山鳩(やまばと)さん 家老 サポーター   フォロー

お城、好き好き〜♪いち推しは置塩城からの移築と伝わる姫路城・との一門です。見学ルートからは外れてますが門扉が開いている様子をイの渡櫓から見下ろしてはニンマリしてます。

山鳩さんのタイムライン

山鳩さん が最近のひとことを更新しました(2024-02-19) 固定表示

2/17の城たび〈姫ちゃりで巡る、姫路城中堀周回ツアー〉を計画した山鳩です。2月の閑散期を狙っての自転車ツアーでしたが、天候に恵まれて(無風、ときおり素晴らしい快晴)予定通りに開催できました。5年前、ちょっとお城に興味を持っただけのお城ビキナーが姫路城の土塁を、しかもお城に超詳しい皆さんにご案内する日が来ようとは、攻城団はスンゴイ拠り所です。皆さんに育てて頂いたと思っています。
 次の城たびを企画されたtoproadさんへ、せん越ながら、どうぞご自身が楽しまれてください。攻城団の団員の皆さんはそれぞれにお城の楽しみ方をお持ちです。ツアーというジグソーパズルの最後の方のパーツは参加される皆さんがあたたかくニコニコ埋めてくださると思います😊

山鳩さん が  川島城(徳島県吉野川市) の写真をアップしました(2024-02-21)

天守を見上げて
天守を見上げて

格子窓の柱は面取り、石落としは壁の中間に設置されシャープなフォルム。サッシの窓枠もなかなか凝っている。そして土台の青石!

山鳩さん が  川島城(徳島県吉野川市) の写真をアップしました(2024-02-21)

岩の鼻展望台より、吉野川下流方向
岩の鼻展望台より、吉野川下流方向

右手に潜水橋、左手に阿波の青石の露頭

山鳩さん が  川島城(徳島県吉野川市) の写真をアップしました(2024-02-21)

岩の鼻展望台より
岩の鼻展望台より

吉野川が見渡る立地。中洲の河原に阿波の青石が露出している。

山鳩さん が  脇城(徳島県美馬市) の写真をアップしました(2024-02-21)

カドノハナの看板
カドノハナの看板

看板「脇城の重要な軍港だったこのあたりは「カドノハナ」と呼ばれ、東林寺へ続く道は重要な動脈だった。「ハナ」とは城郭の突端部を示す。廃城になってからは商業港として町に繁栄をもたらした。」うだつの町並みの一本南側。この川は古地図では吉野川とある。

山鳩さん が  脇城(徳島県美馬市) の写真をアップしました(2024-02-21)

城址
城址

この段の上を進みましたが竹藪のため断念

山鳩さん が  脇城(徳島県美馬市) の写真をアップしました(2024-02-21)

縄張り図のアップ
縄張り図のアップ

山鳩さん が  脇城(徳島県美馬市) の写真をアップしました(2024-02-21)

資料
資料

道の駅売店「藍蔵」2階の雑誌コーナーに立てかけてありました。配布資料は無いそうです。他にもう一枚、秀吉の四国平定の資料も。

山鳩さん が  徳島城(徳島県徳島市) を攻城しました(2024-02-21)

山鳩さん が  川島城(徳島県吉野川市) を攻城しました(2024-02-21)

阿波川島駅から県道156号線で向かうと天守がズンズン近づいてくる感じ。模擬とはいえ天守台石垣は阿波の青石か。これを背にしてちょっと登ると日本遺産「岩の鼻展望台」があり吉野川の絶景と潜水橋が見えた。

山鳩さん が  脇城(徳島県美馬市) を攻城しました(2024-02-21)

山鳩さん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2024-02-19)

東部中濠
東部中濠

復元された堀。鉄平石は石積が想定されるラインを示している。内曲輪側は当時から土塁。(2024年2月上旬の様子)

山鳩さん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2024-02-19)

天守群北面(中濠の土塁から)
天守群北面(中濠の土塁から)

2024年2月上旬の様子

山鳩さん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2024-02-19)

北部中濠の北西角
北部中濠の北西角

樹木の伐採が進み土塁の様子が良くわかる。北部中濠北側は桜並木。(2024年2月上旬の様子)

山鳩さん が  姫路城(兵庫県姫路市) の写真をアップしました(2024-02-19)

北部中濠の北西角
北部中濠の北西角

清水地蔵尊のところ。手前の鉄平石はかつて石垣が想定されるラインを示す。(2024年1月撮影)

山鳩さん が「 伏見城 御城印 ご当地ぼんてん・まる版」をコレクションしました(2024-02-13)

山鳩さん が  宇陀松山城(奈良県宇陀市) の写真をアップしました(2024-02-12)

夕映えの本丸西虎口
夕映えの本丸西虎口

山鳩さん が  宇陀松山城(奈良県宇陀市) の写真をアップしました(2024-02-12)

本丸中央部分(南西から)
本丸中央部分(南西から)

写真奥から、天守郭(案内板の表記)の石垣、多聞櫓の石垣、手前のトラロープの向こうに本丸南東虎口の石段。その先に広がる東帯曲輪(発掘調査中)。

山鳩さん が  宇陀松山城(奈良県宇陀市) の写真をアップしました(2024-02-12)

本丸南東虎口の石段
本丸南東虎口の石段

「本丸•天守郭構造復元図」によると石段の上には櫓門があったとされる。奥に西帯曲輪(発掘調査中)が見える。

山鳩さん が  宇陀松山城(奈良県宇陀市) の写真をアップしました(2024-02-12)

松山西口関門(黒門)の内側
松山西口関門(黒門)の内側

江戸時代初期のもの。扉は透門タイプ。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

巨匠 狩野探幽の誕生 江戸初期、将軍も天皇も愛した画家の才能と境遇 (朝日選書)

探幽の作品の解説と共に、狩野派の長として組織作りや有力者との交流をどのように進め、狩野派の発展存続に努めたのか、探幽を立体的に捉えたい方にはお薦めの一冊です。

十林寺さん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る