利信()さん 大老 サポーター   フォロー

スマホデビューの機会に入団しました。

加賀藩士の子孫

もともとは映画や時代劇の影響で、旅には憧れを持っていました。
学生時代も歴史でテストの点数を稼ぐくらいには、歴史に興味があり、お城の名前も自然と覚えていきました。

思い起こせば初めてお城を観たのは弘前城でした。

あれから20年近くたってから、旅先でお城に立ち寄る度に色んなお城を巡ってみたいと欲求が高まり、現在に至ります。
お城と同時に食いしん坊万歳的な食道楽や各地の温泉も楽しんでいます。
旅の醍醐味も楽しんで行かないと勿体無いですからね。

攻略完了
武蔵国(2019年8月時点現在)
相模国、安房国

現在は千葉県をメインに攻城中

利信さんのタイムライン

利信さん の読者投稿欄「お城で入手したパンフレットなどは、どのように管理していますか?」への回答が更新されました(2020-05-01)

40ページのクリアファイルに収納しています。
南関東編
東北並びに北関東編
北陸・中部・東海編
近畿並びに四国、中国編
九州編
お城関係ない観光名所パンフレット編

他に未整理分を取り合えず収納しているファイルが別にあります。

利信さん の読者投稿欄「(長文歓迎)お城めぐりで体験した「いい話」を聞かせてください」への回答が更新されました(2020-04-24)

今回のお題は実に難しいですね。
これが反対の悪い話ならいくらでもあるのです。
しかし、我々はお城巡りというひとつのテーマに対し、悪いエピソードや危ない目にあったことも一つの『いまとなっては、全てが良い思い出(教訓)』として語り合えると考えています。

ああ、違いますね。
前置きが長くなりましたが、ようするに良い思い出となったエピソードを語ればよいだけですね。

度々語っていますが、私は加賀藩士の子孫なんですよ。
で、実家の北海道に祖父が私費で建てた石碑があるのです。
ところがこの石碑、幾つか辻褄が合わないところがあるのです。
簡単に例にあげると、実在しない元号が書かれていたり、その自治体にはそんな村の名前は存在しないとかです。

歴史に然程興味の無い親、親戚からすればどうでもいい話であり、検証すら出来ない有り様でした。
私もある程度、年齢を重ね、多少の知識と旅をする経済力を身につけて、かねてより興味のあったお城巡りを始めました。


そして、いよいよ自分のルーツを探る為に金沢城や七尾城をまわりました。
その課程で、予てよりの矛盾や疑問点を読み解く、或いは解釈出来た時の『そうだったのか』、『こうに違いない』と、なった時の感動は筆舌に尽くしがたいものがあります。
同時に祖父が『ずらした』内容の石碑を造らせたのか、永遠にわからないと納得しました。

金沢に先祖が住んでた屋敷が今でもあるのですが、そこに飾られた初代様の鎧兜はあり日しの幻想とロマンを掻き立ててくれたものです。
長々と自分語りで恥ずかしい限りですが、お城巡りを通じて行われた自分なりのテーマを氷解させたエピソードになります。
駄文、長文、失礼いたしました。

利信さん がマイベストキャッスルを更新しました(2020-04-22)

利信さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、北海道を代表するお城(チャシ含む)を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-04-16)

我が故郷の北海道ですが、長年お城不毛之地だと思ってました。
アイヌのチャシもカテゴリーに入るとは、目にも鱗でした。
去年、ようやく攻城出来ました。

さて、まず最初の一票は五稜郭。
巨大な水堀に囲まれた実戦経験有りの比較的新しい城。
なんで今まで行ってなかったのだろう?

次の2城はまだ行けてません。
帰省した時に順次、行く予定です。
ヲンネモトチャシと松前城

早く安全に行きたいものです

利信さん の読者投稿欄「戦国時代の女性でいちばん好きな人物とその理由を教えてください」への回答が更新されました(2020-04-01)

どう考えればよいか些か考えました。
ようするに大河ドラマで見たい人と考えてみました。
しかし、思い付きませんでしたので二時間ドラマ枠で、伊達政宗の母親義姫です。
東北1の美女と言われた最上時代。
嫁ぎ先の息子政宗と対立する伊達時代。
天下統一後の最上家に訪れる悲劇と危機。

見所はいっぱいだと思います。

利信さん が最近のひとことを更新しました(2020-03-24)


