攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

「大坂城 豊臣石垣公開プロジェクト」に寄付しませんか

週末に豊臣期の大坂城の石垣が一般公開されてましたが、これを常時見学できる施設をつくるべく「大坂城 豊臣石垣公開プロジェクト」というのが進められています。

大坂城豊臣石垣公開プロジェクト|太閤なにわの夢募金_20140310

ぼくは去年も1万円寄付したんですけど、昨日の説明ではまだ8000万しか集まってない(目標は5億円)と聞いたので、今年も寄付することにしました。
そしてせっかくだからと(いくつか頭に浮かんだほしいものを諦めて)今回は10万円を寄付することにしました。
10万円以上を寄付すると、その公開施設にずっと名前が掲示されるらしいので(熊本城の一口城主のようですね)気張ってみました。

これが現在予定されている公開施設のイメージです。

公開施設イメージ 豊臣期の石垣は地下7mより深い位置に埋まっているので、地下に展示スペースがつくられます。 ちょうど昨日の講座でも話されていましたが、大阪城には折り重なるような長い歴史があります。 この場所にはかつて石山本願寺があったわけですが、その跡地に秀吉が大坂城を築き、そしてその城が大坂の陣で焼失した後には徳川幕府による大坂城があらたに築かれ、しかしその城も戊辰戦争で攻められ焼失し(天守はその前に落雷によって焼失していました)、さらには明治新政府が敷地を陸軍用地として使ったため、太平洋戦争時は米軍の爆撃目標となるなど、(ほとんどが軍事的なエピソードですが)すごく濃い場所なんですね。 いまの大阪城天守閣も復興天守の第一号ですし。 いわば「歴史のごった煮」みたいな場所が大坂城なのですが、だからこそきちんと調査して、そこでわかったことを整理して後世に遺していくというのは大事なことだと思いました。 歴史遺産の調査(研究)、再建(復元)、保全(維持)といったことが尊重される世の中になればいいですね。 ちなみに100万円以上寄付をするともっと豪華な記念芳名板が掲示されます。 (ぼくはさすがに無理でしたけど) いずれもスペースの都合上、人数に制限があります(100万円以上の記念芳名板は先着200名程度、10万円以上の氏名掲示は先着1500名程度)。 じつは「攻城団」という名前を掲示してほしくて事前にまだ大丈夫か確認したのですが、今朝の時点で200件ちょっと(218件)だったので、まだ大丈夫だと思います。 ねんのため事前に確認したほうがいいかもしれません。 寄付をするには大阪城や大阪市の各区役所で配布されているパンフレットについている振込用紙でもいいですし、クレジットカードがあれば自宅からでも数分で寄付できます。 寄付は1万円からできます。 image いちおう寄付をすると「ふるさと寄附金制度」の適用が受けられ、確定申告をすれば所得税・住民税から一定額の控除を受けることができます。 (ぼくも今年の確定申告で控除を受けました) ほかにも大阪造幣局が製造した記念メダルや、大阪城天守閣や大阪歴史博物館など大阪市立のミュージアム招待証がもらえます(個人の場合のみ)。 1万円の寄付の場合、8100円の控除を受けられるので(その上、メダルや招待券がもらえるので)、けっこうお得な感じもしますね。 みんなでプロジェクトの成功を応援しましょう!
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

「群馬県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第40弾として「群馬県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

攻城団レポート(2021年9月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。9月はほぼ横ばいで、テレビの影響くらいしか書くことがなかったのですが、良いときも悪いときも継続して記録を残しておくことが大事だと思っています。いずれ「あの時期は不安だったな」と笑える日も来るでしょう。

つづきを読む

「宮崎県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第39弾として「宮崎県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

攻城団レポート(2021年8月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。8月も状況は良くなくて、こういうときはレポートを書くのも憂鬱になりますが、自分じゃどうにもできないことに振り回されてもしょうがないので、のんびりと準備期間にあてることにします。

つづきを読む

新連載「クーデターで読み解く日本史」がはじまります

  • お知らせ

榎本先生の連載「クーデターで読み解く日本史」がはじまります。「応仁の乱」や「本能寺の変」など、日本史上に起きた変や乱を取り上げることで、歴史の全体像を俯瞰する手がかりにしています。こうした謀反や革命が起こった経緯とその結果も踏まえて読んでいくことをオススメします。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る