きゃみさん()さん 奉行 サポーター   フォロー

新車に乗り換えました。
今回も長距離移動も、山城を駆け上がるパワーも、城下町をすり抜けるコンパクトさもある車を選んだつもりです。(なので後部座席にたまに乗る人には申し訳ない)
ただまだ新車なので無理な山道は控えつつ秋からの山城シーズンに備えて慣らしていきたいと思います。

ps:自分のカメラにはGPSがついていないので写真の撮影位置は手入力です。ですので誤差や記憶違いでの間違いがあるのでご勘弁を。

きゃみさんさんのタイムライン

きゃみさんさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、鹿児島県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-10-16)

はたして鹿児島県に初心者でも楽しめる城があるのか?という問題にぶち当たる今回の質問。
もちろん、ある程度の城好きなら他の県とは異なる「南九州型城郭」の名城が数多あるので鹿児島県の城巡りは驚きと発見の連続でとても楽しいです。
大手門が今年復元された鹿児島城は候補にしてもいい感じになったかもしれませんが、今回は鹿児島県らしさが伝わる「南九州型城郭」から選びたいと思います。

知覧城:続100名城にも選出されている「南九州型城郭」の代名詞。シラス台地
が侵食され垂直の城壁を形成しテーブルマウンテン状の曲輪が林立しています。
その深く広い空堀は圧巻ですが、逆にその広さによって圧迫感がなく堀底を歩いているという感じがあまりないのが玉に瑕。比高は最高30mくらいで各曲輪を巡る毎に上り下りを繰り返さなくてはいけませんが苦にはなりませんでした。

志布志城:こちらも続100名城に選出されている「南九州型城郭」の名城です。知覧城との違いはシラス台地の空堀の堀底道の多くが1~2mくらいと狭く、まるで迷路を歩いているような感覚になります。手入れが行き届いているとは言えないので鬱蒼としており、ジャングル探険のような攻城で、準備をしていないと迷ってしまうのがマイナスでしょうか。

清色城:ミニ志布志城と言った感じの「南九州型城郭」です。とにかく断崖の間にある城の入口(堀底道)がインパクト大です。志布志城同様迷路のような狭い堀底道を通り、他の二城より遥に勾配がきつい坂を登って曲輪を上り下りしなくてはならないのが初心者にはマイナスでしょうか。麓の入来麓の館跡や特に鹿児島3大武家屋敷群の武家屋敷も見所です。

どの城も比高はさほどないのですが、堀底道から曲輪のある台地までの坂が急なことと、南国であるため手入れをしても追いつかない草木の繁茂、雨天時は堀底道が川になるというシラス台地の城の特性など初心者には辛いところもありますが、鹿児島まできたらぜひ「南九州型城郭」を体験してもらいたいです。

きゃみさんさん が  信貴山城(奈良県平群町) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-15)

きゃみさんさん が  高安城(奈良県平群町) を「行きたいお城」に登録しました(2020-10-15)

きゃみさんさん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2020-10-02)

松連寺本堂の天井と船戸(県指定重要文化財)
松連寺本堂の天井と船戸(県指定重要文化財)

きゃみさんさん が  備中松山城(岡山県高梁市) の写真をアップしました(2020-10-02)

重要文化財備中松山城「二重櫓」 特別公開!!
重要文化財備中松山城「二重櫓」 特別公開!!

きゃみさんさん の読者投稿欄「過去に訪問したお城のチケットやパンフレットが気に入ってるものの写真を添付して見せてください」への回答が更新されました(2020-10-01)

写真は岡山県古代吉備文化財センターで揃えれる(ダウンロードもできる)「攻略!おかやまの中世城館」計6巻
第一巻備前国東部編(表紙は保木城)
第二巻備前国西部編(表紙は岡山城)
第三巻美作国東部編(表紙は小原山王山城)
第四巻美作国西部編(表紙は岩屋城)
第五巻備中国南部編(表紙は備中高松城)
第六巻備前国北部・中部編(表紙は備中松山城)
攻城団未登録のお城も掲載されていて守備範囲は広いです。特に第三巻は自分の本城山王山城が表紙なのでお気に入り。

右上は道の駅久米の里で売っている「岩屋城せんべい」に封入されている岩屋城のパンフレット。(この道の駅は巨大Zガンダムがあることで有名、ただ城からは結構遠い)

そして鳥取城のお城祭りでゲットした「因幡の山城」と「山陰の城館跡」のパンフレット。特に「山陰の城館跡」の方鳥取・島根の両県の城跡が沢山掲載されていてお気に入りです。

きゃみさんさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、栃木県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-09-16)

