神戸城
神戸城

[三重県][伊勢] 三重県鈴鹿市神戸5-10


  • 平均評価:★★★☆☆ 2.94(242位)
  • 見学時間:34分(265位)
  • 攻城人数:210(242位)

蓮花寺鐘楼

三重県鈴鹿市東玉垣町にある蓮花寺の鐘楼は神戸城の二の丸太鼓櫓が移築されたものと伝わっています。

市指定文化財・建造物
蓮花寺鐘楼
昭和五十七年七月二十七日指定
蓮花寺

 この鐘楼は、神戸城二の丸の太鼓櫓であったが、明治八~九年の城郭解体により現在地に移築されたものである。
 創建の時代は不明であるが、初代藩主本多忠統(ただむね)が築城した寛延元年(一七四八年)以降、江戸時代後期と推定される。
 神戸城主、本多家の家紋である立葵の入った軒丸瓦、軒下の漆喰の垂れ下がり、音を伝える連子(れんじ)に往年の太鼓櫓の特徴をよく残している。
間口
三・九m
奥行
四・八m
棟までの高さ
四・九m
平成十一年三月 鈴鹿市教育委員会
   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

神戸城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

業政駈ける (角川文庫)

長野業政と家臣たちが箕輪城を舞台に甲斐武田軍と戦う姿を描いた戦国時代小説。
信玄や真田昌幸側を描いたものはたくさんあり、それらを読んで武田軍団は好きな方でしたがこの本を読んでいると最強武田軍団を翻弄する箕輪の小領主を応援せずにはいられません。
そして箕輪城行きたくて…ただ上野国はなかなか遠いです。どこまで史実に近いかは分かりませんが物語を知って現地を訪れるとまた感動が違いますよね。
いつか業政に想いを馳せながら箕輪城攻城するぞ!

solitarioさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る