紹介文

手取城は紀伊の有力国衆である玉置氏の居城として知られています。玉置直和の代には亀山城主・湯川直春の娘を妻に迎え、日高地方を二分する勢力となるまで拡大しています。しかし1585年(天正13年)の羽柴秀吉による紀州征伐に際して秀吉に味方したため、秀吉に抵抗した直春の軍勢に攻められ落城しました(坂ノ瀬の合戦)。その後、直和の子の玉置永直は羽柴秀長に仕えています。紀州最大級の山城でもあり、城址には土塁や堀切で区画された曲輪軍が残り、一部石垣も確認できます。また本丸跡からは御坊市街や亀山城まで見渡すことができます。

手取城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなのクチコミ

手取城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

  • 城址行道登り口はここ(位置情報)、駐車場はこの辺り(位置情報)です。主郭は草木が伐採されて散策しやすく、堀や曲輪の斜面に点在する石塁にテンションが上がります。(2024/03/21訪問)
  • 細長い東Ⅲ郭のさらに東に下りた曲輪には、かつて人の胸の高さであった土塁(ここから射撃する)があり、その下には深い堀切があります。また、城内各所に瓦片や染付、青磁などの中国製の高級焼き物や備前焼などの破片が落ちています。城主の暮らしに思いを馳せてください。(持ち帰らないでくださいね)(2024/06/02訪問)
  • 駐車場がわかりにくかったです。おそらくここが駐車場、という場所から750mでした。(2024/01/12訪問)
  • 舗装された道を登って行きますが、道幅かなり狭いですよ(道幅小型車分)最初の(2023/05/11訪問)
  • 林道の最初の駐車場(未舗装)を利用(東の郭はまでは狭い舗装路)遺構ありでお勧めです。(2022/11/12訪問)
  • 和佐駅から行きはタクシー、帰りは徒歩で攻城。水の手曲輪は草がかなり生えており道がわからず。突き当りまで行けば案内板のある東の丸や二の丸に着きます。(2022/07/16訪問)
  • 車で行かれる方は、750m手前の駐車場に停めて徒歩で登城されるのが無難だと思います。チャレンジングな方はさらに上の東の丸まで行けます。(2022/01/10訪問)
  • 本丸北側下の空堀と石垣は一見の価値あり。 本丸から下る場所が見つからなかったが、二の丸と東の丸の間から何とか回り込むことができた。(2021/04/11訪問)
すべてを表示(12コメント)

手取城について

手取城に関するデータ  情報の追加や修正

曲輪構成

 

縄張形態

山城

標高(比高)

171 m( 160 m)

城郭規模

内郭:--  外郭:--

築城主

玉置大宣

築城開始・完了年

着工 南北朝時代

廃城年

 

主な改修者

主な城主

玉置氏

遺構

曲輪、石垣、土塁、空堀

指定文化財

町史跡

復元状況

手取城に関するデータ  情報の追加や修正
項目データ
曲輪構成
縄張形態山城
標高(比高)171 m( 160 m )
城郭規模内郭:--  外郭:--
築城主玉置大宣
築城開始・完了年着工 南北朝時代
廃城年
主な改修者
主な城主玉置氏
遺構曲輪、石垣、土塁、空堀
指定文化財町史跡
復元状況

登録日:2017/04/27 21:59:52

更新日:2024/07/12 14:27:17

手取城の城メモ

手取城の見所や歴史などを紹介します。

まだ城メモがありません(情報募集中

手取城の観光情報

手取城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

営業時間

 

料金(入城料・見学料)

 

休み(休城日・休館日)

 

トイレ

仮設トイレあり

コインロッカー

 

写真撮影

 

バリアフリー

 

手取城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
項目データ
営業時間
料金(入城料・見学料)
休み(休城日・休館日)
トイレ

仮設トイレあり

コインロッカー
写真撮影
バリアフリー

手取城の見所は城メモをご覧ください

現地周辺の天気

今日(12日)の天気

  • 03時
    Rain / light rain
    22.84
  • 06時
    Rain / moderate rain
    22.77
  • 09時
    Rain / moderate rain
    23.02
  • 12時
    Rain / heavy intensity rain
    24.31
  • 15時
    Rain / light rain
    22.26
  • 18時
    Rain / light rain
    21.89
  • 21時
    Clouds / overcast clouds
    21.62
  • 00時
    Clouds / overcast clouds
    21.79

明日以降の天気(正午時点)

  • 13日
    Clouds / overcast clouds
    27.77
  • 14日
    Rain / moderate rain
    23.81
  • 15日
    Clouds / overcast clouds
    27.70
  • 16日
    Clouds / overcast clouds
    24.37

さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

アクセス

手取城の地図

手取城へのアクセス

手取城へのアクセス情報  情報の追加や修正

アクセス(電車)

