篠山城
篠山城

[兵庫県][丹波] 兵庫県丹波篠山市北新町2-3


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.35(146位)
  • 見学時間:1時間5分(124位)
  • 攻城人数:1041(59位)

篠山城跡内周遊ルート

篠山城跡では二の丸の南側にある埋門(うずみもん)を抜け、南内堀沿いを歩いて見学できるルートが整備されています。
この周遊ルートを歩くと篠山城跡でもっとも高い天守台の石垣や、現在おこなわれている内堀石垣の復元整備工事を間近で見ることができます。

提供:篠山城大書院
篠山城跡内 周遊ルート
篠山城跡二の丸から南側にある埋門(うずみもん)を抜け、三の丸へと通り抜けができます。
今後は内堀石垣の復元整備の様子を常時ご覧いただけるようになります。二の丸南側の埋門は日中(9時~16時)開放しておりますので、二の丸を埋門から下りて、さらに三の丸を通り、河原町妻入商家群方面へ抜ける周遊ルートとなっています。提供:篠山城大書院
提供:篠山城大書院
内堀復元工事を実施しています
 内堀は、明治になり篠山城が廃止されてから以後は、埋め立てられたり、石垣が取り外されたり、大きくその姿を変えてしまいました。
 平成14年(2002)から、内堀を元の姿に戻そうと、内堀復元整備工事を継続的に実施しています。
 内堀の復元にあたっては、事前に発掘調査を実施し、内堀の形や石垣の残り具合を確認しています。石垣が失われている部分は、残っている石垣を手本として、元の石垣と同じ材質の石材と伝統技法を用いて修復しています。篠山城の石垣は、大きさが不揃いの割石を用いた乱積(らんづ)みが特徴です。江戸時代の絵図では内堀の角の部分が直角の出角(でずみ)として描かれていますが、実際にはそのほとんどが鈍角の鎬角(しのぎずみ)として築かれています。また、堀底や護岸に岩盤を利用した所がいくつもあり、篠山城が「笹山(ささやま)」と呼ばれる岩山の上に築かれたことを物語っています。担当 篠山市教育委員会 社会教育・文化財課
The inner moat is currently being restorec
After Sasayama Castle was decommissioned in the Meiji era, the inner moat was filled and sections of the stone wall were removed. This greatly changed the appearance of the moat.
Since 2002, construction work has continued in an attempt to restore the original appearance of the inner moat.
To restore the inner moat, it is necessary to excavate the land to confirm the shape of the inner moat and the condition of the remaining stone wall.
The sections of the stone wall that were lost will be replaced using traditional techniques and stone of the same quality. One characteristic of Sasayama Castle's stone walls is the use of a stacking technique where split stones of different size are interlocked.

明治時代になり篠山城が廃城となったのち内堀はほとんどが埋め立てられましたが、篠山市が2002年(平成14年)度から復元事業をはじめています。
現在、復元工事がおこなわれている南内堀は、かつては市民グラウンドと篠山中学校のグラウンドの一部として使われていたそうです。
 
南内堀沿いルートを歩いていくと、埋門(うずみもん)を東側から眺めることができます。
さらに南内堀ルートを進むと天守台石垣をより間近にみることができます。

提供:篠山城大書院

天守台の石垣は外側の南と東側犬走りからの高さおよそ18mで、これは篠山城跡でもっとも高い石垣です。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

篠山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

レンズが撮らえた幕末日本の城―永久保存版

幕末から昭和にかけて、
レンズにおさめられた貴重な城郭が
惜しみなく掲載されている。
廃城令や戦災で失われた城も多く、
一般に発売されている資料としては
超一級品だと思う。
事前に見てから攻城すると、
天守閣がなくなっていたり、
遺構が少ない城跡でも、
当時の情景が重ねられて、
タイムスリップできた気分になれる。
城好きには一家に一冊あって
絶対損しない資料。

玄之丞さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る