攻城団からのお知らせ

攻城団の各種お知らせ用のブログです。毎月のレポートや新機能のご紹介など、スタッフからのサイトに関するご連絡はここに書いていきます。

現在の熊本城を見てきました(震災4年7ヶ月目の復興状況を写真レポート)

熊本地震が起きた年から毎年つづけている現地レポートですが、今年は寄付金の持参とあわせて見学してきました。
前回訪問が去年の6月なので、1年ちょっとぶりの訪問ですね。

この1年あまりでもっとも大きく変わったのは、6月から始まった特別公開(第二弾)です。
「空中回廊」とも呼ばれる専用ルート「特別見学通路」が用意されており、熊本城の見どころのひとつである「二様の石垣」を間近に見つつ、本丸の天守前までいくことができます。

その画期的な特別見学通路から撮影した写真のほか、毎度のようにお城の周辺をぐるっと歩いてきたので、写真満載の熊本城最新レポートをご覧ください。

特別見学通路はめちゃくちゃすごい

まずはイチオシの特別見学通路からご紹介しますが、これを考えた人に100個くらい「あっぱれ!」したいです。

城彩苑から未申櫓前に出る階段をのぼって、右に進むと特別見学通路です。
(左に進むと従来どおり二の丸駐車場経由で二の丸広場に)

入場料は500円ですが、その価値はぜったいにあるので迷わずゴーです。

週末(土曜日)の午後でもこのくらいの混雑なら安心ですね。
(前日の午後も訪問したのですが、もっと空いてました)

最初に見えるのが数寄屋丸二階御広間です。

手前に本丸御殿、そして大天守が見えてきます。

この高さから見る大天守がカッコいいです。

リアルな視点としてはこのくらいです。すごくないですか?

二様の石垣もこんなふうに見ることができます。

反対側は竹の丸からの連続枡形なのですが、ここは崩落した石垣がまだそのままです。

さらに進みます。

こういう立体的なアプローチは江戸時代はもちろん、現代でもなかなかないことなので貴重です。

さあ本丸に近づいてきました。
まずは本丸御殿の下をくぐります。

闇り通路も本丸御殿したの部分は通行できませんが、手前から撮影は可能です。

そのまま進むと本丸です!

大小天守も外観はほぼ工事が終わっていて(年内には完了予定)、クレーンも1台になってました。

大天守最上階には工事の人がいました。

こんな間近でクレーンと天守を写真におさめることができるというのもすごいレアですよね。

この日は土曜日なのでここまでしか行けなかったのですが、日曜祝日は工事が休みなのでここから宇土櫓や頬当御門のほうまで開放されます。

ほんとに素晴らしかったです。
この空中回廊は復興が進めば撤去されるんだと思いますが、全国のお城めぐりをしてきた中ではじめての体験でした。
ぜひ存在しているうちに熊本城を訪問してほしいです。

個人的にはこういう視点を上げないとぜったいに見えない角度から天守や櫓が見えることにテンションが上りまくりでした。

その他の復興状況

お城のまわりをぐるっと見てきたので、以下はそれぞれの場所についてのレポートをお届けします。

熊本大神宮〜東十八間櫓〜北十八間櫓〜平櫓

今回は熊本ホテルキャッスルに宿泊したので、お城の北東側を歩いてみました。

震災当時は建物の倒壊や石垣の崩落が激しかったところですが、この数年で瓦礫の撤去が終わっています。

そのまま見学通路から北十八間櫓跡へ。

建物が撤去されたので大天守が見えてますね。

平櫓は撤去されています。
去年来たときは石垣の隅に建物が残っていましたが、いまは石垣を支える仮設構台だけになっています。

ここから少し歩いたところからちらっとのぞく大小天守がけっこう好きです。

毎年見てきたからわかるのですが、めちゃくちゃきれいになってますね。
以前はこの棒庵坂の下にも石がたくさん並べられていましたが、すっかり元通りです。

監物櫓〜百間石垣〜旧細川刑部邸

監物櫓も撤去されていました。

ここの城址碑はすごく立派なんですよね。

百間石垣です。

紅葉シーズンということで、旧細川刑部邸の庭園が無料開放されていました。

震災前にも紅葉シーズンに来たことがありますが、きれいなところですね。

12月6日までは夜にライトアップもされるので、いくつか竹のオブジェが設置されていました。

建物にはまだ入ることができません。

壁も倒れているし、建物のダメージも大きそうですね。

加藤神社

七五三で家族連れがたくさん来てました。

午前中は逆光になるので加藤神社からの撮影はオススメしません。
とくにこの日は雲ひとつない快晴だったので困りました。

のぼり旗で太陽を隠そうとしましたがダメですね。

新ルート完成!

