いまオススメの1冊!

攻城団でも「城に歴史あり!」を連載してくださっている榎本秋先生の新刊です。戦国時代の魅力である「合戦」をテーマに、「川中島の戦い」や「桶狭間の戦い」などが細かくフルカラーの戦場図とともに紹介されています。

この書籍のデータを表示する

城をひとつ 単行本


こめつぶさん

「城をひとつ、お取りすればよろしいか」インパクトのある冒頭の一文に惹きつけられる。早雲庵宗瑞に招かれてきたと言って、北条氏綱に面会した大藤信基は一兵も連れていないのに城を一つ手土産にするという。商人や僧、医者などに扮して敵地に入り込み、敵将の信頼を得た上でその心を操り混乱させ内部から崩していく。内応を誘う調略とも忍者による攪乱とも違う合戦前の心理戦を描く六つの連作短編。登場する主な城  江戸城 国府台城 川越城 臼井城 韮山城 小田原城

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 城をひとつ
著者 伊東 潤
出版社 新潮社
発売日 2017-03-30
ISBN
  • ISBN-10 4103318538
  • ISBN-13 9784103318538
価格 1728円
ページ数 325ページ
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団はアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております

紹介されているお城

まだ登録されていません。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る