図録 本丸御殿の至宝 重要文化財名古屋城障壁画 大型本

この本は攻城団ライブラリーに収蔵されています

京都二条城二の丸御殿と並び、近世武家風書院建築の双璧と称された名古屋城本丸御殿。本丸御殿は惜しくも焼失したが、戦災を逃れ現代に遺された1049面の本丸御殿障壁画の殆どが重要文化財に指定されている。本図録は、平成19年に開催された名古屋市博物館特別展「本丸御殿の至宝‐重要文化財名古屋城障壁画‐」を契機として、名古屋城本丸御殿障壁画のほぼ全展を収録したもの。


たなとすさん

復元画ではなく原画の図録であるということ、本丸御殿の障壁画がほぼ全て収録されているということが凄い!この本があれば、本丸御殿でゆっくり鑑賞できなかった障壁画を思う存分見ることができます。
私は名古屋城本丸御殿のミュージアムショップで購入しました。


こうのさん

2007年(平成19年)に名古屋市博物館で開催された特別展「本丸御殿の至宝―重要文化財 名古屋城障壁画―」の図録。すべての障壁画がその位置とともに掲載されている珠玉の一冊だけど市販されてないのでいまとなっては入手困難。

Amazonの詳細ページを表示する

書籍の情報

タイトル 図録 本丸御殿の至宝 重要文化財名古屋城障壁画
著者 名古屋城本丸御殿PRイベント実行委員会
出版社 名古屋城本丸御殿PRイベント実行委員会
発売日 2007-04-27
価格 1851円
ページ数 174ページ
購入可能場所 名古屋城本丸御殿ミュージアムショップ

この書籍をいろんなキーワードで分類してみましょう。

  • まだ登録されていません
Amazonの詳細ページを表示する
攻城団はアフィリエイトプログラムを利用しており、このページから書籍を購入していただいた際に入る手数料は運営費の一部とさせていただいております

紹介されているお城

この書籍で紹介されているお城です。

ほかの本にレビューを投稿するには
以下の検索フォームで書籍を検索してください。検索結果にある「レビューを書く」という緑のボタンを押せば入力欄が表示されます。

Amazon検索ツール

ほかの書籍を検索することができます。

最近レビューされた書籍

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

家康はなぜ江戸を選んだか (江戸東京ライブラリー)

気になっていたので購入して読みました。
非常に平易でわかりやすい文章したのであっという間に読み終えましたね。
なぜ江戸を選んだのか?という点について、なるほどと思いましたが、ではなぜそれまでの統治者は鎌倉や小田原を選んだのか?と思っていたら、次の章で見事に説明されていました。うーん、やられました。その章で紹介されていた関東を利根川を境に東西に分けて大豪族層と中小国人層という分類、見方があるというのをはじめて知りました。非常に良い本だと思います!

しのはさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る