伝もものふ山田(ヤマー)さん 奉行 サポーター   フォロー

お城を巡るでありやす(・Θ・)

伝もものふ山田(ヤマー)さんのタイムライン

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  桑折西山城(福島県伊達郡) を「行きたいお城」に登録しました(18:20:49)

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  小林城(愛知県名古屋市) の写真をアップしました(2019-07-19)

苔庭(本堂裏から)
苔庭(本堂裏から)

牧家の墓が建立されています。
時間によっては施錠されており入れません。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  小林城(愛知県名古屋市) の写真をアップしました(2019-07-19)

南無地蔵大菩薩の石碑
南無地蔵大菩薩の石碑

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  小林城(愛知県名古屋市) を攻城しました(2019-07-18)

城址は清浄寺の境内となっています。
17時頃に行きましたが、東山門は閉まっており牧家の墓は見れませんでした。
他にはジャンボ地蔵(地上5m)等があります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  名古屋城(愛知県名古屋市) を攻城しました(2019-07-18)

「名古屋城検定」の申し込みついでに攻城しました。二の丸、本丸御殿を中心に散策しました。
本丸御殿では音声ガイドを借りました。春風亭昇太師匠と家康公による解説が聞けます。(1回100円、所用時間60分程度)

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-18)

萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)
萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)

萩城下にあります。
奥に毛利輝元、夫人(清光院)の墓が見えます。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-18)

萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)の案内板
萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)の案内板

萩城下にあります。
毛利輝元、夫人(清光院)の墓があります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-17)

萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)の案内板
萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)の案内板

萩城下にあります。
毛利輝元、夫人(清光院)の墓があります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-17)

萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)
萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)

萩城下にあります。
右が毛利輝元、左が夫人(清光院)の墓です。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-17)

長井元房と忠義の猫〜猫町伝説〜
長井元房と忠義の猫〜猫町伝説〜

萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)内にあります。
毛利輝元の家臣であった長井元房(もとふさ)と忠義の猫の案内板です。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-17)

長井元房(もとふさ)の墓
長井元房(もとふさ)の墓

萩藩主毛利家墓所(天樹院墓所)内にあります。
毛利輝元の家臣であった長井元房のお墓です。

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、三重県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が公開されました(2019-07-16)

【松阪城、伊賀上野城、津城】
続100名城からは津城を選びました。松坂・伊勢・鳥羽方面に行く途中で立ち寄る事もでき、手軽に攻城できると思います。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-15)

展望所からの眺望
展望所からの眺望

東側にある展望所からの眺望です。右端に銃丸土塀が見えます。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-15)

矢穴の残る巨石(指月山詰丸跡)
矢穴の残る巨石(指月山詰丸跡)

指月山山頂の詰丸(要害)跡に、矢穴がある巨石が残っています。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  萩城(山口県萩市) の写真をアップしました(2019-07-15)

矢穴の残る石(指月山詰丸跡)
矢穴の残る石(指月山詰丸跡)

指月山山頂の詰丸(要害)跡には、矢穴がある石が多く残っています。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  津和野城(島根県鹿足郡) の写真をアップしました(2019-07-14)

観光リフト(上から)
観光リフト(上から)

点検等で運休の場合があります、事前に津和野町観光協会のホームページで確認できます。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  津和野城(島根県鹿足郡) の写真をアップしました(2019-07-14)

織部丸東方の中世山城の遺構 案内板
織部丸東方の中世山城の遺構 案内板

登城道の途中にある遺構の案内板です。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  津和野城(島根県鹿足郡) の写真をアップしました(2019-07-14)

登城道(リフト下通過)
登城道(リフト下通過)

登城道の途中でリフトの下を通ります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  津和野城(島根県鹿足郡) の写真をアップしました(2019-07-14)

登城口(太皷谷稲成神社側)
登城口(太皷谷稲成神社側)

太皷谷稲成神社の駐車場手前に登城口があります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  河津城(静岡県賀茂郡) を「行きたいお城」に登録しました(2019-07-11)

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

松平八代墓(大樹寺)
松平八代墓(大樹寺)

徳川氏(松平氏)の菩提寺「大樹寺」にある松平八代の墓です。
左は昭和四十四年に建立された徳川家康の墓碑で、無縫塔から奥が松平八代墓になります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

松平八代墓(大樹寺)の案内板
松平八代墓(大樹寺)の案内板

徳川氏(松平氏)の菩提寺「大樹寺」に松平八代の墓があります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

徳川家康公霊夢像(大樹寺)
徳川家康公霊夢像(大樹寺)

徳川氏(松平氏)の菩提寺「大樹寺」の本堂前に設置されています。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

大樹寺沿革
大樹寺沿革

徳川氏(松平氏)の菩提寺「大樹寺」の沿革です。
徳川家康の旗印「厭離穢土(えんりえど)・欣求浄土(ごんぐじょうど)」についても書かれています。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

転用石(持仏堂曲輪の雁木)
転用石(持仏堂曲輪の雁木)

岡崎城内で唯一の #転用石 (墓石)です。
横から見ると後ろ側が加工されているのが分かります。
石垣めぐりのパンフレットが「岡崎城 石垣めぐり」で検索すると見れます。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

五万石舟
五万石舟

菅生川(乙川)沿いの、昔の舟着き場跡にあります。
城メモ「昔の舟着き場」参照

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

刀野薙(NATAYANAGI)
刀野薙(NATAYANAGI)

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」オリジナルデザイン
※写真撮影可、SNS等への掲載推奨

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

東照公産湯の井戸の水
東照公産湯の井戸の水

東照公産湯の井戸の隣にあります。
(案内板)
東照公産湯の井戸から汲み上げた水を、浄水設備を通して触れられるようにしています。飲用ではありませんのでご注意ください。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2019-07-10)

転用石(持仏堂曲輪の雁木)
転用石(持仏堂曲輪の雁木)

角の下側の石が、岡崎城内で唯一の #転用石 (墓石)です。
石垣めぐりのパンフレットが「岡崎城 石垣めぐり」で検索すると見れます。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  城生城(富山県富山市) を「行きたいお城」に登録しました(2019-07-09)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

神奈川中世城郭図鑑 (図説 日本の城郭シリーズ 1)

神奈川県にある中世城郭100城が紹介されています。
私のオススメポイントは、縄張り図が多数掲載されていることです。(精密縄張り図76枚)
中世城郭を攻城する時、縄張り図があると楽しさが拡がりますからとても重宝しています。
また本書では遺構の状態も詳しく解説されているので、攻城の際の予習復習に活躍間違いなし。

やすまろさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る