伝もものふ山田(ヤマー)()さん 奉行 サポーター   フォロー

お城を巡るでありやす(・Θ・)
Twitter @tomoya_hosinchu

伝もものふ山田(ヤマー)さんのタイムライン

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「あなたが思う、戦国最強の親子といえば?」への回答が更新されました(2021-05-01)

【九鬼嘉隆・守隆】
鳥羽城(三重県鳥羽市)を訪れた際に、最強に気になった親子です。
関ヶ原の戦いで西軍東軍に分かれたのは真田親子が有名ですが、九鬼親子も家名存続のため分かれて戦ったことを知りました。息子の守隆は東軍での活躍により父・嘉隆の助命を許されますが、伝達が遅れ切腹することになってしまいます。
九鬼水軍は第二次木津川口の戦いで、鉄甲船(諸説あり)を建造するなどし信長を勝利に導き、水軍としても最強であったと思います。

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、和歌山県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2021-04-16)

【和歌山城、新宮城、根来城】
100名城、続100名城、訪問済の城から選定しました。
根来城は城という感じではなく寺院ですが、国宝や重文の建造物が多く現存しており見応えがあります。併設されている岩出市民俗資料館では、根来衆や火縄銃などの解説が充実しており勉強になりました。
城ではありませんが、真田親子が蟄居を命ぜられた九度山も楽しかったです。真田ミュージアムに再現された真田庵のカラクリが面白いです。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が最近のひとことを更新しました(2021-04-13)

今日(4月13日)は、みんな大好き「ひこにゃん」の誕生日でした。今年で15周年を迎えるそうです。
お祝いをするために大根おろしで「ひこにゃん」をつくってみました。赤備えの兜はパプリカで、黄金の天衝はカボチャになっています。
鍋の上でも安定のゆるカワで癒されました、おめでとー!

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「あなたのお気に入りの城門を教えてください(移築門や復元門でもOK)」への回答が更新されました(2021-04-01)

【高知城 詰門】
一見すると櫓門に見えますが、2階は二ノ丸から本丸への通路になっています。最初に説明を読んだとき、ちょっと何言ってるか分かんない状態でしたが、現地で実物を見て納得しました。櫓門と橋廊下を組み合わせた構造が珍しく、見るのも渡るのも楽しい城門です。
梅が咲く時期には1階部分が開放されているようなので、詰門を突破したと思わせての絶望?も体感したいですね。
写真の右側、本丸と二ノ丸をつないでいるのが詰門です。

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、青森県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2021-03-16)

【弘前城、根城、浪岡城】
100名城、続100名城からの選定としました。
弘前城の近くにある禅林街と長勝寺も、厳かな雰囲気でオススメです。

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「次期大河ドラマが渋沢栄一にちなんでの質問です。あなたがお札の肖像画にしたい戦国武将を教えてください」への回答が更新されました(2021-03-01)

◼️1万円札 徳川家康
◼️5千円札 豊臣秀吉
◼️千円札 織田信長
3人までということで、三英傑を思いうかべました。最後においしい所を持っていった家康を一万円札にします。
「織田がつき、羽柴がこねし天下もち、座りしままに食うは徳川」(天下餅の歌)

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  田中城(滋賀県高島市) を「行きたいお城」に登録しました(2021-02-26)

伝もものふ山田(ヤマー)さん が 書籍北条五代 (上)」にレビューを投稿しました(2021-02-25)

小田原北条五代を描いた長編小説です。
上巻では早雲、氏綱、下巻では氏康、氏政、氏直が主要人物になります。約100年にわたる北条家の歴史とともに、「祿壽應穩」を掲げた北条家の信念を感じることができました。
本作は志半ばで逝去された火坂雅志氏の未完の作品を、伊東潤氏が引継ぎプレッシャーを乗越え完結させました。両作家による作風の違いにも注目です。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が最近のひとことを更新しました(2021-02-19)

長篠の戦いのヒーロー「鳥居強右衛門」を大根おろしでつくりました。
強右衛門は長篠城で籠城する人々を、自らの命と引き換えに勇気づけました。磔の姿は落合左平次の旗指物として使われ、今なお現存しています。
援軍は!来るぞー!!

