紹介文

月居城は佐竹氏の支族で北酒出助義の三男、袋田定義によって築かれたとされています。袋田氏が佐竹氏一門の小田野氏を相続することになり断絶したため一時廃城となりましたが、その後は佐竹氏庶流の山入氏の勢力下となり、さらに佐竹宗家と山入氏の抗争(山入の乱、山入一揆)が勃発すると、そのすきに乗じて白河結城氏が侵攻し、以後40年間にわたり占領しました。1504年(永正元年)に「山入の乱」が終結すると佐竹義舜は城を奪還し、高柿氏らを在番衆として置き、のちに野内氏に与えられました。1602年(慶長7年)、佐竹氏の秋田転封に野内氏も従ったため廃城となりました。現在城址はハイキングコースの一部となっており、山頂には城址碑が建てっれているほか、堀切などの遺構を確認することができます。

月居城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

月居城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 人の多いハイキングコースですが、主郭までは意外に斜度が高い上にロープ場もありますので、靴は山適性の高いものをオススメします。主郭の一角の物見台跡と思われるところから覗く眺望はなかなかです。(2023/11/11訪問)
  • 山上の登城口へ向かう道が崩落個所がある影響で封鎖されていました 袋田の滝駐車場を利用して徒歩で向かう必要があります。(2023/11/03訪問)
  • 袋田滝本町営第一無料駐車場に駐車し、最初の橋(見返橋)を渡ってすぐ東へ向かう脇道に入り、七曲り山道→旧県道→旧県道登山口→月居峠→鐘撞堂→月居山頂という順路で攻城しました。駐車場から頂上までは40~50分ぐらいです。頂上が本丸になっていて城址碑があります。また、本丸の南側(男体山方面)に降りていくと深い堀切があります。(2021/01/16訪問)
すべてを表示(9コメント)

月居城について

月居城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

404 m( 200 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

袋田定義か

築城開始・完了年

着工 応永年間(1394年〜1428年)か

廃城年

1602年(慶長7年)

主な改修者

佐竹義舜

主な城主

袋田氏、山入氏、白河結城氏、高柿氏、野内氏

遺構

曲輪、堀切

指定文化財

復元状況

月居城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)404 m( 200 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主袋田定義か
築城開始・完了年着工 応永年間(1394年〜1428年)か
廃城年1602年(慶長7年)
主な改修者佐竹義舜
主な城主袋田氏、山入氏、白河結城氏、高柿氏、野内氏
遺構曲輪、堀切
指定文化財
復元状況

更新日:2024/03/04 03:41:40

月居城の城メモ

月居城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

月居城の観光情報

月居城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

旧道の月居山登山口にあり

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

月居城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ

旧道の月居山登山口にあり

コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

月居城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(04日)の天気

  • 03時
    Clear / clear sky
    -1.52
  • 06時
    Clear / clear sky
    -2.19
  • 09時
    Clouds / few clouds
    5.19
  • 12時
    Clouds / overcast clouds
    6.90
  • 15時
    Rain / light rain
    8.56
  • 18時
    Clouds / scattered clouds
    2.40
  • 21時
    Clouds / scattered clouds
    -0.23
  • 00時
    Clouds / broken clouds
    -0.46

明日以降の天気(正午時点)

  • 05日
    Clouds / overcast clouds
    4.16
  • 06日
    Rain / light rain
    1.18
  • 07日
    Clouds / scattered clouds
    3.65
  • 08日
    Snow / snow
    1.28

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

月居城の地図

月居城へのアクセス

月居城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR水郡線・袋田駅から茨城交通バスに乗り「袋田の滝(滝本)」下車、徒歩約50分
  • JR水郡線・袋田駅から茨城交通バス「馬次入口行き」に乗り「水根」下車、徒歩約50分

アクセス(クルマ)

  • 常磐自動車道・那珂ICから60分
  • 東北自動車道・矢板ICから70分

駐車場

 

月居城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR水郡線・袋田駅から茨城交通バスに乗り「袋田の滝(滝本)」下車、徒歩約50分
  • JR水郡線・袋田駅から茨城交通バス「馬次入口行き」に乗り「水根」下車、徒歩約50分
アクセス(クルマ)
  • 常磐自動車道・那珂ICから60分
  • 東北自動車道・矢板ICから70分
駐車場

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    月居城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      滝味の宿 豊年万作

      四季の変化を眺めながらつかる温泉に、地産の食材をふんだんに用いたお食事に舌鼓。田舎ならではの人情味あふれるあたたかなおもてなしをモットーに、旅の楽しみをお手伝いさせていただきます。(評価:4.1、参考料金:7,150円〜)

      悠久の宿 滝美館

      奥久慈の旬の食材にこだわる『ご当地グルメ』盛りだくさんの色々なお食事プランでお待ちしております。また、来館前に各室のウイルス除去等、安全対策を実施しております。(評価:4.7、参考料金:5,900円〜)

      袋田温泉 思い出浪漫館~自然に囲まれた美人の湯~

      ★10/3~3/31まで名物「りんご風呂」開催中★無料でいろいろ楽しめオールインクルーシブ体験(一部有料)付き!「袋田の滝」まで車で5分。里山バイキングと天然温泉が自慢の宿(評価:4.5、参考料金:7,200円〜)

      丘の上のゲストハウス「Daigo house」

      1部屋のご利用が3人以上なら1泊4,180円~☆旧自動車学校合宿免許の施設を活用し、茨城県,栃木県,福島県の拠点として気軽に宿泊ただけるゲストハウスです。ホテルではないので、ご理解の上ご利用ください。(評価:4.0、参考料金:4,180円〜)

      大子温泉やみぞホテル

      清らかな久慈川の清流と豊な奥久慈の自然に包まれた公共の宿。温かい温泉にゆっくり浸かって、日頃の喧騒を忘れ、癒しのひと時をご堪能ください。従業員一同、心よりお待ちしております。  (評価:4.4、参考料金:10,450円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    月居城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 水戸城
      • 水戸城
        • 平均評価:★★★☆☆(77位)
        • 見学時間:1時間15分(41位)
        • 攻城人数:2122人(61位)
        • 城までの距離:約43km
      • 笠間城
      • 笠間城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間8分(--位)
        • 攻城人数:1041人(156位)
        • 城までの距離:約43km
    • より多くの
      城を見る

    常陸の著名な城

    茨城県の著名な城

    月居城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    月居城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    教科書には書かれていない江戸時代

    「教科書には書かれていない」というワードと、教科書会社出版という2つにひかれて手に取った本です。
    教科書に書かれている事実(とされている事柄)の間を丹念に埋めるような内容です。
    「参勤交代の経済学」は、面白かったです。「大名は本陣に泊まるときには、宿泊料を払わなかった」とか、「『超高速参勤交代』は、超高速じゃなかった」とか、「参勤交代で、行列同士が出会ったら」とか、面白くて一気に読みました。
    あとは、「武士道と切腹」「幕末のとある旗本の一生」「天璋院篤姫」「徳川慶喜はなぜ大政奉還したのか」「江戸の庶民」「江戸の学問、名君池田光政と花畠教場・閑谷学校」など、事実だけではなく、そこに至る経緯、人の思惑、顛末など教科書のすき間を埋める事柄がたくさん書かれています。
    授業で教えてくれたら、面白かっただろうな、でもきっと決められた時間数では終わらないだろうな、なんて考えながら読みました。

    黒まめさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る