紹介文

五ヶ所城は伊勢南朝方として活躍した土豪、愛洲氏の居城です。元祖剣豪にして、陰流の祖として知られる愛洲移香斎久忠の生誕地でもあります。愛洲陰流は上泉信綱によって新陰流となり、さらに柳生石舟斎の柳生新陰流をはじめ二百余流の源流となっています。1576年(天正4年)に織田信長の子で北畠氏の養子となった織田信雄によって攻められ愛洲氏は滅亡しました。現在城址は「愛洲の里公園」として整備されています。西麓に建てられた「愛洲の館」には五ヶ所城の地形模型などが展示されています。

攻城団編集部

五ヶ所城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

五ヶ所城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 二重堀や土塁が、ほぼ当時のまま残っています。 愛洲の館側から見た五ヶ所城の断崖も必見です。(2019/08/22)
  • 志摩磯部駅から徒歩1分程の磯部バスセンター→町立病院前バス停下車徒歩10分程。(2019/02/03)
  • 愛洲の館駐車場(34.3550191,136.7020423)を利用して攻城。鍛錬の段(34.3551035,136.7023716)を登り主郭へ向かうと立派な二重堀が!櫓台との間に堀切もあり中々見所あり。(2018/08/27)
  • 近鉄鵜方駅でレンタカーを借りて攻城。地元の方々とお話をする機会があり、その中でお城は地域の宝だという強い思いが伝わってきました。しかし、城址はお寺の、居館跡は個人の所有なので発掘すらままならなく、鍛錬の段も曲輪を破壊しての造作で、行政との温度差があるようです。二重の堀には、とても感動しました。(2018/07/23)
  • 愛洲の館から鍛錬の階段をあえぎながら登り、主郭に到着。主郭部は城址碑と案内板だけだが、周囲の堀と土塁が素晴らしい。帰りは竹藪を抜け、愛洲一族の塔頭や居館跡を見てから駐車場に戻りました。鍛錬の階段が嫌な方は、城址裏の竹藪からの攻城がお勧めです。(2018/06/07)
  • 愛洲の館も併せて訪問しました。愛洲氏開祖の陰流に関する展示が充実しており、数ある居合術の流派の起源が良く理解できました。城址の二重堀の遺構はくっきり残っていました。(2018/05/12)
  • 行き道にある民家の石垣がどれもすごい。高低差のある階段はいい運動。土塁、堀など確認。春を感じる立派な筍がよーけ目を出しとりました。よく管理して頂いているようです。(2018/04/08)
すべてを表示(10コメント)

五ヶ所城について

五ヶ所城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態丘城平山城
標高(比高)41 m( 40 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主愛洲氏
築城開始・完了年着工 康永年間(1342年~1345年)頃
廃城年1576年(天正4年)
主な改修者
主な城主愛洲氏
遺構土塁、曲輪、堀
指定文化財県史跡
復元状況

更新日:2019/11/23 05:57:37

五ヶ所城の城メモ

五ヶ所城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

五ヶ所城の観光情報

五ヶ所城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

五ヶ所城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(23日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    12.44
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    11.40
  • 09時
    Clouds / scattered clouds
    16.34
  • 12時
    Clear / clear sky
    19.11
  • 15時
    Clear / clear sky
    19.27
  • 18時
    Clear / clear sky
    13.66
  • 21時
    Clear / clear sky
    12.98
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    12.81

明日以降の天気(正午時点)

  • 24日
    Clouds / overcast clouds
    20.51
  • 25日
    Clouds / overcast clouds
    18.93
  • 26日
    Clear / clear sky
    15.63
  • 27日
    Rain / light rain
    11.90

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

五ヶ所城の地図

地図アプリで見る

三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦城山

五ヶ所城へのアクセス

五ヶ所城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • 近鉄志摩線・志摩磯部駅から三重交通バスに乗り「町立病院前」バス停下車、徒歩約11分
アクセス(クルマ)
  • 伊勢自動車道・玉城ICから29分
駐車場

愛洲の館駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    五ヶ所城周辺の宿・ホテル

      旅館 二葉

      五ヶ所湾で水揚げされた<新鮮で豊富な海の幸満載の豪華料理>、静かな旅情と豊かな海の幸、家族的なおもてなしをモットーにしている純和風のレトロな<温泉宿>です。 ★★★コンビニまで徒歩3分以内★★★(評価:3.6、参考料金:4,100円〜)

      プレミアリゾート 夕雅 伊勢志摩

      和室・洋室・スイート・・・お客様に合わせた客室で、「日本の夕陽百選」に選ばれた海の絶景に癒される。太平洋が一望できる客室、伊勢海老・鮑など伊勢志摩食材を堪能し特別なひとときをお過ごし下さい(評価:4.2、参考料金:7,000円〜)

      シーサイドホテル鯨望荘

      ロケーションがいいことで知られる人気の宿。熊野灘と英虞湾を一望する開放感抜群の温泉露天からの眺めまさに絶景。貸切風呂・岩盤浴・エステなど施設充実。本場伊勢えび、鮑料理など食通を唸らす美味しさ!(評価:3.6、参考料金:5,500円〜)

      大江戸温泉物語 伊勢志摩

      英虞湾の絶景は格別で天然温泉大浴場からの眺めも最高。自慢のバイキングは朝夕計約140種で三重県内最大級の品揃え!(評価:4.2、参考料金:8,756円〜)

      B&Bフォレスト志摩

      ご家族、友達同士でお気軽にどうぞ♪ベット&ブレックファーストの為夕食はございませんが、志摩の美味しい夕食処で(お車で15分圏内)新鮮な魚介などをどうぞ!夜は厨房にて調理する事も可能です。(評価:4.8、参考料金:5,500円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    五ヶ所城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 田丸城
      • 田丸城
        • 平均評価:★★★☆☆(128位)
        • 見学時間:54分(184位)
        • 攻城人数:483人(150位)
        • 城までの距離:約16km
      • 松坂城
      • 松坂城
        • 平均評価:★★★★☆(82位)
        • 見学時間:1時間7分(114位)
        • 攻城人数:1119人(55位)
        • 城までの距離:約29km
    • より多くの
      城を見る

    伊勢の著名な城

    三重県の著名な城

    五ヶ所城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    五ヶ所城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    天地雷動 (角川文庫)

    「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る