神戸城
神戸城

[三重県][伊勢] 三重県鈴鹿市神戸5-10


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.90(304位)
  • 見学時間:35分(337位)
  • 攻城人数:201(239位)

神戸城の案内板

神戸城の本丸内に立てられている案内板の内容を紹介します。
説明文のほか、縄張り図が記されています。

三重県指定・史跡
神戸城跡
昭和十二年十二月十四日指定

 伊勢平氏の子孫関氏の一族神戸氏は、南北朝時代(十四世紀)飯野寺家(いいのじけ)町の地に沢城を築いたが、戦国時代の一五五〇年には、この地に神戸城を築いて移った。
 神戸氏七代目友盛は、北勢に威を振るったが、信長軍の侵攻により永禄十一年(一五六八)その三男、信孝を養子に迎えて和睦した。
 信孝は、天正八年(一五八〇)ここに金箔の瓦も用いた五重の天守閣を築いた。しかし、本能寺の変後、岐阜城に移り、翌年秀吉と対立して知多半島で自刃し、文禄四年(一五九五)には天守閣も桑名城に移され、江戸時代を通して天守閣は造られず、石垣だけが残された。
 江戸時代、城主は一柳(ひとつやなぎ)直盛、石川氏三代を経て享保十七年(一七三二)本多忠統(ただむね)が入国する。
 本多氏の治世は、一四〇年間七代忠貫(ただつら)まで続き、明治八年(一八七五)城は解体される。
 その後、堀は埋められ城跡は神戸高校の敷地となった。天守台や石垣に悲運の武将を偲ぶことができる。平成十四年三月
鈴鹿市教育委員会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

神戸城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

ビジュアル・ワイド 日本の城

全国各地の城址がわかりやすい解説で紹介されています。

傾奇御免さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る