全国的にコロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者が増えています。訪問先の状況を踏まえた上で慎重に判断をし、出かける際は十分な予防対策をおこなうよう心がけてください。

紹介文

花沢館は道南十二館のひとつで、上ノ国守護職であった蛎崎季繁の城館として築かれた城です。1457年(長禄元年)に起きた「コシャマインの乱」では季繁が武田信広とともにコシャマインの攻撃を防ぎきりました。蠣崎信広あるいはその子・光広の代に勝山館を築くと、花沢館は廃館となりました。現在はハイキングコースになっています。

花沢館をいろんなキーワードで分類してみましょう。

城主の攻城メモ

花沢館を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 登山口脇の駐車場から遺構まではすぐですが草が多く歩行困難です(2019/07/15訪問)
  • 少し急な登りですが登ったらそこに広がる遺構は見ごたえあります。(2018/04/17訪問)
  • 道路沿いなので見つけやすく、直ぐに城碑があり可愛らしいお花が咲き乱れてました。ふらふらっと誘われて登って行ったら表の風景と真逆のそれなりの山城でした(2018/06/16訪問)
  • 少し離れた花沢公園駐車場に駐車。新雪の中、嬉々として急勾配を攻め上がったものの、下りで難渋するハメに。(2017/12/08訪問)
  • 説明板が少なく城域がわかりにくい。 見た限り、二重の堀土塁を有した館で、ほぼ単郭と言ってよさそうだ。(2013/10/18訪問)
すべてを表示(16コメント)

花沢館について

花沢館に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態丘城山城
標高(比高)50 m( 40 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主蠣崎季繁
築城開始・完了年着工 15世紀頃
廃城年
主な改修者
主な城主蠣崎季繁
遺構曲輪、土塁、虎口、堀
指定文化財国史跡
復元状況

更新日:2020/08/04 03:58:59

花沢館の城メモ

花沢館の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

花沢館の観光情報

花沢館の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ
コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

花沢館の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(04日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    22.85
  • 06時
    Rain / light rain
    23.65
  • 09時
    Rain / light rain
    24.01
  • 12時
    Rain / light rain
    24.72
  • 15時
    Rain / light rain
    25.24
  • 18時
    Rain / light rain
    24.84
  • 21時
    Rain / light rain
    23.41
  • 00時
    Rain / moderate rain
    23.64

明日以降の天気(正午時点)

  • 05日
    Rain / light rain
    24.59
  • 06日
    Clouds / overcast clouds
    24.40
  • 07日
    Rain / light rain
    23.35
  • 08日
    Clouds / few clouds
    25.22

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

花沢館の地図

花沢館へのアクセス

花沢館へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR江差線・上ノ国駅からバスで7分
  • JR津軽海峡線・木古内駅よりバスに乗り「大留」バス停下車、徒歩10分
アクセス(クルマ)
駐車場

なし

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    花沢館周辺の宿・ホテル

      ホテルニューえさし

      江差町はもちろん、桧山管内の観光の拠点に最適です。ホテルのそばには多くの飲食店があり、地物の魚料理や郷土料理をお楽しみいただけます。飲食店情報はホテルスタッフにお気軽にお尋ねください。(評価:不明、参考料金:6,050円〜)

      旅庭 群来

      客室には自家源泉100%かけ流し温泉があり温泉熱を活用し給湯や床暖房に使用。お食事は直営農場から届く無農薬有機栽培の野菜や循環エコ型飼育のサフォーク羊肉を楽しめ食事時の飲物はオールインクルーシブ(評価:不明、参考料金:40,700円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    花沢館の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 勝山館
      • 勝山館
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:59分(--位)
        • 攻城人数:243人(255位)
        • 城までの距離:約1km
      • 松前城
      • 松前城
        • 平均評価:★★★☆☆(--位)
        • 見学時間:1時間10分(--位)
        • 攻城人数:630人(140位)
        • 城までの距離:約41km
    • より多くの
      城を見る

    蝦夷の著名な城

    北海道の著名な城

    花沢館といっしょに旅行するのにオススメの城

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    花沢館を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    大阪城話

    ブックオフで見つけました。知る人は知る、知らない人は知らない本の内容です。
    ①大阪城と和歌山城は兄弟(姉妹)城の関係に有る
    ②名護屋城博物館所蔵の「肥前名護屋城図屏風」は世に出る前、小さく折り畳んだ状態で大阪城天守閣に持ち込まれた
    ③江戸時代の時間は日の出と日の入りを境に一日を二分し、それぞれ六等分して一時(とき)としたので、夏至・冬至の頃は昼と夜の時間が倍ほど違った
    ⑤大阪城石垣のふるさとの小豆島には「大阪城残石記念公園」がある
    等でなかなか興味を引かれましたが、後半は著者の個人的な話が多くもう一つかも。

    村の芳ちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る