犬山城
犬山城

[愛知県][尾張] 愛知県犬山市犬山字北古券65-2


  • 平均評価:★★★★☆ 4.01(15位)
  • 見学時間:1時間21分(56位)
  • 攻城人数:2264(5位)

高節凌雲霄

犬山城の天守前には、第9代犬山城主・成瀬正肥(まさみつ)公の顕彰碑があります。

成瀬正肥公は丹波篠山藩・第5代藩主、青山忠良公の三男として生まれました。
江戸時代末期の1855年(安政2年)に尾張藩の附家老で犬山城主の第8代当主成瀬 正住(まさずみ)公の養子となり、正住公の娘を正室としました。その後、成瀬正肥と改名して犬山城主となりました。

高節凌雲霄(こうせつりょううんしょう)(石碑)
第九代犬山城主成瀬正肥(まさみつ)公は、幕末から明治にかけて、国政の難しい時期に尾張藩主 徳川應勝を助け、勤王の立場で、諸問題を解決した。その功績を顕彰するもの。

犬山城は1617年(元和3年)以来、成瀬家が尾張藩最大の知行を領する附家老として犬山城主であり、城下町も整備していました。
江戸時代を通して幕府や朝廷からは独立大名と見られておらず、附家老として立場は陪臣でしたが、1868年(明治元年)の王政復古の際に「維新立藩」により朝廷から正式に大名と認められ、成瀬正肥公は犬山藩主として尾張徳川家の尾張藩から独立しました。

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

犬山城の城メモ一覧

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る