広島城
広島城

[広島県][安芸] 広島県広島市中区基町21-1


  • 平均評価:★★★★☆ 3.59(77位)
  • 見学時間:1時間12分(82位)
  • 攻城人数:1431(27位)

平櫓と多聞櫓と太鼓櫓

二の丸の平櫓と多聞櫓、そして太鼓櫓も、表御門とともに1989年(平成元年)から行われた改修の際に再建されました。
手前にあるのが平櫓、奥に見えているのが太鼓櫓で、それをつないでいるのが多聞櫓です。

橋の上から見た平櫓です。

多聞櫓を内側から見るとこんな感じです。

3つの櫓はつながっていて、内部を見学することができます。

史跡広島城跡二の丸
平櫓・多聞櫓・太鼓櫓(復元)
構造平櫓木造一重隅櫓、入母屋造、本瓦葺規模平櫓桁行 12.43m、梁間 8.64m、棟高 7.76m
多聞櫓木造一重渡櫓、切妻造、本瓦葺多聞櫓桁行 67.86m、梁間 4.93m、棟高 5.13m
太鼓櫓木造二重二階隅櫓、入母屋造、本瓦葺太鼓櫓桁行 8.49m、梁間 7.76m、棟高 10.60m

 平櫓、多聞櫓及び太鼓櫓の創建時期は、天正期末(16世紀末)頃と推定されています。このうち太鼓櫓は17世紀初期に改修されたものの、3棟とも江戸時代を通して、二の丸の馬出機能を確保する建物として存在していました。その後、平櫓及び多聞櫓西半分(平櫓側)は明治初期に取り壊され、残った太鼓櫓や多聞櫓東半分についても昭和20年8月6日の原爆被爆によって倒壊炎上しました。
 この建物は、平成元年の広島城築城四百年を記念して、発掘調査や昭和初期に当時の陸軍築城本部が作成した実測数値、明治から昭和にかけての写真等をもとに、復元に着手し、平成6年8月に完成したものです。

平成6年8月 広島市教育委員会

平櫓の内部です。

多聞櫓は68m近くありますので、かなり距離があります。

奥の、一段高いところにあるのが太鼓櫓です。

ちゃんと太鼓が置いてありました。

堀を見ることができます。

かなり立派に復元されていますので、ぜひ内部も見学してください。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

広島城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

本庄氏と色部氏 (中世武士選書 第 9巻)

中世武士選書シリーズはすべて渋すぎるラインナップだと思っていますが、その最たるものの一つではないでしょうか。本庄氏・色部氏と聞いて「ああ、上杉の」と言える人はどれくらいいるでしょうか。そんなローカルネタ満載のこの本を紹介する理由は、本庄繁長が大好きだからです。村上城・平林城が気にいった方々ならさらにオススメします。謙信登場前史も面白いですよ。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る