篠山城
篠山城

[兵庫県][丹波] 兵庫県丹波篠山市北新町2-3


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.35(148位)
  • 見学時間:1時間5分(136位)
  • 攻城人数:986(59位)

篠山城本丸跡の案内板

篠山城本丸跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

篠山城本丸跡
 ここは、篠山城の最後の砦(とりで)となる本丸跡です。築城当初は現在の二の丸が本丸、現在の本丸は南東の隅に、天守台が造られたことから、特に殿守丸(てんしゅまる)と呼ばれていました。
 天守台の大きさは東西約十九メートル、南北約ニ〇メートル、約三八〇㎡の広さがあります。天守台石垣は本丸内側からの高さ、約四メートル、外側の南と東側犬走りからの高さ約十七メートルで、篠山城で最も高い石垣です。
 天守閣は築城の時に建築が中止され、代わって天守台南東隅にニ間四方(四メートル四方)の一重の隅櫓(すみやぐら)が建てられました。
 本丸の周囲は天守台と南西隅・北西隅の三ヶ所に二重の隅櫓を建て、間を多聞櫓(たもんやぐら)でつないで内部を囲んでいました。二の丸には大書院をはじめとする御殿が建てられたのに対して、本丸には御殿等の建物は無かったようす。
 本丸内の北側中央にある一の井戸は岩盤を掘り抜いたもので、深さ約十六メートル(内水深約八メートル)で、掘るのに二年もかかったと伝えられています。篠山市教育委員会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

篠山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

見てきたように絵で巡る ブラッとお江戸探訪帳 (講談社文庫)

江戸時代の生活や旅行など日常を、当時書かれた絵図を随所随所に入れながら、解説してくれます。江戸風俗本や、暮らし本が好きなのですが、絵図も一緒にあると想像が補えていいですね。絵図をきちんと見たいなら、電子書籍じゃない方が見やすいかも。

コースケ)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る