紹介文

子檀嶺岳城は1585年(天正13年)の「第一次上田合戦」において真田昌幸が上田城で徳川軍と戦った際、杉原四郎兵衛を筆頭とする塩田衆が真田氏に謀反を起こして籠城した城として知られています。昌幸は真田信之に命じて攻略させると、その後は小山田壱岐守茂誠が入城しました。「第二次上田合戦」では秀忠が日根野吉重や石川三長の軍勢に攻めさせていますが、茂誠が撃退しています。現在城址がある子檀嶺岳には3つのトレッキングコースが整備されており、「伏勢堀(ふせぜいぼり)」と呼ばれる珍しい遺構を確認することができます。

子檀嶺岳城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

子檀嶺岳城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(1コメント)

    子檀嶺岳城について

    子檀嶺岳城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    山城

    標高(比高)

    1223.1 m( 670 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

     

    築城開始・完了年

    廃城年

     

    主な改修者

    主な城主

    真田氏

    遺構

    曲輪、堀切

    指定文化財

    復元状況

    子檀嶺岳城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態山城
    標高(比高)1223.1 m( 670 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主
    築城開始・完了年
    廃城年
    主な改修者
    主な城主真田氏
    遺構曲輪、堀切
    指定文化財
    復元状況

    更新日:2024/04/25 03:53:03

    子檀嶺岳城の観光情報

    子檀嶺岳城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

     

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    子檀嶺岳城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ
    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    子檀嶺岳城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(25日)の天気

    • 03時
      Clouds / broken clouds
      7.18
    • 06時
      Clouds / broken clouds
      7.85
    • 09時
      Clouds / broken clouds
      10.13
    • 12時
      Clouds / broken clouds
      14.01
    • 15時
      Clouds / scattered clouds
      14.65
    • 18時
      Clear / clear sky
      10.61
    • 21時
      Clear / clear sky
      7.07
    • 00時
      Clear / clear sky
      6.06

    明日以降の天気(正午時点)

    • 26日
      Clouds / overcast clouds
      22.32
    • 27日
      Rain / light rain
      14.40
    • 28日
      Clouds / overcast clouds
      21.61
    • 29日
      Clouds / broken clouds
      24.24

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    子檀嶺岳城の地図

    子檀嶺岳城へのアクセス

    子檀嶺岳城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR北陸新幹線・上田駅から千曲バス「青木行き」に乗り「当郷」バス停下車、登城口まで徒歩45分
    • 登城口から約90分

    アクセス(クルマ)

    • 長野自動車道・麻績ICから55分
    • 上信越自動車道・上田菅平ICから60分

    駐車場

     

    子檀嶺岳城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR北陸新幹線・上田駅から千曲バス「青木行き」に乗り「当郷」バス停下車、登城口まで徒歩45分
    • 登城口から約90分
    アクセス(クルマ)
    • 長野自動車道・麻績ICから55分
    • 上信越自動車道・上田菅平ICから60分
    駐車場

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      子檀嶺岳城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        別所温泉 かしわや本店

        じゃらん高級宿ランキング連続入賞!旬の食材にこだわった自信の会席料理♪全館畳敷き、書院造りの客室(全15室)が創業130年老舗の風格を漂わす。露天風呂や檜、岩風呂など多彩な湯殿を揃える。(評価:4.8、参考料金:23,100円〜)

        信州の湯 清風園

        戸倉上山田温泉でも貴重な千曲川リバービュー客室も。源泉かけ流し100%の露天風呂、貸切風呂に加え、庭園には四季を楽しめる足湯有り。 【 接客・サービス 】★ 4.6 グループ旅行や三世代に◎(評価:4.5、参考料金:10,450円〜)

        田沢温泉 富士屋

        山懐に3軒の湯宿「田沢温泉」にある15室の安らぎの宿。自然に包まれ癒しを体感できる露天風呂、里山の旬の食材を使った会席料理は、心も体も忘れられない旅の思い出に。(評価:4.8、参考料金:7,000円〜)

        田沢温泉 高楼 ますや旅館 

        【さぁ 時間の旅に出かけませんか?】島崎藤村が逗留し 詩情を練った静けさ木造4階建の150年以上の歴史に身をおき春夏秋冬をめぐる山々の恵みを堪能ph9,6の「田沢温泉」は大浴場と露天風呂にて(評価:4.7、参考料金:10,450円〜)

        沓掛温泉 叶屋旅館

        豊かな自然の中、静かで小さな温泉地でゆっくり過ごしてみませんか♪ 旅館隣の味処「千楽」とコラボした食事、貸切風呂、フリードリンクサービス、無料Wi-Fiなど。自由で気楽な宿泊スタイル♪(評価:4.6、参考料金:4,950円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      子檀嶺岳城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 上田城
        • 上田城
          • 平均評価:★★★★☆(31位)
          • 見学時間:1時間16分(40位)
          • 攻城人数:3850人(12位)
          • 城までの距離:約11km
        • 松代城
        • 松代城
          • 平均評価:★★★☆☆(81位)
          • 見学時間:54分(90位)
          • 攻城人数:2593人(42位)
          • 城までの距離:約20km
      • より多くの
        城を見る

      信濃の著名な城

      長野県の著名な城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      子檀嶺岳城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      戦国の終わりを告げた城―八王子城を探る (ロッコウブックス)

      おそらく、八王子城の解説本の中で最も重要な一冊でしょう。
      八王子城跡が現在のように整備されたのは、落城400年にあたる1990年以降のことです。本書の出版も同時期で、出版後に発見された遺構もあれば、今は目にすることのできない遺構も多数あります。言い換えると、1990年当時の八王子城跡の姿を記録した書であるとも言えます。八王子城に興味を持ってくださった方にはお薦めの一冊です。すでに廃刊となっていますので、古書店か図書館で探してください。
      トンネル工事や台風・地震などにより、現在は失われてしまった石垣などの貴重な写真も多数掲載されていますが、白黒で小さいため分かり辛いのが残念。

      赤ヱ門さん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る