攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

淀城を攻城

うちからそれほど遠くない、淀城にいってきました。
いま残ってる淀城跡は、いわゆる淀の方のお城の淀城ではないんですよね(あっちは「淀古城」と呼ばれてます)。

DSC_1797

豊臣から徳川に世間が変わるときは(関ヶ原とか大坂の役があった頃は)、やたらお城を建てたり潰したりしてるんですけど、そのときどきの状況に応じて要所を奪い合ってたんですね。
事実、この淀城があった場所は水路の要所だったので、とても重要とされていました。当時は水路もめちゃくちゃ活用されてましたし。ちなみにここで桂川、宇治川そして木津川が合流して淀川になって大阪につづきます。京都と大阪を結ぶ主要経路だったんです。

淀君の淀城(淀古城)はいったん取り壊されて伏見城に流用されるんですけど(この伏見城も秀吉の伏見城と、家康の伏見城とふたつあるのでややこしい)、豊臣家を滅ぼしたあとにやっぱり大事だってことで伏見城を取り壊して淀城を築城したそうです。 このへんの城同士の関係図とか、移築された建築物の系譜を整理するとおもしろそうですね。 以降、この淀城は明治時代まで残るわけですが、淀藩主・稲葉氏は春日局(お福)が幼女に入った家ですね。案内板にもそのへんのことが書いてありました。 DSC_1774 場所は京阪電車の淀駅の真ん前で、お城の駅というよりは競馬場の駅として有名ですね。京都競馬場の最寄り駅なので。ぼくのおじいちゃんの家がこの近くにあったので、週末になればクルマの渋滞もすごかったです。 お堀が残っている南側は病院(?)の駐車場になっているので、城跡らしさをはっきり見ることができますね。 DSC_1765 現在は石垣とお堀の一部が残ってるだけですけど、修復計画もあるようです。うまくいくといいですね。 DSC_1768
より大きな地図で 淀城周辺マップ を表示
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

攻城団レポート(2024年2月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。アクセスは相変わらず低調でしたが、いまはしょうがないかなと諦めています。2月は「城たび」「城がたり」を再始動したり、攻城団テレビの最新動画を収録・公開したりと活動的な一ヶ月でした。

つづきを読む

城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を開催しました

  • 城たび
  • 開催レポート

先週の土曜日に城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を開催しました。めちゃくちゃ楽しかったです。ツアー中の写真をたくさん撮ってきたので、バーチャルツアーっぽく追体験してみてください。

つづきを読む

城がたりで語り合いましょう

  • お知らせ

講演会やセミナーで教わったこと、現地説明会で聞いたこと、読んだ本の感想、訪問したお城の見どころ等々、自分が知ったことを持ち寄って「城がたり」でシェアしませんか。

つづきを読む

丸山城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

扇谷上杉氏が北条早雲に備えるために築いた城で、太田道灌の最期の地としても知られる丸山城にも攻城団のチラシを置いていただきました。伊勢原駅にある駅ナカ クルリンハウス(伊勢原駅観光案内所)で入手できます。

つづきを読む

大桑城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

美濃守護・土岐頼芸の居城で、現在は城址までの登山道が整備されている大桑城にも攻城団のチラシを置いていただきました。はじかみ林道、古山城登山道とそれぞれの登山口で入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る