その加藤神社と二の丸を結ぶ新しい見学ルート(北口ルート)ができていました。

これまで加藤神社に行くには、二の丸広場を縦断して大きく迂回する必要がありましたが、この北口ルートを通れば西大手櫓門のところまで最短ルートで抜けることができます。

戌亥櫓も反対側から接近して見れるんです。
損傷が激しいのがよくわかりますね。

こんなふうに塀の裏側すぐそばを通ります。

突き当りを曲がると二の丸広場との間にある空堀(と部分的な水堀)のところに出ます。

奉行丸の石垣部分だけはなかなか手がつけられていないですね。

このルートができたので市役所・二の丸広場・加藤神社と熊本城のフォトスポットをまわるのがずいぶん楽になりました。

二の丸広場〜戌亥櫓

大小天守の外観がほぼ修復された状態で見るのははじめてです。

大天守も当時は瓦が全部落ちていたのにきれいになりました。

宇土櫓はいったんすべて解体した上で修復されるそうなので、こうして見ることができるのもあと数年になりそうです。

週末でしたが、二の丸広場の人出も少なかったですね。
親子で遊ぶにはちょうどよさそうでした。

戌亥櫓は昨年と同じ状態のように見えました。

下に降りて近くから見ることができるのですが、ぼく以外誰も降りてませんでした。

なかなかの迫力なのでオススメです。
(ここも午前中は逆光になるので午後のほうがいいです)

熊本市役所14階〜長塀

いつものように熊本市役所の14階に上がって全体像を見てみました。

特別見学通路もチラッと見えてますね。

飯田丸五階櫓下の石垣から見つかった加藤清正が築城した当時の古い石垣のところには前回はクレーンがまだあったのですが、今回はもうなくなっています。

風雨にさらされなかったのできれいなまま残っています

全体的にクレーンの数がすごく減ってるなという印象を受けましたが、工事が進んでいる証ですね。

長塀(ながべい)は前回訪問したときは足場が組まれていましたが、すべて撤去されて石垣が見えるようになりました。
石垣の上の築地塀部分もきれいに修復されています。

下の写真は前日に撮影したので曇天ですが馬具櫓との接続部分まできれいに復元されていますね。

夜のライトアップもおこなわれてましたよ。

そして来春からはいよいよ天守の公開!

来年4月26日からは天守内部の公開がはじまります。
いまはまだ損傷の激しかった小天守の外観を工事中ですが、これも新年には完了し、そこから3月までに内観工事も終えて、公開に進むスケジュールとなっています。

以前と同様、小天守が入口になるのですが、芳名版は現在、湧々座に置いてあるデジタル芳名版を踏襲して震災前のような見渡すかぎりの芳名版はなくなるそうです。これは震災後にたくさんの方が復興城主として寄付されたため、物理的に展示しきれないというのも大きいとか。
ぼくはけっこう前に一口城主になっていたので自分の名札を確認したり(ただし掲示名は「攻城団」でお願いしてました)、芸能人の方の名前を見つけるのも楽しかったのですが、掲示しきれないくらいの寄付が集まったと考えれば致し方ないですね。

なお宇土櫓の解体は決まっているため、大天守から宇土櫓を見るには早めに訪問したほうがいいかもしれませんね。
以下は震災前の2012年(平成24年)に大天守から見た宇土櫓です。よく撮ってたなあ。

この日はコースケさんもいっしょに訪問してましたが、おじさんふたりが興奮して写真を撮りまくっていました。

ちなみに1年前の様子はこちらです。
けっこうちがってるので見比べてみてください。

来年以降もできるだけ熊本城を訪問して工事の進み具合などをレポートしていきたいと思います。
チャリティ的な企画もまたやりたいと思いますので、その際はぜひご参加・ご支援くださいね。

12月6日までは夜間公開も開催中なのでこちらもぜひ。

【11/20〜12/6、熊本市】熊本城で夜間公開を実施 - お城ニュース - 全国で開催されるお城や歴史関連のイベント情報まとめ

11月20日より、熊本城では特別公開エリア(特別見学通路等)をライトアップした夜間公開イベントが開催されます。

熊本城の夜間公開にいってきました(12/6まで!) - 攻城団ブログ - お城や歴史のおもしろくてためになる記事がいっぱい!

現在、熊本城でおこなわれている夜間公開にいってきました! ちょうど本丸の大銀杏も紅葉が見頃でしたよ。

熊本応援グッズ販売中

現在、攻城団では熊本城の復興を支援するためにオリジナルのTシャツや御城印帳などを製作し、販売しています。ここでしか買えないグッズばかりなので、ちょっと覗いてみてください。

熊本応援グッズを見てみる

   
この記事のURLとタイトルをコピーする
これからあなたが訪問するお城をライフワークとして記録していきませんか?(過去に訪問したお城も記録できます)新規登録(登録は無料です)

最新記事

「大分県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第31弾として「大分県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

新連載「戦国時代の境界大名」がはじまります

  • お知らせ

榎本先生の連載「戦国時代の境界大名」がはじまります。メジャーな戦国大名に比べて、どうしても地味な扱いをされることの多い国衆や中小領主ですが、彼らのほとんどが滅亡の道をたどる一方で、真田家や井伊家のように近世大名として生き残った一族もいます。その差はどこにあったのか、戦国時代の処世術を見てみましょう。

つづきを読む

攻城団レポート(2020年12月)

  • 月次レポート

毎月恒例の月次レポートを公開します。12月は寒くなったことに加えて、世の中の空気的な影響もあり、アクセスは大きく下がりました。こればっかりはしょうがないですね。

つづきを読む

2019年10月〜2020年9月期のサポーターによる支援状況の報告とお礼

  • サポーター

昨年度のサポーターのみなさんによるご支援の状況についてまとめました。ほんとうにありがとうございました。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします!

つづきを読む

「岐阜県三名城」のバッジを公開しました

  • お知らせ

みなさんの投票を参考に【都道府県バッジ】シリーズの第30弾として「岐阜県三名城」のバッジを公開しました。

つづきを読む

記事の検索

あなたのお城巡りをより便利に快適に、そして楽しくするためにぜひ登録してください。

新規登録(登録は無料です)

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る