて分厚いですが、本を読むのが若い頃に比べて格段に遅くなってきた私でもサクッと読めました。中でも朝倉宗滴(←スミマセン全く知りませんでした…)、とても興味深く読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る