しろやまさん 奉行 サポーター   フォロー

ここのところ攻城の時間がないので、ストレスが溜まっています。(笑)
早く梅雨が明けて・・・と願っていますが・・・。
閑話休題。南九州は、降り続く豪雨で心配ですね。無事を祈っております。
近年は、豪雨、台風、地震により、全国各地の城址にも被害がでていますが、残念なことです。
国民も、国土も、城址も、平穏・平和でありますように・・・。

しろやまさんのタイムライン

しろやまさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、三重県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が公開されました(2019-07-16)

【赤木城】
   山の中に忽然と佇む城址。小ぶりながら各曲輪や石垣などがよく残って
  おり、いい雰囲気の城址でした。桜の季節に再訪したいと思います。
【田丸城】
   本丸・二の丸・北の丸と、南北に連なる曲輪群を石垣がしっかり支えて
  いる。小ぶりな天守台も愛らしい。桜の季節に再訪したいと思います。
【伊賀上野城】
   築城の名手、藤堂高虎が縄張りした名城。天守は模擬ながら、水堀に立
  つ高石垣は圧巻。桜の季節に、再訪したいと思います。

しろやまさん が  高山陣屋(岐阜県高山市) を攻城しました(2019-07-15)

しろやまさん がプロフィールを更新しました(2019-07-03)

ここのところ攻城の時間がないので、ストレスが溜まっています。(笑)
早く梅雨が明けて・・・と願っていますが・・・。
閑話休題。南九州は、降り続く豪雨で心配ですね。無事を祈っております。
近年は、豪雨、台風、地震により、全国各地の城址にも被害がでていますが、残念なことです。
国民も、国土も、城址も、平穏・平和でありますように・・・。

しろやまさん の読者投稿欄「NHK大河ドラマの主人公に取り上げてほしい戦国武将は誰ですか」への回答が公開されました(2019-07-01)

過去、「太平記」で後藤久美子さんが演じておられましたが・・・
南北朝時代のイケメン(諸説あるようですが)青年武将の【北畠顕家】を押します。
弱冠17歳で従二位鎮守府将軍となり、朝廷をないがしろにした足利尊氏に対して、新田義貞や楠木正成とともに戦いを挑み、一時は尊氏を九州まで追い落とすなど武功を挙げたが、最終的には21歳で堺市石津で戦死した。
たった4年間だったが、極めて濃い人生を送った魅力ある青年武将!
若く、演技力ある俳優に演じてもらいたい。
ジャニーズに適当な方がいますかね?

しろやまさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、長野県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が公開されました(2019-06-16)

【松本城】は言わずもがな・・・
【上田城】は、徳川軍を翻弄した天下の名城
あとひとつは、かなり悩みましたが・・・
海津城時代の歴史も踏まえて、
【松代城】ですかね。

しろやまさん の読者投稿欄「「関ヶ原の戦い」にもし参陣するなら、東軍と西軍どっちがいいですか?」への回答が公開されました(2019-06-01)

【どちらにも参陣しない】
多くの書物を読めば読むほど、①西軍に勝ち目はなく、②家康の汚さが目に付き、したがって参陣せず、傍観します。
①西軍にも優秀な武将は多く居るが、いかんせんリーダーが不在で、「船頭多く船進まず」の例えどおり、大規模な戦さでは勝機はない。西軍(一応豊臣方とする。)の創業者秀吉が亡くなる時に、既に天下は平定されたと勘違いし、死亡後の手当てを怠ったのは、一代の英傑の秀吉の老耄というべきか。石田三成の能力・人格はさておいても、石田総務部長では副社長や取締役をまとめられるはずもない。
小早川の裏切りが無かったとしても、勝利は覚束ないと考えます。
②秀吉死亡後の家康のやることなすことすべてが、徳川天下への布石と考えられ、家康は一代の悪人でしょう。弱肉強食の戦国時代であれば、やむを得ないと考える向きもあろうが、前田、黒田、毛利、上杉、伊達など他の有力武将であれば、内心はともかく、豊臣秀頼を立てての政権を維持していたであろう。(秀吉が旧主信長の子孫にした仕打ちを考えれば、家康と五十歩百歩ですが・・・)
ともあれ、家康は人間的に好きになれないので、関ヶ原の合戦には参加しません。
どこか遠い山中で百姓でもいたします。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

神奈川中世城郭図鑑 (図説 日本の城郭シリーズ 1)

神奈川県にある中世城郭100城が紹介されています。
私のオススメポイントは、縄張り図が多数掲載されていることです。(精密縄張り図76枚)
中世城郭を攻城する時、縄張り図があると楽しさが拡がりますからとても重宝しています。
また本書では遺構の状態も詳しく解説されているので、攻城の際の予習復習に活躍間違いなし。

やすまろさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る