大溝城
188 大溝城

[滋賀県][近江] 滋賀県高島市勝野


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.91(419位)
  • 見学時間:39分(486位)
  • 攻城人数:98(330位)

大溝城の歴史

JR近江高島駅の駅前にあった大溝城の歴史についての案内板の内容を紹介します。

織田・京極・浅井家にまつわる大溝城
 この案内板の左斜めの位置に天守跡の石垣を残す大溝城は織田信長が安土に壮大な城(安土城)を築いていた頃に、対岸の戦略上の重要地とされたこの地に琵琶湖とその内湖を巧みに取り込んだ水城として築かれました。伝承によれば城の縄張(設計)は明智光秀であったとされています。
 天正六年(1578年)二月三日に信長の弟織田信行の長男(織田信澄)を城主として認可し、高島の治世を任せたのです。信澄は当時の高島郡の開発発展に尽力するとともに、信長の側近として織田軍の遊撃軍団のひとつとして勇名を馳せました。しかし、天正十年六月二日明智光秀が本能寺に謀反を起こすと、光秀の娘を妻としている信澄に嫌疑がかかり信澄の蜂起を恐れた織田信孝(信長の三男)は丹羽長秀と謀って、六月五日、四国遠征途上にあった信澄を大坂城内二の丸千貫櫓に攻め込んだ為、信澄は自害して果てました。
 大溝城はやがて解体され甲賀郡水口岡山城に移されましたが、城を中心に形成されていた大溝の城下町は元和五年(1619年)伊勢国上野(現在の三重県河芸町)から入部した分部氏に引き継がれ整備されて湖西地域の中核的存在として豊かな歴史と文化を育んできました。
 この大溝城本丸跡は、平成八年三月旧高島町指定文化財となり今に至っています。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

大溝城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る