東北のお城巡りの帰りにちらっと寄っただけで3つのお城しか実際行ったことが無く自分には結構な難問。
その3つの城は本サイトで栃木県を知名度検索したときの上位3つの城、足利氏館、唐沢山城、宇都宮城なのですが、足利氏館は城というより居館、居館というよりお寺ですし(観光地でもあり国宝ですので見ごたえはあります)、宇都宮城は代表と言える歴史、規模なのですが、いかんせん現況はそこまで評価していいものなのか、、、
この3城以外の候補のお城も未見では優劣が付けられず、今回は山上の石垣が立派な唐沢山城だけ推挙して皆さんの意見を楽しみにしています。

きゃみさんさん が 書籍全国 御城印 大図鑑」にレビューを投稿しました(2020-09-14)

お城の解説や、コラム。御城印のデザインや材質の解説と御城印を集めていなくても楽しめる内容になっています。
(自分の写真もですが、団員さんの写真が使われているのがワクワクしますね。)

きゃみさんさん が  高越城(岡山県井原市) の写真をアップしました(2020-09-08)

伊勢盛定・盛時(北条早雲)の墓
伊勢盛定・盛時(北条早雲)の墓

法泉寺には北条早雲とその父・伊勢盛定の墓がありました。

きゃみさんさん が  高越城(岡山県井原市) の写真をアップしました(2020-09-08)

顕彰碑「北条早雲公と法泉寺」
顕彰碑「北条早雲公と法泉寺」

きゃみさんさん が  高越城(岡山県井原市) の写真をアップしました(2020-09-08)

史蹟 法泉寺
史蹟 法泉寺

きゃみさんさん が  高越城(岡山県井原市) の写真をアップしました(2020-09-08)

高越城と北条早雲
高越城と北条早雲

きゃみさんさん が最近のひとことを更新しました(2020-09-04)

NHKBSの不滅の名城「小田原城」。小田原城も楽しみですが発掘調査中の河村新城の映像が気になります。

きゃみさんさん が  井の内城(岡山県美作市) の写真をアップしました(2020-09-03)

美作市指定重要文化財(史跡) 井ノ内城
美作市指定重要文化財(史跡) 井ノ内城

案内板が新調されていたようです。

きゃみさんさん が  井の内城(岡山県美作市) の写真をアップしました(2020-09-03)

登城口と案内板
登城口と案内板

麓の案内板が新調されていたようなので写真を撮りに。
以前の朽ちた標柱も民家の塀に、、、

きゃみさんさん が  井の内城(岡山県美作市) を攻城しました(2020-09-03)

朽ちてた案内板が新調されているようなので写真を撮ってきました。廃校跡から南に少し歩いた場所で案内板のある坂も登城口で廃校奥の登城道と合流します。

きゃみさんさん の読者投稿欄「「山崎の戦い」にもし参陣するなら、明智方と羽柴方どっちがいいですか?」への回答が更新されました(2020-09-01)

岡山県生まれとしては羽柴方にやはりシンパシーを感じてしまいます。

きゃみさんさん が最近のひとことを更新しました(2020-08-22)

さっきやっていたNHKBSの「京都千年蔵・歴史ミステリー」にて「愛知 岡崎」のテロップと共に映し出されたお城に違和感。
どうみても「浜松城」です。NHKさんしっかりして下さい。

きゃみさんさん の読者投稿欄「【都道府県バッジ】あなたが思う、奈良県を代表するお城を教えてください(3つまでOK)」への回答が更新されました(2020-08-16)

順当に高取城、(大和)郡山城、宇陀松山城でしょうか。
大和といえば松永久秀の城も入れたかったところですが。

きゃみさんさん が  津山城(岡山県津山市) の写真をアップしました(2020-08-06)

修復中の本丸東側石垣
修復中の本丸東側石垣

2022年夏をめどに石垣の修復中です。
修復箇所は秋には紅葉の回廊になっていましたが伐採されたようですね。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

墨染の鎧 上 (文春文庫)

戦国時代に僧侶でありながら軍師の働きをし、下克上の世の中を生き抜いていった安国寺恵瓊(あんこくじえけい)の生涯を描いた物語です。
安芸武田家に生まれ、毛利家に攻められお家は滅亡して出家。
その毛利家の外交僧となり、才覚を認められて、戦国乱世に飛び込んでいく。
安国寺恵瓊を中心に、戦国時代初期より関ヶ原の戦いまで、戦国時代の各々の戦いが描かれており、改めて流れを理解できました。
城と一緒に各武将の紹介をしてくれているので、過去に攻めたお城ででも、もう一度行ってみたくなりました。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る