攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

「野口哲哉展 ―野口哲哉の武者分類図鑑―」を見てきました

アサヒビール大山崎山荘美術館で開催されている「野口哲哉展 ―野口哲哉の武者分類図鑑―」を見てきました。

野口哲哉展

東京で開催されてたのをうらやましいなと思ってたのですが、ありがたいことに京都でも開催されたのです。

image

アサヒビール大山崎山荘美術館

最初の写真にあるように、鎧武者のフィギュアやイラストなんですけど、シャネルのマークを家紋とした甲冑を身にまとっていたり、ヘッドフォンで音楽を聞いたりアタッシュケースを持ったりする鎧武者がいたりと、現代にタイムスリップした武将というよりは、スーツが存在しないパラレルワールドみたいな不思議な世界になってます。

このブログを読まれてる方なら、じっさいの戦国武将の鎧兜には動物や昆虫をモチーフにした変わり兜をご存知だと思いますが、そういう甲冑の常識を「踏まえてる」部分と、それをおもしろおかしく「逸脱してる」部分とが、見事なバランスで昇華されていて、ほんとにすごかったです。
「まがいものが本物を超えるのは分不相応だから、原寸大では造らない(必ず本物より小さく造る)」という考え方も素敵だなあと思いました。

そしてなにより、解説文を本人が書かれてるんですけど、そこにも創作がたっぷり入ってて、すごいんです。

よくもまあこんな「それっぽい」設定を考えるなあと感心するような文章が、すべての作品に添えてあります。たとえばこれはシャネルの家紋が入った甲冑の作品に添えてある解説文ですが、作品集に同じ文章があるので引用します。

image

紗練(しゃねる)家概要
開祖である紗練常陸介隆昌(しゃねるひたちのすけたかまさ)、旧姓・桐野高昌が、円保5年の文燕之役での戦功を認められ、主君からシャネル・ブランドのハンドバックと共に紗練姓と紋を許された事に始まるとされている。宣教師によって西洋文化が国内に齎(もたら)された当時、船来品は論功行賞の褒美としても珍重されていたが、紗練家のように船来の高級品をそのまま家名とする事例は稀ではある。
ちなみに、紗練家自体は仏国にある本家シャネルからの公認を受けたものでは無く、直接的な接点も皆無である。また貿易封鎖に伴い、3代藩主・隆経の時に、佐練(さねり)家に改名したために、紗練の名は隆昌、隆芳の二世代間で使用されたのみである。

  • 紗練家については、隆昌を初代当主とする説と、彼を開祖とし嫡子・隆芳を初代とする説があるが、本項では後者の説を採用した。
  • 紗練姓については、一部講談などで隆昌が南蛮商人の娘を助け、その時贈与されたハンドバックに由来するとの伝承があるが資料的な根拠はない。
  • 以上は作者の創作した架空の解説であり、すべての事柄は実在しない。
野口哲哉ノ作品集「侍達ノ居ル処。」P.44(上の写真はP.45)

すごくないですか。
どの武将がモデルだったかなと考えてしまうくらいリアリティがあります。

フィギュアの大きさも手のひらサイズのものから、40cmくらいあるものまであります。
今回の作品展では、新作を含めたほぼ全作品といえる約90点が展示されているそうですので、ぜひ会期中に多くの人に見にいってもらいたいです。
(今回は会場がアサヒビール大山崎山荘美術館ということもあり「GENERAL ASAHI」と題された新作が展示されています)

おみやげには小さなメタルフィギュア(各860円)と絵ハガキ(各100円)を買いました。

image
image

メタルフィギュアがめちゃくちゃかわいいんです。

image
image

2Fのカフェではリーガロイヤルホテルのケーキセットを食べられるんですけど、今回の作品展にあわせた特製オリジナルケーキがメニューにありました。

image

この3つなら、やっぱり「黒田蜜柑兵衛(くろだみかんべえ)」ですよね。

image

ちなみに野口哲哉さんの作品集は本屋さんでも買えます。
めちゃくちゃオススメですし、もちろんぼくも持ってますが、実物はもっとすごいので、ぜひ自分の目で見てみてください!

野口哲哉展 ―野口哲哉の武者分類(むしゃぶるい)―

開催場所 アサヒビール大山崎山荘美術館
開催期間
  • 2014年4月19日〜2014年7月27日
  • 休館日は月曜日(祝日の場合は翌平日)
開催時間 10:00〜17:00(最終入館:16:30)
入場料 一般900円(800円)、高大生500円(400円)、中学生以下無料
URL 野口哲哉展-野口哲哉の武者分類(むしゃぶるい)図鑑-│企画展のご案内│アサヒビール大山崎山荘美術館

アサヒビール大山崎山荘美術館ははじめてだったのですが、建物も庭も雰囲気があって素敵でした。
また別の企画展でいってみようと思います。

DSC_5777
DSC_5781
DSC_5797
DSC_5796

カフェからの眺めも素晴らしいです。

DSC_5793

あと、変わり兜についてはこの本がオススメです。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

攻城団レポート(2020年11月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。11月も順調な結果でした。攻城団としてもテレビに出たり、熊本へ支援金を届けたりと慌ただしい一か月となりました。

つづきを読む

現在の熊本城を見てきました(震災4年7ヶ月目の復興状況を写真レポート)

  • 熊本応援プロジェクト

熊本城総合事務所に支援金をお渡しした翌日、熊本城を訪問してきました。今回は特別見学通路というスペシャルな体験ができたこともありテンションが上りまくって、やっぱり1000枚近い写真を撮ってました。

つづきを読む

過去の共有メモの一部を非公開にしました

  • お知らせ

過去に投稿された共有メモのうち、個人メモと分割する前のものを非公開にしましたので、その理由を説明します。

つづきを読む

熊本城総合事務所に支援金をお渡ししてきました(3回目)

  • 熊本応援プロジェクト

コースケさんといっしょに熊本城総合事務所を訪問し、ワイド御城印帳の売上の一部いあたる15万円を「熊本城災害復興支援金」として寄付してきました。

つづきを読む

「鳥取県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第29弾として「鳥取県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る