中津城
中津城

[大分県][豊前] 大分県中津市二ノ丁1273


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.46(119位)
  • 見学時間:1時間1分(168位)
  • 攻城人数:540(123位)

中津市歴史民俗資料館

耐震工事のため、2018年(平成30年)6月30日で閉館しました。資料館機能は新設される中津市歴史博物館(仮称)へ移転される予定です。

中津城から徒歩5分ほどの距離に中津市歴史民俗資料館があります。

 

 

展示されているのは戦国時代や江戸時代だけのものではなく、もっと広範囲に中津の古代から現代に至るまで資料ですが、2Fには戦国時代の資料が数多く展示されています。

 

 

黒田官兵衛にちなんだ特設コーナーも用意されていました。

 

中津城から歩いていける距離にありますし、ぜひ寄ってください。

なお、この建物はもともと中津市立小幡記念図書館で、福沢諭吉の弟子となり彼を補佐し、慶應義塾の塾長も勤めた小幡篤次郎(おばたとくじろう)の生誕地に建てられており、1997年(平成9年)には国の登録文化財に登録されています。

中津市歴史民俗資料館の観光情報

以下は閉館前の情報です。
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
  • 毎月第4水曜日(祝祭の場合は翌日)
  • 12月28日~1月3日
入場料 無料
連絡先
駐車場 無料(資料館の北側にあり)
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

中津城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

戦国の堅城―築城から読み解く戦略と戦術 (歴史群像シリーズ)

雑誌「歴史群像」で紹介された戦国時代の城に城郭研究者の解説を加えて再構成したムック。(2004年発行)勃興期、隆盛期、完成期に分けて16の城を解説。どのような状況でその城が作られ、何を意図した縄張りだったのか、図や写真で詳細に解説されている。香川元太郎さんの鳥瞰復元イラストは一目でどんな城だったのかわかりやすくて良い。。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る