最初に郡山城、攻城記録に誤記載があったので、訂正しました。
あっばれをくれた皆さま申し訳ありません。

千葉県25城、奈良県3城、静岡県3城、岡山県2城、和歌山県3城

最近は忙しさにかまけて、30日以上攻城出来ない日々が続いてました。
ようやくスケジュールに都合がついて、3月20日から三連休を利用して、津山城、和歌山城を中心とする遠征に出発出来ました。
外国人観光客が少なくなったせいか、驚くほど夜行バスが空席だらけです。
チケット購入時には空席は残り二席だったから、こういう御時世だとは思いつつも隠せない驚きでした。

各々の攻城記録はそちらを読んでもらうとして、津山の町では、洋学資料館と津山ホルモン焼うどんを楽しませて頂きました。
で、満足してたら電車に目的の駅に降りるのを寝過ごす失態です。
次のバスは数時後で待っていられません。
周匝茶臼山城まで、徒歩で16キロ以上歩く羽目になりました。
この日の徒歩距離は32キロです。
途中、太股が笑っていたと思います。
翌日は足よりも腰の痛みに悩まされましたが、20キロを歩く暴挙ぶりです。
無理はよくないと、普段は飄々としている私ですが、今無理をせずにいつするのかと意地になってたかもしれません。

来月或いは今週末から千葉の攻城を再開したいと思います。
さしあたって、千葉市、東金市あたりに進軍しようかと計画中です。
今年は遠征に向かない年ですが、うまくいけば島根県に手をつけれればいいなあ、と思っています。


画像は『自由の戦士さこんくん』と『愛の戦士ませんなちゃん』

利信さん が  郡山城(奈良県大和郡山市) を攻城しました(2020-03-23)

利信さん が  和歌山城(和歌山県和歌山市) を攻城しました(2020-03-21)

利信さん が  秋月城(和歌山県和歌山市) を攻城しました(2020-03-21)

利信さん が  紀伊太田城(和歌山県和歌山市) を攻城しました(2020-03-21)

利信さん が  茶臼山城(岡山県赤磐市) を攻城しました(2020-03-20)

利信さん が  津山城(岡山県津山市) を攻城しました(2020-03-20)

利信さん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、沖縄県を代表するお城(グスク)を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-03-16)

今回は沖縄ですか
残念ながら未踏の地になります。
こうなるとオーソドックスな答えしか出せません。
まあ、残念なことにはなりましたが、安定の首里城は問題ないでしょう。
守礼門は無事だったわけですし。

と、なると次は世界遺産に登録された4グスク。
ここから百名城に登録されていた二つのグスクを絞り込み

今帰仁グスクと中城グスクですね。
いずれ行ってみせます。
五年後くらいに

利信さん が  竹中陣屋(岐阜県垂井町) を「行きたいお城」に登録しました(2020-03-15)

利信さん が  小口城(愛知県大口町) を「行きたいお城」に登録しました(2020-03-15)

利信さん が  土岐高山城(岐阜県土岐市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-03-08)

利信さん の読者投稿欄「戦国時代の梟雄といえば誰を思い浮かべますか?」への回答が更新されました(2020-03-01)

梟雄
残忍で勇猛な人物のことてすよね。
戦国武将はやらかしを行った人物も多いですが、武辺の一言で片付けられることも多いと思います。
つまり成功しつつ、まわりから『無いわ~』と思われる人物を指すと私は考えます。
梟雄で名前があがる松永久秀や斎藤道三なんかは、それでもリスペクトやシンパシーを感じる人達に恵まれていたと思います。
と、いうわけで私は宇喜多直家を挙げたいと思います。
家臣からは殉死を拒否され、弟は兄に会うのに鎖帷子、息子は正反対に育つ。
身内にドン引きされていた彼こそが、梟雄武将に相応しいと思います。

利信さん が  伊勢田辺城(三重県いなべ市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-02-28)

利信さん が  柏原陣屋(兵庫県丹波市) を「行きたいお城」に登録しました(2020-02-24)

利信さん が  三日月陣屋(兵庫県佐用町) を「行きたいお城」に登録しました(2020-02-24)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

斗星、北天にあり (文芸書)

たぶんこれしかないのではないでしょうか?安東愛季(ちかすえ)を主人公に据えた歴史小説は。内容はまさに愛季一代記です。合戦描写はあっさりしていますが、どのような政治を行おうとしたかがメインになっています。
余談ですが、作中で整備される港湾内で、このたび北前船の錨(か?)が発見されたとのニュースがありました。因果を感じたので追記します。
さらに余談、同時期を扱っているので「天を衝く」の一部秋田側から見た描写があったりするので思わずニヤリとしてしまいます。
愛季死後、安東家はさらに激動の時代に突入する訳ですが、そんな続編是非ともお願いしたいです。

まーPさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る