攻城団からのお知らせ

「京都 秀吉の時代 〜つちの中から〜」は秀吉が京都に遺した痕跡をめぐるのに最適な1冊

「京都 秀吉の時代 〜つちの中から〜」は京都市考古資料館の開館30周年記念を記念して、2010年(平成22年)に出版された本です。
昨日、京都市考古資料館で購入しました。

本書は「秀吉の時代」ということもあって、その対象となる年代は1582年(天正10年)、つまり「本能寺の変」からはじまります。
山崎の合戦」で明智光秀を破り、天下人として歩みはじめた秀吉が京都を自らの政治拠点として整備したことはよく知られています。

具体的には以下のような施策、事業をおこなっています。

  • 平安京の跡地に天守や堀を備えた城郭である聚楽第を造営し、その周辺には大名屋敷町を建設した
  • 天皇の住まいである内裏を修復し、その周囲に公家屋敷町を配置した
  • 京中に点在・散在していた寺院を移転させ、寺町・寺之内に集めた
  • 平安京以来の碁盤の目状の正方形の町割りに新しい街路を通し、南北に細長い短冊形の町割りに変更した
  • 大規模な堀と土塁で構成された、京都を囲む御土居を築いた
  • 洛外には東山の麓に巨大な大仏殿を中核とする方広寺を造営し、伏見には新たな城郭(指月城と木幡山城、そして向島城)と城下町を造営した
  • 交通の要所である淀に新たな城郭を築いた
  • 京都を中心とする街道を再編・整備して、あわせて淀川の水上交通路を充実させた

信長が横死した本能寺を現在の京都市役所そばに移転させたこともそうですし、まさにこの通りが「寺町通」と呼ばれるように、現在の京都の町割りや寺院の配置は秀吉の政策によるものです。

ただ町割りこそ現代にまで引き継がれているものの、聚楽第も妙顕寺城も残ってませんし、御土居についても大半は破壊されていますが、これらの発掘調査の記録がカラー写真とともに紹介されています。

しばらくはこの本を見ながら、市内の石碑や遺構めぐりを楽しめそうだなと思ってます。

本記事で紹介した書籍は攻城団ライブラリーに収蔵されています。
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

池田城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

池田氏の居城で、その後は荒木村重が伊丹城(有岡城)へ移るまでの居城とした池田城にも攻城団のチラシを置いていただきました。池田城跡公園管理棟の売店前で入手できます。

つづきを読む

団員ブログを公開しました

  • お知らせ

攻城団にブログ機能を実装しました。団員による団員のためのブログとして、攻城レポートを書いたり、自分が学んだことなどをシェアしていただけるとうれしいです。

つづきを読む

鮫ヶ尾城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

「御館の乱」で敗れた上杉景虎が自刃して果てた終焉の地として知られる鮫ヶ尾城にも攻城団のチラシを置いていただきました。斐太歴史の里案内所と斐太歴史民俗資料館の2か所で入手できます。

つづきを読む

角牟礼城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

毛利高政によって近世城郭へ改修され、続日本100名城にも選ばれている角牟礼城にも攻城団のチラシを置いていただきました。豊後森藩資料館とくすまちメルサンホールの2か所で入手できます。

つづきを読む

龍岡城にチラシが置いてあります

  • チラシ設置報告

長野県佐久市にある、もうひとつの五稜郭として有名な龍岡城にも攻城団のチラシを置いていただきました。佐久市歴史の里五稜郭であいの館と佐久市臼田支所の2か所で入手できます。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る