攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

敏満寺城を攻城

(この記事は2011年1月に自分のブログに書いたものを転載したものです)

行くのがむずかしい城は数あれど、サービスエリア内にある城はたぶん日本でここだけ。もちろん城跡ですけどね。

敏満寺城は名神高速道路の多賀SA(上り)にあります。

DSC_0095

滋賀は思いっきり雪が積もっていて、関ケ原から彦根のあたりまでは積もるどころかまだ雪が降ってたんですけど、城跡と雪は最悪の組み合わせですね。どこがどこやらわからない。

たぶんこのへんが土塁。雪のないときにもっかい来ないとわかりません。ぎゃふん。 DSC_0088 この敏満寺城の歴史は諸説あるらしいんですけど(天台宗寺院である敏満寺が城塞化したとか、じつはぜんぜん関係ないとか)、どうやら浅井長政や織田信長とも縁のある城のようです。 現地にあった案内板によると、こんな感じ。
室町時代に湖東の一大寺院と化した敏満寺は、その勢力ゆえに守護大名佐々木氏や京極氏とたびたび対立するようになります。"応仁の乱"以降は山門の一翼をにない、ことあれば僧兵を動員することになり、寺は要塞化した軍事拠点となっていきました。 そして戦国時代、永禄五年(1562)に浅井長政の攻撃を受けた久徳氏に味方したため長政に攻められ、当時一二十以上あったという坊舎は炎上焼失してしまいました。 さらに、元亀三年(1572)には織田信長の命に応じなかったことから、残りの坊舎をことごとく焼かれ、寺領も取り上げられ、衰微の一途をたどっていったのです。 慶長年間(十七世紀初頭)には残った礎石も彦根城普請のため運び去られました。 造園部一帯は、昭和六十一年五月〜昭和六十二年三月まで発掘調査が行なわれ、調査の結果、十五世紀末から十六世紀末にかけての遺跡であり、高く盛られた土塁、深く掘られた空堀から、要塞化した寺院遺構と考えられ、櫓、建物、門、井戸等の跡及び土器類も出土しています。
ふつうは焼かれた城でも石垣だけは残っているんだけど、石垣すらない城址というのはだいたい付近のお城に運ばれてます。この城の石も彦根城に再利用されてるんですね。 さすがに誰もこんなところに来てません。ぼくの足あとだけ。 DSC_0101 踏み込んだ穴は10センチ以上ありました。靴が濡れて冷たいです。 DSC_0102 場所は多賀SA(上り)の奥にあります。本線合流前にあるガソリンスタンドのところなので、スタバの横を抜けて行きます。ドッグランができるちっちゃい公園があるスペースが城址です。 DSC_0086 より大きな地図で 敏満寺城周辺マップ を表示 [追記] ちなみに練馬城はとしまえんの中にあるので、入園料を払わないと攻城できません。いつか行こうと思うんですけどね。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を開催しました

  • 城たび
  • 開催レポート

先週の土曜日に城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を開催しました。めちゃくちゃ楽しかったです。ツアー中の写真をたくさん撮ってきたので、バーチャルツアーっぽく追体験してみてください。

つづきを読む

城がたりで語り合いましょう

  • お知らせ

講演会やセミナーで教わったこと、現地説明会で聞いたこと、読んだ本の感想、訪問したお城の見どころ等々、自分が知ったことを持ち寄って「城がたり」でシェアしませんか。

つづきを読む

丸山城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

扇谷上杉氏が北条早雲に備えるために築いた城で、太田道灌の最期の地としても知られる丸山城にも攻城団のチラシを置いていただきました。伊勢原駅にある駅ナカ クルリンハウス(伊勢原駅観光案内所)で入手できます。

つづきを読む

大桑城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

美濃守護・土岐頼芸の居城で、現在は城址までの登山道が整備されている大桑城にも攻城団のチラシを置いていただきました。はじかみ林道、古山城登山道とそれぞれの登山口で入手できます。

つづきを読む

具志川グスクにチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

沖縄本島の南端に位置し、見事な琉球石灰岩の石垣が残る具志川グスクにも攻城団のチラシを置いていただきました。道の駅いとまん情報館で入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る