紹介文

梶峯城は多久宗直の居城として知られています。戦国時代、多久氏は有馬氏に従っていましたが、1563年(永禄6年)に小城丹坂合戦で龍造寺隆信に敗れると、そのまま多久へ乱入した龍造寺勢に攻められ落城しました。隆信は弟である龍造寺長信を城主とします。その後、隆信が小田政光を滅ぼすと、政光の遺児・鎮光は赦免されて城主となっています。しかし鎮光が大友氏に寝返ったため、鍋島直茂が城を奪い返し、再び長信が城主となりました。なお長信の嫡男・家久が多久安順(やすとし)と改名し、後多久氏の祖となりました。現在城址には堀切や竪堀などの遺構を確認することができます。また多久市郷土資料館に模型が展示されています。

梶峯城をいろんなキーワードで分類してみましょう。

みんなの攻城メモ

梶峯城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。

    すべてを表示(2コメント)

    梶峯城について

    梶峯城に関するデータ  情報の追加や修正

    曲輪構成

     

    縄張形態

    山城

    標高(比高)

    201 m( 150 m)

    城郭規模

    内郭:--  外郭:--

    築城主

    多久宗直

    築城開始・完了年

    着工 1193年(建久4年)頃

    廃城年

    1615年(元和元年)頃

    主な改修者

    龍造寺長信

    主な城主

    多久氏、龍造寺氏

    遺構

    曲輪、土塁、堀切、竪堀

    指定文化財

    復元状況

    梶峯城に関するデータ  情報の追加や修正
    項目データ
    曲輪構成
    縄張形態山城
    標高(比高)201 m( 150 m )
    城郭規模内郭:--  外郭:--
    築城主多久宗直
    築城開始・完了年着工 1193年(建久4年)頃
    廃城年1615年(元和元年)頃
    主な改修者龍造寺長信
    主な城主多久氏、龍造寺氏
    遺構曲輪、土塁、堀切、竪堀
    指定文化財
    復元状況

    更新日:2024/04/18 03:55:07

    梶峯城の城メモ

    梶峯城の見所や歴史などを紹介します。

    まだ城メモがありません(情報募集中

    梶峯城の観光情報

    梶峯城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正

    営業時間

     

    料金(入城料・見学料)

     

    休み(休城日・休館日)

     

    トイレ

    西渓公園にあり

    コインロッカー

     

    写真撮影

     

    バリアフリー

     

    梶峯城の見学情報・施設案内  情報の追加や修正
    項目データ
    営業時間
    料金(入城料・見学料)
    休み(休城日・休館日)
    トイレ

    西渓公園にあり

    コインロッカー
    写真撮影
    バリアフリー

    梶峯城の見所は城メモをご覧ください

    現地周辺の天気

    今日(18日)の天気

    • 03時
      Clouds / overcast clouds
      14.82
    • 06時
      Clouds / overcast clouds
      14.25
    • 09時
      Clouds / overcast clouds
      17.96
    • 12時
      Clear / clear sky
      20.84
    • 15時
      Clear / clear sky
      20.13
    • 18時
      Clear / clear sky
      17.25
    • 21時
      Clear / clear sky
      13.02
    • 00時
      Clear / clear sky
      12.12

    明日以降の天気(正午時点)

    • 19日
      Clouds / scattered clouds
      23.14
    • 20日
      Clouds / overcast clouds
      16.62
    • 21日
      Rain / light rain
      17.85
    • 22日
      Clouds / overcast clouds
      19.73

    さらに先の週間天気予報については気象庁のサイト 等で確認してください。

    アクセス

    梶峯城の地図

    梶峯城へのアクセス

    梶峯城へのアクセス情報  情報の追加や修正

    アクセス(電車)

    • JR唐津線・多久駅から多久市ふれあいバスに乗り「西渓公園入口」バス停下車、徒歩約27分

    アクセス(クルマ)