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  城井谷城(福岡県築上町) を「行きたいお城」に登録しました(2021-02-16)

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、香川県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2021-02-16)

【丸亀城、高松城、引田城】
100名城、続100名城からの選定としました。
丸亀城に訪問する前日に石垣の崩落があり、悲しい気持ちで見学した思い出があります。無事に修復されたら、また行ってみたいです。
高松城の水堀には鯛が泳いでおり、ガチャで買えるエサやりが楽しかったです。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が  猿掛城(岡山県矢掛町) を「行きたいお城」に登録しました(2021-02-09)

伝もものふ山田(ヤマー)さん が最近のひとことを更新しました(2021-02-09)

姫路市のご当地キャラ「しろまるひめ」さまを大根おろしでつくりました。
鍋の具材は、生姜醤油でいただく姫路風のおでんです。
最近はなかなかお会いできませんが、鍋の上で謁見できありがたき幸せでした。

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「ステイホーム期間におうちでできる(していた)お城の楽しみ方を教えてください」への回答が更新されました(2021-02-01)

最近のひとことでも書きましたが「城カレー」をつくってみました。
壁は白漆喰総塗米、瓦は海苔瓦、石垣はゴマ垣、鯱はシャチーズになっていて、カレー堀には水面に映る満月を浮かべています。
おうちに居ながら、築城から廃城までお皿の上で楽しめ、お腹も大満足でした。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が 書籍もっこすの城 熊本築城始末」にレビューを投稿しました(2021-01-27)

加藤清正に仕えた城取り(築城家)の物語です。架空の主人公ですが、実在の人物も多く登場します。
安土城の焼失、清正の肥後入国、文禄・慶長の役での名護屋城・倭城の築城、蔚山城での籠城戦、一大事業となる熊本城の築城などが描かれます。築城シーンの描写は千田嘉博先生が協力されており読み応えがありました。
この物語を通じて築城にたずさわった人々の思いを感じることができ、お城の見え方も変わりそうです。

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、大分県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2021-01-16)

【府内城、岡城、中津城】
100名城、続100名城からの選定としました。続100名城からは、立派な模擬天守の中津城を選びました。
府内城は地味ですが、天守台の石垣など見ごたえがあります。現存する宗門櫓は、外からは平櫓、中からは二重櫓という珍しい形状で面白いです。
岡城は入場券が巻物になっているのが驚きでした。過去の読者投稿欄「お城のチケットやパンフレットが気に入ってるものの写真を添付して見せてください」で紹介されている方も多かったので印象に残っています。

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「(女子校で友達に城好きが少ないため)女子旅にオススメなお城を教えてください」への回答が更新されました(2021-01-01)

【名古屋城】をオススメしてみます。
復元された本丸御殿が見事で、上洛殿の装飾はとても美しく素敵です。城内では「名古屋おもてなし武将隊」が巡回しており気軽に謁見できます。定期的に演舞も披露され、武将隊をきっかけに歴史好きになる人も多いようです。
お城のあとは、パワースポット満載の熱田神宮、ベルーガがかわいい名古屋港水族館、テレビ塔のスリル満点スカイウォークなどもオススメです。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が 書籍天地明察」にレビューを投稿しました(2020-12-27)

日本初の国産暦である貞享暦の作成者「渋川春海」を主人公とした小説です。
過去800年にわたり使用されてきた宣明暦の改正は一大事業として、保科正之、水戸光圀などの大物も関わることになります。そんな一大事業に立ち向かう「渋川春海」を動かした思いとは何か!友情、ライバル、恋、挫折、勝利…王道の少年漫画的展開で楽しく読めました。
実写映画(主演:岡田准一さん)や漫画にもなっており、そちらもオススメです。

伝もものふ山田(ヤマー)さん が 書籍国を蹴った男 (講談社文庫)」にレビューを投稿しました(2020-12-20)

比較的マイナーな人物に焦点をあてた短編小説集です。
武田牢人衆の那波無理之介、豊臣五奉行の長束正家、直江信綱襲撃の毛利秀広、鬼玄蕃の佐久間盛政、反秀吉茶人の山上宗二、今まで知らなかった人物についても知るきっかけになりました。
本のタイトルにもなっている「国を蹴った男」は、今川氏真と鞠職人との物語です。氏真の鞠足としての無双っぷりが面白かったです。

伝もものふ山田(ヤマー)さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、岐阜県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-12-16)

【岐阜城、苗木城、高山陣屋】
100名城、続100名城、飛騨の国史跡から選定しました。(岩村城が国史跡でないのは意外でした)
岐阜城は、登山道も多く整備され何度でも訪れたくなります。現在も発掘調査が盛んに行われており新しい発見が楽しみです。
苗木城は、懸造りの展望台からの眺望が素晴らしいです。自然岩等を生かした城づくりも見応えがあります。
高山陣屋は、高山祭りなどもあり観光地としても楽しめます。名古屋からの特急「ワイドビューひだ」でアクセスも便利だと思います。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー