きゃみさん()さん 大老 サポーター   フォロー

新車に乗り換えました。
今回も長距離移動も、山城を駆け上がるパワーも、城下町をすり抜けるコンパクトさもある車を選んだつもりです。(なので後部座席にたまに乗る人には申し訳ない)
ただまだ新車なので無理な山道は控えつつ秋からの山城シーズンに備えて慣らしていきたいと思います。

ps:自分のカメラにはGPSがついていないので写真の撮影位置は手入力です。ですので誤差や記憶違いでの間違いがあるのでご勘弁を。

きゃみさんさんのタイムライン

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:38)

対面所跡
対面所跡

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:38)

対面所跡(林原美術館)
対面所跡(林原美術館)

林原美術館がある場所は対面所跡があった場所です。
往時もここに長屋門がありましたが維新後取り壊されており、現在の門はその後、生坂支藩の岡山屋敷の長屋門を移築したものになります。

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:37)

月見櫓
月見櫓

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:37)

宇喜多氏築城以前 岡山城本丸址
宇喜多氏築城以前 岡山城本丸址

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:37)

石山の城(前岡山城)・祖廟曲輪
石山の城(前岡山城)・祖廟曲輪

丸の内ヒルズの駐車場になっています。

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:36)

石山の城(前岡山城)
石山の城(前岡山城)

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:35)

桜の馬場
桜の馬場

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:35)

桜門 桜の馬場
桜門 桜の馬場

烏城公園駐車場西側の歩道に設置されています。
桜門はこの案内板の正面、ビルとビルの間に挟まれた民家が建ってるあたりにあった門です。
桜の馬場は烏城公園から前岡山城(祖廟)前を通って旭川に出る道一帯の事です。

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:34)

月見櫓
月見櫓

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:34)

伊木家屋敷跡(二の丸内屋敷・東南の郭)
伊木家屋敷跡(二の丸内屋敷・東南の郭)

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:34)

伊木家屋敷跡
伊木家屋敷跡

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:34)

外下馬門(外目安門)跡
外下馬門(外目安門)跡

岡山県立図書館の隣(県庁前交差点)にある櫓台は二の丸と二の丸内屋敷の間に存在した外下馬門(外目安門)の跡です。櫓門だったそうです。
櫓台の裏、図書館側には内堀跡を再現した水盆と案内板があります。

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:33)

不明門(改修中)
不明門(改修中)

不明門にも足場が設置されていました。

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(21:37:33)

目安橋(内堀)
目安橋(内堀)

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(13:55:04)

岡山城内堀
岡山城内堀

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(13:55:04)

目安橋
目安橋

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(13:55:01)

改修終盤の岡山城(西から)
改修終盤の岡山城(西から)

石山から
天守は南側だけ足場が残っていました。

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(13:55:01)

改修終盤の岡山城(北西から)
改修終盤の岡山城(北西から)

月見橋から
天守は南側だけ足場が残っていました。

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(13:55:00)

改修終盤の岡山城(北西から)
改修終盤の岡山城(北西から)

月見橋から
天守は南側だけ足場が残っていました。

きゃみさんさん が  岡山城(岡山県岡山市) の写真をアップしました(13:55:00)

改修終盤の岡山城(南から)
改修終盤の岡山城(南から)

相生橋から
天守は南側だけ足場が残っていました。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ナンバー2の日本史 (MdN新書)

ナンバー1になりたくてなれなかった人、あえてナンバー2を選んだ人、ナンバー1でありナンバー2でもある人…いろいろですが、何故かナンバー2の方が面白く感じてしまうのは私だけではないハズ。各時代の政治を廻していたのは多くはナンバー2だったことを考えれば、魅力ある人物が並ぶのは当然と言えば当然ですね。本当に大勢のナンバー2について書かれていて分厚いですが、本を読むのが若い頃に比べて格段に遅くなってきた私でもサクッと読めました。中でも朝倉宗滴(←スミマセン全く知りませんでした…)、とても興味深く読みました。

黒まめさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る