岡山城の検索結果

こんなタグが見つかりました。

20件の記事が見つかりました
  • 城メモ

    岡山城の御城印

    岡山城では4種類の御城印が販売されています。

  • 江戸300藩

    攻城団 | 作手藩のガイド

    「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

  • 江戸300藩

    攻城団 | 柳川藩(柳河藩)のガイド

    「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

  • 江戸300藩

    攻城団 | 三池藩のガイド

    「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

  • 江戸300藩

    攻城団 | 松崎藩のガイド

    「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

  • 江戸300藩

    攻城団 | 久留米藩のガイド

    「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

  • 江戸300藩

    攻城団 | 福岡藩(筑前藩)のガイド

    「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

  • 江戸300藩

    攻城団 | 東蓮寺藩(直方藩)のガイド

    「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

  • 江戸300藩

    攻城団 | 岡山藩(備前藩)のガイド

    「攻城団」はあなたが日本全国の城を巡った訪問記録を保存できるサービスです。もちろん全国各地のお城について、その見所やうんちくのほか、駐車場などのアクセスに関する情報も検索できますので、次に訪問するお城を探す際にもぜひご利用ください。

  • 城メモ

    岡山城のご当地フォルムカード

    岡山県内の郵便局で限定販売されている岡山城のご当地フォルムカードがあります。

  • 城メモ

    岡山城のオリジナルポストカード

    現地の郵便局で限定販売されている岡山城のオリジナルポストカードがあります。

  • 城メモ

    林原美術館

    林原美術館は岡山藩主・池田家の伝来品が数多く収蔵されている美術館です。

  • 城メモ

    岡山城のパンフレット

    岡山城事務所によって作成された岡山城の公式パンフレットです。

  • 城メモ

    伊部櫓跡

    伊部櫓は岡山城本丸にあった2重3階の櫓です。

  • 城メモ

    小納戸櫓跡

    小納戸櫓は岡山城本丸にあった2重2階の櫓です。

  • 城メモ

    廊下門

    廊下門は岡山城の搦手門で、1966年に鉄筋コンクリート製で再建されました。

  • 城メモ

    表書院(表向御殿)

    表書院は岡山城内最大の御殿で、最高の格式を有する藩主の公邸兼藩庁でした。

  • 城メモ

    六十一雁木上門(要害門)

    六十一雁木には上下に門がありましたが、1966年に上門だけ再建されました。

  • 城メモ

    岡山城天守閣内備前焼工房

    岡山城には、備前焼の土ひねりを体験することができる体験施設があります。

  • 城メモ

    岡山城のライトアップ

    岡山城は毎日、日没から24:00までライトアップしています。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る