    • 長崎自動車道・多久ICから17分

    駐車場

    多久神社前の西渓公園にあり

    梶峯城へのアクセス情報  情報の追加や修正
    項目データ
    アクセス(電車)
    • JR唐津線・多久駅から多久市ふれあいバスに乗り「西渓公園入口」バス停下車、徒歩約27分
    アクセス(クルマ)
    • 長崎自動車道・多久ICから17分
    駐車場

    多久神社前の西渓公園にあり

    じっさいに訪問した方の正確な情報をお待ちしています。

      梶峯城周辺の宿・ホテル

      あなたが泊まったホテルのレビューをお願いします!(レビューはホテルの詳細ページから投稿できます)

        北方温泉 四季の里 七彩の湯

        【じゃらんnetランキング2022 売れた宿大賞(10室以下部門) 第2位!!】美人の湯で知られる北方温泉。大浴場・露天風呂・打たせ湯・桶風呂・サウナ…種類たくさんでお楽しみいただけます。(評価:3.7、参考料金:9,650円〜)

        天山多久温泉TAQUA

        天山多久温泉「TAQUA」は、「食」「癒し」「遊び」をテーマとした複合温泉リゾート施設です。老若男女皆様が揃って楽しみお寛ぎいただけます。天然ラドン温泉にゆった~り浸かってお過ごしください。(評価:4.2、参考料金:7,700円〜)

        HOTEL R9 The Yard 江北

        江北駅より徒歩7分!周辺にはスーパーや飲食店多数◎独立客室で快適な滞在を♪(評価:4.2、参考料金:4,100円〜)

        セントラルホテル武雄温泉駅前

        全館Wi-Fi★平面駐車場無料!車70台★武雄温泉駅南口より徒歩1分★武雄温泉まで徒歩15分★朝食無料★大浴場・露店風呂完備!ビジネス・観光に便利★(評価:4.0、参考料金:5,650円〜)

        うらり 武雄 Garden Terrace Spa Resorts

        Garden Terrace Resortsが手掛ける初の温泉旅館【インフィニティ温泉】エリア初の水着で入浴【2種の異なるサウナ】話題の「ととのう。体験」【創作和会席】黒毛和牛の最高ブランド佐賀牛をメインに(評価:4.9、参考料金:30,008円〜)
      • 地図で周辺の旅館・ホテルを表示する

      梶峯城の過去のイベント・ニュース

      まだトピックがありません(情報募集中

      周辺にあるお城など

        • 佐賀城
        • 佐賀城
          • 平均評価:★★★★☆(--位)
          • 見学時間:1時間9分(--位)
          • 攻城人数:1444人(113位)
          • 城までの距離:約19km
        • 唐津城
        • 唐津城
          • 平均評価:★★★☆☆(69位)
          • 見学時間:1時間10分(52位)
          • 攻城人数:1496人(108位)
          • 城までの距離:約24km
      • より多くの
        城を見る

      肥前の著名な城

      佐賀県の著名な城

      このページを紹介する

      ブログパーツ

      • 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)
      • そのまま貼り付けていただければ、スマホでの表示時に自動で調整されるはずです

      サンプルを表示する

      SNSやメールで紹介

      このページのURLとタイトルをコピーする

      梶峯城を本城にしている団員

      まだ本城登録している団員がいません

      最近表示したお城

      フォローしませんか

      攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
      (フォローするのに攻城団の登録は不要です)

      今日のレビュー

      天下 家康伝 上 (文春文庫)

      徳川家康の生涯を描いた小説です。
      大阪の陣が終わり江戸から駿府に向かう途中、泉頭の地で過去を回想する場面から始まります。一向一揆との戦い、三方ヶ原での敗北、嫡男信康の自刃、伊賀越えの窮地、小牧・長久手での辛酸、多くの出来事が家康の心情とともに描かれます。「家康の考える天下とは何か」が物語の主軸となっており、家康の生き様を感じることができました。
      本作品は大河ドラマ「天地人」の原作者でもある火坂雅志氏の遺作になります。

      伝もものふ山田(ヤマー)さん)

      書籍ページを表示する

      すべてのレビューを表示する

      フィードバックのお願い

      攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

      読者投稿欄

      いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

      トップへ
      戻る