さあやん(さあやん)さん 大老 サポーター   フォロー

備中国在の週末攻城兵。たまに金曜もくっつけて休んで活動します。
どのように行くか攻城プランを練るときが一番楽しいですね。攻城当日はアクシデントも楽しみながら、それぞれのお城の特色を勉強しています。

さあやんさんが2020年にもっとも攻城したお城

2020年にわたしは128城(130回)攻城しました。もっとも攻城したお城は「 雑太城(新潟県)」の2回です!

2020年の訪問ランキング TOP 100

順位 城名 所在地 回数
1 新潟県佐渡市 2回
1 沖縄県那覇市 2回
3 新潟県新発田市 1回
3 沖縄県中城村 1回
3 三重県熊野市 1回
3 高知県南国市 1回
3 広島県竹原市 1回
3 岡山県井原市 1回
3 岡山県岡山市 1回
3 沖縄県沖縄市 1回
3 宮城県仙台市 1回
3 沖縄県読谷村 1回
3 和歌山県新宮市 1回
3 奈良県大和郡山市 1回
3 三重県津市 1回
3 宮城県石巻市 1回
3 沖縄県糸満市 1回
3 宮城県多賀城市 1回
3 山形県上山市 1回
3 岡山県倉敷市 1回
3 山形県鶴岡市 1回
3 広島県廿日市市 1回
3 広島県広島市 1回
3 宮城県岩沼市 1回
3 京都府京都市 1回
3 山形県山形市 1回
3 山形県米沢市 1回
3 沖縄県糸満市 1回
3 北海道白老町 1回
3 三重県紀宝町 1回
3 広島県廿日市市 1回
3 岡山県井原市 1回
3 沖縄県那覇市 1回
3 兵庫県姫路市 1回
3 千葉県佐倉市 1回
3 新潟県上越市 1回
3 沖縄県うるま市 1回
3 富山県富山市 1回
3 三重県紀宝町 1回
3 京都府京都市 1回
3 広島県広島市 1回
3 滋賀県彦根市 1回
3 新潟県上越市 1回
3 富山県富山市 1回
3 沖縄県浦添市 1回
3 千葉県酒々井町 1回
3 山形県鶴岡市 1回
3 沖縄県嘉手納町 1回
3 沖縄県八重瀬町 1回
3 愛媛県宇和島市 1回
3 富山県高岡市 1回
3 滋賀県近江八幡市 1回
3 沖縄県糸満市 1回
3 奈良県宇陀市 1回
3 山形県鶴岡市 1回
3 佐賀県佐賀市 1回
3 広島県廿日市市 1回
3 愛媛県松山市 1回
3 三重県伊賀市 1回
3 滋賀県長浜市 1回
3 沖縄県南城市 1回
3 福井県敦賀市 1回
3 北海道長万部町 1回
3 北海道白老町 1回
3 沖縄県恩納村 1回
3 高知県高知市 1回
3 滋賀県近江八幡市 1回
3 滋賀県彦根市 1回
3 沖縄県豊見城市 1回
3 神奈川県横浜市 1回
3 北海道室蘭市 1回
3 三重県津市 1回
3 沖縄県読谷村 1回
3 京都府京都市 1回
3 兵庫県赤穂市 1回
3 奈良県大和郡山市 1回
3 沖縄県南城市 1回
3 沖縄県沖縄市 1回
3 北海道豊浦町 1回
3 東京都港区 1回
3 沖縄県西原町 1回
3 兵庫県明石市 1回
3 宮城県涌谷町 1回
3 沖縄県南城市 1回
3 沖縄県浦添市 1回
3 北海道伊達市 1回
3 京都府京都市 1回
3 沖縄県八重瀬町 1回
3 愛知県名古屋市 1回
3 愛媛県松山市 1回
3 新潟県村上市 1回
3 沖縄県南城市 1回
3 沖縄県南城市 1回
3 北海道新ひだか町 1回
3 山形県鶴岡市 1回
3 沖縄県那覇市 1回
3 東京都千代田区 1回
3 佐賀県佐賀市 1回
3 広島県廿日市市 1回
3 沖縄県名護市 1回
3 沖縄県南城市 1回
3 北海道新ひだか町 1回
3 富山県高岡市 1回
3 沖縄県那覇市 1回
3 滋賀県近江八幡市 1回
3 佐賀県吉野ヶ里町 1回
3 広島県大竹市 1回
3 沖縄県うるま市 1回
3 新潟県妙高市 1回
3 北海道平取町 1回
3 岡山県倉敷市 1回
3 沖縄県那覇市 1回
3 愛媛県大洲市 1回
3 沖縄県うるま市 1回
3 滋賀県長浜市 1回
3 沖縄県うるま市 1回
3 広島県広島市 1回
3 北海道新ひだか町 1回
3 新潟県佐渡市 1回
3 沖縄県南城市 1回
3 宮城県白石市 1回
3 沖縄県今帰仁村 1回
3 福岡県久留米市 1回
3 広島県三原市 1回
3 愛媛県松野町 1回
3 北海道新ひだか町 1回
3 兵庫県明石市 1回
3 沖縄県豊見城市 1回

過去10年のさあやんさんのランキング

攻城団に登録して、ご自身の攻城記録を残していくとあなただけのランキングを表示することができます。

2020年の全員のランキング

全員のランキングを表示する
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天下 家康伝 上 (文春文庫)

徳川家康の生涯を描いた小説です。
大阪の陣が終わり江戸から駿府に向かう途中、泉頭の地で過去を回想する場面から始まります。一向一揆との戦い、三方ヶ原での敗北、嫡男信康の自刃、伊賀越えの窮地、小牧・長久手での辛酸、多くの出来事が家康の心情とともに描かれます。「家康の考える天下とは何か」が物語の主軸となっており、家康の生き様を感じることができました。
本作品は大河ドラマ「天地人」の原作者でもある火坂雅志氏の遺作になります。

伝もものふ山田(ヤマー)さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る