攻城団からのお知らせ

新連載「譜代大名126家」がはじまります

来週から毎日、榎本先生の連載「譜代大名126家」をブログで公開していきます。
この連載も前作「外様大名40家」と同様、過去に出版された『譜代大名126家〜「勝ち組」の出世競争〜』をもとに再編集したものです。

外様大名に対して、譜代大名は徳川家康に「関ヶ原の戦い」以前から仕えていた家臣たちのことを指します。
もともと本多忠勝や井伊直政たちは家康のいち家臣でしたが、「関ヶ原の戦い」後に大名として取り立てられ、全国の要地に城主(藩主)として赴任します。また幕政においても老中などの要職をつとめたのは譜代大名たちです。

江戸時代が265年もの長期間にわたって継続できたのは、この外様大名と譜代大名の絶妙なバランスにあったと思います。
外様大名は高い石高を与える代わりに遠国に配しつつ幕政には参加させない一方で、譜代大名には10万石前後の領地しか与えない代わりにポスト(地位)を用意して名誉を与えるという、パワーバランスの設定が見事です。
(さらには徳川一族である親藩大名を幕政から遠ざけ、全大名に対して参勤交代などで財政的に圧迫したのも反乱が起こりにくい状況をつくることに寄与しました)

こうした背景において、譜代大名には外様大名と異なり、幕府内での出世競争という側面が生まれます。
ドラマなどでよく出てくる大老や老中以外にどんな役職があったのか、将軍が代わるたびに出世にどんな影響があったのかなど、わかりやすい読み物になっていますので楽しみにしていてくださいね。

最後に榎本先生からコメントをいただけたのでご紹介します!

第1回「譜代大名の定義」を読む

大名家データベースも更新中

また原著である『譜代大名126家〜「勝ち組」の出世競争〜』の第二部はいわゆる大名家列伝となっているので、こちらについては前回同様、大名家データベースとして使わせていただくことにしました。
随時追加していきますので、あわせてご覧ください。


   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

富岡城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

唐津城主・寺沢広高によって築かれ、「島原・天草一揆(島原の乱)」では一揆軍の攻撃を受けた富岡城にも攻城団のチラシを置いていただきました。熊本県富岡ビジターセンターのほか、苓北町歴史資料館と苓北町観光案内所(富岡港船客待合所内)で入手できます。

つづきを読む

野崎城にチラシが置いてあります(&飯盛城のチラシが新しくなりました)

  • チラシ設置報告

畠山氏が飯盛山の山麓に築いた野崎城にも攻城団のチラシを置いていただきました。野崎観音(慈眼寺)のそばにある大東市立野崎まいり公園で入手できます。あわせて飯盛城のチラシもリニューアルしました。

つづきを読む

岩国城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

吉川広家が築城し、現在は錦帯橋から見える復興天守の姿が美しい岩国城にも攻城団のチラシを置いていただきました。天守入口の向かい側にある休憩所で入手できます。

つづきを読む

上山城のチラシが新しくなりました

  • チラシ設置報告

上山城のコラボチラシが新しくなりました。上山城郷土資料館の受付ホールで入手できます。

つづきを読む

鞠智城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

教科書にも出てくる「白村江の戦い」で大敗した大和朝廷が築いた古代山城(朝鮮式山城)のひとつ、鞠智城にも攻城団のチラシを置いていただきました。温故創生館と八角形鼓楼内で入手できます。

つづきを読む

お知らせの関連記事

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る