流浪の相模守()さん 侍大将 サポーター   フォロー

こんにちは。
神奈川県出身、名古屋在住の相模守と申します。
中世、近世問わず国内の古城が大好きです。

完全な形で現存しているものより、朽ちかけて風化しそうな姿で残ってくれている遺構におもむきを感じる質です。
特に好きなのは水堀です。何卒宜しくお願い致します。

流浪の相模守さんが過去に回答した読者投稿欄のお題

古い順

遠州田中城の外堀外縁に所在している、『ちっきん』の煮干しラーメンは絶品です。魚介系のスープの中でも、煮干し出汁を全面に出して作っている煮干しラーメンは今や1つのジャンルとして確立されている今日ですが、その系統のファンであれば、このラーメンは必食です!

岡山県は完全に未踏の地な為、想像にはなりますが、

・備中松山城
現存12天守の1つ。

・鬼ノ城
古代朝鮮式山城の典型。謎多き魅力的な城。

・備中高松城
水堀フリークには堪らない蓮沼堀が実に美しい✨

以上の三城を推薦させて頂きます。

これまた実に興味深い素晴らしいお題ですね。
個人的に天守にはあまり興味が無いのですが、やはり日本の城の中で最もシンボリックな存在なのは疑う余地もありませんね。信長の安土城、そして家康の江戸城が確定しているとなると、やはりもう一人は秀吉の城を選びたいところですよね。秀吉築上時の大阪城天守、といきたいところですが、ここは「幻の楼館」聚楽第の天守を選ばせて頂きます。本丸の北側に金瓦によって飾られた豪華絢爛な姿であったとも言われています。安土城と初代江戸城の天守と肩を並べるにも十分な存在ではないでしょうか。

三重県もまた良いお城が多くて迷いますね。
地域柄、石垣が立派なお城に恵まれている感があります。某の選考は、

・津城
・伊賀上野城
・田丸城

です。しかし、いずれも未攻城なので、三重県の攻城も進めていきたい次第です。

個人的に、ミスター負け戦である小田氏治の生涯を大河ドラマで見たいと思います。上杉氏と北条氏の間で変節を繰返し、太田資正、結城政勝、真壁氏幹、佐竹義重、上杉謙信、北条氏康、武田信玄、豊臣秀吉といったビッグネーム達と交わりながら波乱の生涯を送った稀代の苦労人。敗者の視点から見た関東戦国絵巻は、きっと新鮮でスリリングな体験になる事間違い無しです。(笑)

私の選出城郭は、

・松本城
・小諸城
・龍岡城

の三城です。松本城はまず候補に挙げない方は居ないかと思いますので解説は省略致します。

小諸城は全国的にも珍しい穴城の典型として押さえておきたいのと、明治の文豪達にも所縁の深い懐古園の風情は、もはや城郭フリークだけでは無く、海外の方々にも触れていただきたいものであると断言致します。

龍岡城は日本のもう1つの五稜郭と言う事で、隠しキャラ的な立ち位置が個人的にツボなので推させて頂きます✨

勝てば官軍、と言う事で東軍ですね。

磐城平城を推します✨

やはり仙台の伊達氏の押さえとして築かれた重厚な存在感は魅力的です✨水堀の丹後沢と緑豊かな自然との調和のとれた風景も素晴らしいです。

内野聖陽主演の『風林火山』が好きです。
渡辺謙の『独眼竜政宗』で戦国時代に目覚めた感はありますが、いかんせんまだ幼すぎた時代のものだったので良く覚えていない部分も多いです。
『風林火山』は、武田信玄の軍師の立場である山本晴幸の視点から、全盛期の甲斐武田氏の事を描くと言う軍師好きの人間には堪らない作品でした。役者陣も魅力的でしたが、個人的には千住明氏の音楽がとても素晴らしかったのが印象的です。サントラCDも買ってしまいました✨

相模国の出身ですが、正直あまり国元に好きな城郭がありません。多分、小田原城とか石垣山城とか小机城あたりがノミネートされるんだろうと思うのですが、個人的に大庭城を推させて頂きます。城趾として良く整備されていますし、なにより幼少の頃より遠足等でも馴染み深い存在なので。

城好きを自認して四半世紀近くになりますが、いまだに初心者のままですね。浅学なもので(^_^;)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

日本坊主列伝 (徳間文庫)

太原雪斎や安国寺恵瓊、南光坊天海など日本史に深くかかわった僧侶を紹介するエピソード集。
要点が整理されていて読みやすいです。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る