  • JR紀勢本線(きのくに線)・和佐駅から徒歩約36分
  • JR紀勢本線(きのくに線)・和佐駅からタクシーで13分

アクセス(クルマ)

  • 阪和自動車道・御坊南ICから17分
  • 阪和自動車道・川辺ICから19分

駐車場

  • 手取城駐車場(無料)
  • 東の丸までクルマで上がることができますが、幅員は2mと狭くまた対向できる場所がないので注意して走行してください

手取城へのアクセス情報  情報の追加や修正
項目データ
アクセス(電車)
  • JR紀勢本線(きのくに線)・和佐駅から徒歩約36分
  • JR紀勢本線(きのくに線)・和佐駅からタクシーで13分
アクセス(クルマ)
  • 阪和自動車道・御坊南ICから17分
  • 阪和自動車道・川辺ICから19分
駐車場
  • 手取城駐車場(無料)
  • 東の丸までクルマで上がることができますが、幅員は2mと狭くまた対向できる場所がないので注意して走行してください

じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

    手取城周辺の宿・ホテル

    あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

      コスモポート(天文公園)

      本年10月全面改装5部屋禁煙ルーム・夜景の綺麗!宿泊施設で心と体をリフレッシュし、お施設のすぐ下には20面のテニスコートを完備しております。芝生公園は無料開放、現在プレネ・観星塔は休止 (評価:4.4、参考料金:4,200円〜)

      フォレストイン御坊

      大浴場 準天然 光明石温泉「御坊の湯」(人工温泉)※男性専用(連休女性時間有) ●全館Wi-Fi無料 ●寝心地◎サータのセミダブルベッド ●白浜へ車で50分♪ ●無料駐車場完備!予約不要☆大型車OK(評価:4.0、参考料金:4,000円〜)

      ビジネスホテル百寿

      和歌山県の中部に位置する当ホテル 2020年7月OPEN観光やレジャーにも最適、全室禁煙(喫煙ブースあり)、セキュリティも万全で女性の方でも安心です(評価:3.8、参考料金:6,600円〜)

      滝原温泉ほたるの湯

      和洋(ベット)特別な畳に交換その上にベット 5月下旬~6月上旬はホタルの幻想的な乱舞。山々の緑、小川のせせらぎ…四季折々の自然と温泉、天空を眺めながらの露天風呂、サウナ付きの浴室も人気。(評価:4.5、参考料金:7,535円〜)

      きのくに中津荘

      10月に本館6室全面改装(禁煙)致しました 自然に囲まれ木のぬくもりのあるお宿です安心の公共の料理自慢の宿、川の流れ、旅館のような対応はできませんが、アットホームな対応をこころがけております(評価:4.1、参考料金:4,050円〜)
    • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

    手取城の過去のイベント・ニュース

    まだトピックがありません(情報募集中

    周辺にあるお城など

      • 和歌山城
      • 和歌山城
        • 平均評価:★★★★☆(27位)
        • 見学時間:1時間42分(9位)
        • 攻城人数:3058人(28位)
        • 城までの距離:約36km
      • 洲本城
      • 洲本城
        • 平均評価:★★★★☆(61位)
        • 見学時間:1時間4分(59位)
        • 攻城人数:1361人(128位)
        • 城までの距離:約56km
    • より多くの
      城を見る

    紀伊の著名な城

    和歌山県の著名な城

    手取城といっしょに旅行するのにオススメの城

    手取城を本城にしている団員

    まだ本城登録している団員がいません

    このページを紹介する

    ブログパーツ

    • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
    • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

    サンプルを表示する

    SNSやメールで紹介

    このページのURLとタイトルをコピーする

    最近表示したお城

    フォローしませんか

    攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
    (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

    今日のレビュー

    近世鉱山をささえた人びと (日本史リブレット)

    「日本史の知識をアップデートするための勉強会」の見逃し配信を見ていて黒まめさんが紹介していたので復習のつもりで読んでみました。この本を読むまでは鉱山労働は浮浪者、囚人等一般社会から隔離された人が行っているという悪いイメージを持っていましたが、この本を読んで江戸時代の一つの社会として成立していて近代に繋がっている事を知りました。大部分の藩は年貢米を大坂に集められて現金化していたようですが、金山、銀山等が領内にある藩(この著書では秋田藩)はここが年貢米を換金する藩財政に取って重要な場所であったようです。また、農民による一揆はよく耳にしますが、鉱山労働者も労働環境改善の為に一揆を起こしていたことが書かれていました。と、言うことで江戸時代の鉱山社会を理解したい方にお勧めの一冊です。

    まーちゃんさん)

    書籍ページを表示する

    すべてのレビューを表示する

    フィードバックのお願い

    攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

    読者投稿欄

    いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

    トップへ
    戻る