紹介文

馬籠城は遠山十八支城のひとつで、木曽氏の家臣で文人・島崎藤村の祖先とされる島崎重通の居城でした。1584年(天正12年)に羽柴秀吉徳川家康の間で「小牧・長久手の戦い」が起こると、木曽義昌は秀吉に味方し、家臣の山村良勝妻籠城を、重通に馬籠城を守らせましたが、家康方の菅沼定利保科正直諏訪頼忠らの軍勢によって攻略され、そのまま廃城になったものと思われます。現在は城の遺構はありませんが、江戸時代の中山道の宿場町「馬籠宿」の町並みがいまなお残っており、毎年11月には「馬籠宿場まつり」が開催されます。

馬籠城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

馬籠城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 中津川駅からバスで30分。馬籠宿で降りて、そこから旧中山道沿いを5分ほどで右側に説明板があります。(2022/10/20訪問)
  • 旧中山道沿いに説明板。反対の西側に回ると城跡全体を見ることができます。(2019/10/24訪問)
すべてを表示(8コメント)

馬籠城について

馬籠城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

平山城

標高(比高)

571 m( 20 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

遠山氏(馬籠遠山氏)

築城開始・完了年

着工 永禄年間(1558年~1570年)か

廃城年

1584年(天正12年)

主な改修者

主な城主

遠山氏、木曽義昌、島崎重通

遺構

曲輪、説明版

指定文化財

市史跡

復元状況

馬籠城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態平山城
標高(比高)571 m( 20 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主遠山氏(馬籠遠山氏)
築城開始・完了年着工 永禄年間(1558年~1570年)か
廃城年1584年(天正12年)
主な改修者
主な城主遠山氏、木曽義昌、島崎重通
遺構曲輪、説明版
指定文化財市史跡
復元状況

更新日:2024/02/24 03:39:39

馬籠城の城メモ

馬籠城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

馬籠城の観光情報

馬籠城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

 

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

馬籠城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

馬籠城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(24日)の天気

  • 03時
    Clouds / broken clouds
    -3.18
  • 06時
    Clouds / broken clouds
    -3.59
  • 09時
    Clouds / broken clouds
    1.99
  • 12時
    Clouds / broken clouds
    7.26
  • 15時
    Clouds / overcast clouds
    7.27
  • 18時
    Clouds / overcast clouds
    2.54
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    1.09
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    0.25

明日以降の天気(正午時点)

  • 25日
    Snow / snow
    3.67
  • 26日
    Clouds / overcast clouds
    8.16
  • 27日
    Clouds / broken clouds
    6.02
  • 28日
    Clouds / scattered clouds
    9.73

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

馬籠城の地図

馬籠城へのアクセス

馬籠城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR中央本線・中津川駅から北恵那交通バスに乗り約30分、「まごめ」バス停下車
  • JR中央本線・南木曽駅からおんたけ交通バスに乗り約35分、「まごめ」バス停下車
  • 中央自動車道・神坂PA高速バス停下車、徒歩20分

アクセス(クルマ)

  • 中央自動車道・中津川ICから20分

駐車場

馬籠宿駐車場(無料)

馬籠城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR中央本線・中津川駅から北恵那交通バスに乗り約30分、「まごめ」バス停下車
  • JR中央本線・南木曽駅からおんたけ交通バスに乗り約35分、「まごめ」バス停下車
  • 中央自動車道・神坂PA高速バス停下車、徒歩20分
アクセス(クルマ)
  • 中央自動車道・中津川ICから20分
駐車場

馬籠宿駐車場(無料)

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    馬籠城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      ホテル花更紗

      日本百名山「恵那山」を望むことができ、大自然に囲まれた「美人の湯」温泉リゾート。中山道馬籠宿・妻籠宿にも近く、観光の拠点としてご利用いただけ、飛騨牛を使った会席料理から温泉まで楽しめます。(評価:4.1、参考料金:3,000円〜)

      料理旅館たけはん

      【おトクな平日★ぎふとりっぷ】専用プランから♪~2/28まで!中津川の旬の食材、地産地消の旨みを楽しむ贅沢な時間。岐阜の特産飛騨牛プラン・人気のひつまぶしプラン・温泉施設割引プランなどたくさん!(評価:4.0、参考料金:4,500円〜)

      Tabist シルクホテル 中津川

      JR中央西線「中津川駅」より徒歩2分、中央自動車道「中津川I.C.」より5分観光やビジネスでご利用のお客様に大変便利なホテルです周辺には、中津川ちこり村や苗木温泉など多くのインスタ映えがあります(評価:2.0、参考料金:4,500円〜)

      お宿Onn 中津川

      お宿Onn中津川は「この町と旅が好きになる」をコンセプトに、木の温もりあふれるやすらぎの空間で、みなさまをあたたかくお迎えいたします。大浴場/Wi-Fi完備/無料コーヒーサービス/駅から徒歩9分(評価:4.6、参考料金:2,805円〜)

      TAOYA木曽路

      とろみ湯が自慢の温泉リゾートホテル。 自然との一体感を楽しみながら、開放感溢れるレストランで贅沢バイキング、そしてオールインクルーシブで寛ぎの時間を。(評価:4.4、参考料金:18,900円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    馬籠城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 苗木城
      • 苗木城
        • 平均評価:★★★★☆(12位)
        • 見学時間:1時間18分(35位)
        • 攻城人数:1903人(76位)
        • 城までの距離:約6km
      • 岩村城
      • 岩村城
        • 平均評価:★★★★☆(10位)
        • 見学時間:1時間23分(27位)
        • 攻城人数:2403人(47位)
        • 城までの距離:約20km
    • より多くの
      城を見る

    美濃の著名な城

    岐阜県の著名な城

    馬籠城といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    馬籠城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    首都圏発 戦国の城の歩きかた

    戦国の城=土の城を歩きたい人に首都圏(千葉・埼玉・東京・神奈川)に残る城跡を紹介する。実際に訪ねた時の城の見方、見落としてはいけないポイントを縄張図と写真で解説。巻頭の小机城をはじめ入門編から中級編まで、「歩きやすくわかりやすい」をコンセプトに21の城跡を紹介している。

    こめつぶさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る