郡山城
郡山城

[奈良県][大和] 奈良県大和郡山市


  • 平均評価:★★★☆☆ 3.46(70位)
  • 見学時間:1時間7分(60位)
  • 攻城人数:1912(80位)

追手東隅櫓

この2重櫓が追手東隅櫓と呼ばれるようになったのは柳沢吉里が甲府城から入封したのちのことで、それまでは「法印斜曲輪巽角櫓(ほういんななめのくるわたつみすみやぐら)」と呼ばれていました。

物見櫓として使われ、追手門を横矢で守備する重要な櫓でした。
また、かつては時を知らせる太鼓が置かれていたそうですが、1873年(明治6年)に取り壊されました。

市民の寄付などにより、1984年(昭和59年)に復元されました。

発掘調査の結果、この復元追手東隅櫓周辺からは多聞山城から流用されたとされる軒平瓦が出土しています。

   

この記事をいろんなキーワードで分類してみましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

郡山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

城めぐりがもっと楽しくなる!お城の地図帳 (タツミムック)

路線図と城郭の位置が記載されているので、電車で何か所かの城を攻城するときに予定を立てやすく、重宝しています。

リッツさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る