特別展「大浮世絵展─歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」公式図録 A4変形

この本は攻城団ライブラリーに収蔵されています
「浮世絵/Ukiyo-e」の歴史の中でも、キラ星のごとく輝いた人気絵師である喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の五人にフォーカスし、国内のほか欧米の美術館、博物館、個人コレクション等から傑作366点を集めました。歌麿は美人画、写楽は役者絵、北斎と広重は風景画と花鳥画、国芳は武者絵と戯画という絵師のエッセンスを凝縮した内容は、「誰もが知っており、そして誰もが見たい」ものになっています。

書籍の情報

タイトル 特別展「大浮世絵展─歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」公式図録
著者
出版社
発売日 2019-11-19
価格 2600円

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません

紹介されているお城

まだ登録されていません。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

Amazonウィッシュリスト

攻城団で必要としている資料(書籍・雑誌)やカメラ等の機材をAmazonのウィッシュリストで公開しています。いずれも直近では必要としないもののいずれは攻城団の運営に必要なものばかりですので、プレゼントしていただければ大変ありがたいです。
また現状、匿名でのご支援が可能なのはこの方法のみとなっています(匿名で送るにはクレジットカードで決済せず、ギフト券で支払う必要があるようです)。

Amazonウィッシュリストで支援する

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

近世新潟の城と陣屋

帯の『新潟の城歩きに必ず役立つ一冊』という惹句に惹かれて購入しました。書名の通り近世の「城」と「陣屋」を図版多く紹介している書です。近世なので主に陣屋の紹介です。あわせて「関所」も紹介されています。近世に利用された「中世の城」の紹介もあります。計画の参考にできるとおもいます

黄金玉子さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る