砥石くずれ()さん 家老 サポーター   フォロー

有名なお城も無名な山城も、歴史を知れば行きたくなる!大人になってから城歩きに目覚めました。

砥石くずれさんのタイムライン

砥石くずれさん が  平井城(群馬県藤岡市) を「行きたいお城」に登録しました(2021-01-17)

砥石くずれさん が  林城(長野県松本市) を攻城しました(2021-01-02)

砥石くずれさん が  佐久内山城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2020-12-26)

主郭を守る岩場
主郭を守る岩場

この岩の上が主郭部。まさに要害堅固。回り道はあったがしばらく立ちつくす。

砥石くずれさん が  佐久内山城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2020-12-26)

主郭
主郭

砥石くずれさん が  佐久内山城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2020-12-26)

石積
石積

砥石くずれさん が  春日城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2020-12-17)

大堀切
大堀切

迫力のある深さ、上巾に驚嘆。この先にもいくつか堀切があります。

砥石くずれさん が  春日城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2020-12-17)

主郭・土塁
主郭・土塁

砥石くずれさん が  春日城(長野県佐久市) の写真をアップしました(2020-12-17)

堀切・土橋
堀切・土橋

砥石くずれさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、岐阜県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-12-16)

岐阜城・岩村城・苗木城を選びました。岐阜城は戦国史の舞台としてあまりにも有名。岩村城も同様ですが、見事な石垣、六段壁や門の跡など魅力が多く、城下町の雰囲気を含めて外せないかと。苗木城は懸造りの天守跡、大矢倉などの遺構に加え、最高のロケーションで歴史にあまり興味がない方でも楽しめるかと。(苗木遠山資料館も推しです)

砥石くずれさん が  佐久内山城(長野県佐久市) を攻城しました(2020-12-14)

園城寺駐車場に車を置き、登城口(36.235629,138.522970)から竹の茂る道を登りました(衣笠神社からの道もあるようです)。中腹から斜面を横切るところが多く、足元が滑り危険。ピンクテープが目印。巨岩が行く手を阻む、手ごわい。

砥石くずれさん が  春日城(長野県佐久市) を攻城しました(2020-12-14)

康国寺の駐車場をお借りし、寺の南側の登城口(36.220689,138.354411)から歩きました。古い舞台のある曲輪まで緩やかな道のり。主郭背後の大堀切が見事。登城口から標高差が少なく余裕をもって散策できます。

砥石くずれさん が  芦田城(長野県立科町茂田井古町) の写真をアップしました(2020-12-05)

竪堀
竪堀

道路で寸断されていますが、北西へ長く下ります。その先にはもう一本大きい竪堀が。この2本の堀は主郭周辺の遺構と比べると異質。作られた時期が異なるか。

砥石くずれさん が  芦田城(長野県立科町茂田井古町) の写真をアップしました(2020-12-05)

段曲輪・切岸
段曲輪・切岸

主郭を取り囲むように段曲輪が連なる。2の曲輪は一周できます。

砥石くずれさん が  芦田城(長野県立科町茂田井古町) の写真をアップしました(2020-12-05)

主郭
主郭

この時期なら土塁の形がよく分かります。意外に広い。

砥石くずれさん が  芦田城(長野県立科町茂田井古町) を攻城しました(2020-12-03)

登城口近くの駐車スペース(36.263332,138.318292)まで車で上がるも、道幅は狭く、小枝が飛び出すなど運転に気を使いました。広い主郭内は木が伐採され、土塁がよく見えます。鋭い切岸と段曲輪、北側の長い竪堀も見どころです。

砥石くずれさん が  江馬氏下館(岐阜県飛騨市) を攻城しました(2020-11-29)

ガイドの方から江馬氏のルーツなどたくさん話を聞くことができました。「庭園」の景観と、魅せるワザに感嘆。

砥石くずれさん が  東町城(岐阜県飛騨市) を攻城しました(2020-11-29)

城内のガイダンスで説明を聞きました。現地説明板や地元のパンフには「東町城」と書かれています。

砥石くずれさん が  埴原城(長野県松本市) を攻城しました(2020-11-29)

3回に分けて、全ての尾根(西尾根、南西尾根、南尾根、西小屋尾根)を歩く。山全体に「人の手」が入っているかのような造り。謎の多い巨大な山城。
遺構の標識、案内板は17。伝・的畑跡、伝・梅屋敷跡、伝・御屋敷跡、堀切、段郭、構、水場、空堀、水の手、畝状竪堀群、堀底状通路、帯郭、二ノ郭、二重堀切、八幡平、県史跡案内板×2(S60,H22)。広い縄張で大変ですが、是非探してみてください!

砥石くずれさん が  先達城(長野県富士見町) を攻城しました(2020-11-29)

城址碑は立派だが、案内板は年月とともに読みにくくなっている…北側、西側に土塁があるはずだが竹林などで分からなかった。

砥石くずれさん が  深草城(山梨県北杜市) を攻城しました(2020-11-29)

北と南に分かれた曲輪は土塁に囲まれており、高いところで3m近くあった。特に北東側が良く残っている。城の周りは川に囲まれていた。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

とまどい本能寺の変

 本能寺の変が起こったことで、翻弄されとまどう人たちを描いた7篇と、本能寺の変の謎を作者岩井三四二が検証し、驚きの結末を導き出した「本能寺の変に黒幕はいたか」の計8篇の短編集。
 大きな存在である信長の死によって、身の処し方に右往左往する人たちに視線を向けることは今まであまりなかったので、とても新鮮。命のやり取りが当たり前な当時としては至極当然な戸惑いだなと、妙に納得もしました。
 重厚なイメージのある戦国ものの中で、サクッと読みやすいお話です。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る