攻城団からのお知らせ

城メモは常に更新していきます

城メモのページは新しく書いた順ではなく、更新した順になっています。
(もちろん新しく追加されたものはここに表示されますが、以前書いたメモでも内容が更新されれば再度表示されます)

城メモ  攻城団 〜日本には、城がある。〜_20140118

理由は、この城メモはつねに更新していくことを決めているからです。

先日もテレビを見ていたら、彦根城の瓦の枚数が紹介されていました。
さっそく城メモを更新したんですけど、こういう細かい情報を拾って、更新していくのが大事だと思っています。

今回も「瓦は34種類、6万枚が使われています。」という19文字だけを追記したんですけど、攻城団の城メモは、より詳しい情報を、よりわかりやすい文章で、よりきれいな写真とともに伝える、というポリシーで管理していきたいのです。 (なので情報も写真もお待ちしていますし、「文章がわかりにくい」というご指摘も助かります) あとは自分の目で見た人がウソのない、ほんとうのことを書くべきだとも思っています。 それこそネットを検索すれば、多くの情報を見つけることができる時代です。 だけど、コピーでは内容の正否に対する責任が持てません。 もちろん情報はどんどん変わりますから、訪れた本人が書いてても数年後には正しくないなんてこともありえます。だからこそ更新することを前提にしておきたいのです。 (加えていえば、書いた日付や更新した日付を明示することも大事だと思っています) はっきりいって手間がかかるやり方です。 そのために記事の投稿ペースがなかなか上がらず、投稿数が今後も大幅に増えることはないと思います。 でもほんとうに使える、参考になる情報が常に参照できる状態にすることを、なによりも優先したいのです。 (もっとも、いずれは更新するメンバーも増やしていければと思っているので、投稿数についてはそれほど心配していません) とりあえずぼくが自分の目で見てきたお城がまだまだありますし、今年も各地を巡ろうと思っているので、楽しみにしていてくださいね。 城メモを書いていると勉強にもなるので、ぼくにとっても楽しい時間になっています。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

富岡城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

唐津城主・寺沢広高によって築かれ、「島原・天草一揆(島原の乱)」では一揆軍の攻撃を受けた富岡城にも攻城団のチラシを置いていただきました。熊本県富岡ビジターセンターのほか、苓北町歴史資料館と苓北町観光案内所(富岡港船客待合所内)で入手できます。

つづきを読む

野崎城にチラシが置いてあります(&飯盛城のチラシが新しくなりました)

  • チラシ設置報告

畠山氏が飯盛山の山麓に築いた野崎城にも攻城団のチラシを置いていただきました。野崎観音(慈眼寺)のそばにある大東市立野崎まいり公園で入手できます。あわせて飯盛城のチラシもリニューアルしました。

つづきを読む

岩国城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

吉川広家が築城し、現在は錦帯橋から見える復興天守の姿が美しい岩国城にも攻城団のチラシを置いていただきました。天守入口の向かい側にある休憩所で入手できます。

つづきを読む

上山城のチラシが新しくなりました

  • チラシ設置報告

上山城のコラボチラシが新しくなりました。上山城郷土資料館の受付ホールで入手できます。

つづきを読む

鞠智城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

教科書にも出てくる「白村江の戦い」で大敗した大和朝廷が築いた古代山城(朝鮮式山城)のひとつ、鞠智城にも攻城団のチラシを置いていただきました。温故創生館と八角形鼓楼内で入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る