大溝城
大溝城

[滋賀県][近江] 滋賀県高島市勝野


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.91(--位)
  • 見学時間:29分(--位)
  • 攻城人数:287(313位)

大溝城本丸跡の案内板

大溝城本丸跡に設置されている案内板の内容を紹介します。

史跡
大溝城本丸跡
 織田信長が、安土に壮大な城を築いたころ対岸の高島の地に大溝(おおみぞ)城が築かれた。この城は、びわ湖とその内湖を巧みに取込んで築いた水城で、明智光秀の縄張(なわばり)(設計)で出来たと伝承されている。
 そのころ、高島郡一円を委(ゆだ)ねられていた新庄(新旭町)城主磯野員昌(かずまさ)が、信長に背いて突然出奔したため、信長は天正六年(一五七八)二月三日その跡地を甥(弟信行の長男)の織田信澄(のぶずみ)に宛行(あてが)い大溝城主とした。
 城主に入った信澄は、高島郡の開発・発展に尽力するとともに、信長の側近として、また、織田郡の遊撃軍団の一つとして活躍した。
 ところが、天正十年六月二日、明智光秀が本能寺に謀反を起こすと、光秀の娘を妻としている信澄に嫌疑がかかった。信澄の蜂起を恐れた織田信孝(信長の三男)は、丹羽長秀と謀って、六月五日、たまたま四国遠征途上にあった信澄を、大阪城内二の丸千貫櫓に攻め込んだため、信澄は自害して果てた。
 大溝城は、やがて解体されて甲賀郡水口の岡山城に移されたが、城を中心に形成されていた大溝の城下町は、元和五年(一六一九)伊勢国上野(三重県河芸町)から入部(にゅうぶ)した分部(わけべ)氏に引きつがれ、整備されて湖西地域の中核的存在として、豊かな歴史と文化を育んで来た。

 この大溝城本丸跡は、平成八年三月高島町指定文化財となった。平成八年三月
高島町教育委員会
   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

大溝城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

明石城完全攻城ガイド

完全攻城ガイドの第二弾は明石城です。見どころ紹介は城メモでもほぼ同じ内容が読めますが、ここでしか読めないコラムなどもあるので多くの人に手にとってほしいです。

こうの)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る