攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

豊臣大坂城の三の丸石垣

(この記事は2010年12月に自分のブログに書いたものを転載したものです)

大坂城(ちゃんと「坂」の字で書きましょう!)というのは、もともと石山本願寺があったところに豊臣秀吉が建てた城ですが、大坂夏の陣で焼失しています。その後、あらたに徳川家康が再建してるんですね。つまり大坂城ってのは豊臣時代のものと、徳川時代のものがあるという話。
ちなみにいまの大阪城(こちらは「阪」の字です)はいろいろとミックスされた復興天守です。

DSC_3532

似たような話は名古屋城にも言えるんですけど、これは織田家の場合は「那古野城」と字がちがったので区別もつけやすいです(場所はだいたい同じで、石碑もいまの名古屋城の敷地内にあります)。

このように「同じところにあった別の城」の扱いを攻城団ではどうすべきかというのが悩みのひとつなんですよね。ちょっとまだ答えが出てないのですが、とりあえずはそれぞれのデータを持つ方向で考えています。

ただ大坂城の場合も「まったく同じ場所」ではないので、今回は豊臣時代の大坂城の名残があるところにいってきました。

最寄り駅は地下鉄の天満橋駅です。 大阪駅からいく場合は、東梅田駅まで歩いて谷町線に乗るのがいいですよ(東梅田からだと13分200円)。 天満橋駅に着いたら地上に出て、土佐堀通りに沿って5分ほど歩くと見えてきます。 R0012137 「府立男女共同参画・青少年センタードーンセンター」というところにあるんですけど、追手門学院大手前高等学校のとなりになります。 もっと近寄ってみました。 R0012140 ちょっと葉っぱが邪魔ですね。 移築復元なので、元々ここにあったわけではないそうです。でも石と石の間に詰められた小石にいたるまで、細心の注意を払って復元されたそうです(野面積みなので間に小石を詰めてるんですね)。 R0012138 さらに寄るとこんな感じです。 バシバシと写真を撮っていたら地元の人らしき方から不審な目で見られました。まあそうですよね。 R0012141 そのままこのブロックをぐるりとまわって、反対側にある追手門学院小学校の壁にもありました。ちょっとだけですけどね。 R0012146 びっちりコンクリートで埋められていて、ちょっと悲しいです。 R0012148 さらにちょっと(1分くらい)歩いたところにある、日本経済新聞大阪本社のビル前にもあります。 R0012183 それと寝屋川に面した壁にも石垣がありますので、橋から見ることができます。 向こうに大阪城が見えてるのがわかりますかね。 R0012187 秀吉時代とはいえ、大坂城の頃になると打込み接ぎ(うちこみはぎ)でつくられているのかなと思ってたんですが、打込み接ぎが主流になるのは関ケ原の戦い以後のことで、この頃はまだ野面積みが主流だったんですね。 今回ご紹介したポイントです。 ぐるっと歩いてまわっても1時間もかからないと思いますので、大阪城を攻める前に寄ってみるといいですね。
より大きな地図で 豊臣大坂城の石垣復元場所 を表示
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

攻城団レポート(2019年11月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。11月はテレビの影響もあって歴代2位のアクセスとなりました。いつもご利用いただきありがとうございます!

つづきを読む

「京都府三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第17弾として「京都府三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

古宮城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

馬場信春が築いた古宮城の近くにある作手歴史民俗資料館に攻城団のチラシを置いていただきました。

つづきを読む

攻城団お城講座「めっちゃよくわかる二条城」を開催しました

  • お城講座

「攻城団お城講座」を開催しました。初回は「めっちゃよくわかる二条城」というタイトルでぼくが講師をつとめました。

つづきを読む

長篠城、古宮城、設楽原決戦場のご当地缶バッジができました

  • ご当地缶バッジ

ご当地缶バッジシリーズの最新作ができました。一挙に3つも増えたのでぜひ現地を訪問してお買い求めください。

つづきを読む

特集記事

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る