さあやん(さあやん)さん 大老 サポーター   フォロー

備中国在の週末攻城兵。たまに金曜もくっつけて休んで活動します。
どのように行くか攻城プランを練るときが一番楽しいですね。攻城当日はアクシデントも楽しみながら、それぞれのお城の特色を勉強しています。

さあやんさんのマイベストキャッスル

1 姫路城(兵庫県姫路市) 姫路城(兵庫県姫路市)
2 彦根城(滋賀県彦根市) 彦根城(滋賀県彦根市)
3 松本城(長野県松本市) 松本城(長野県松本市)
4 金沢城(石川県金沢市) 金沢城(石川県金沢市)
5 津山城(岡山県津山市) 津山城(岡山県津山市)
6 備中松山城(岡山県高梁市) 備中松山城(岡山県高梁市)
7 岡城(大分県竹田市) 岡城(大分県竹田市)
8 七尾城(石川県七尾市) 七尾城(石川県七尾市)
9 津和野城(島根県津和野町) 津和野城(島根県津和野町)
10 今帰仁グスク(沖縄県今帰仁村) 今帰仁グスク(沖縄県今帰仁村)
あなたも自分だけのマイベストキャッスルを披露してみませんか?
マイベストキャッスルを設定する

みんなのベストキャッスルを表示する

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

図説 近世城郭の作事 天守編

江戸城天守を再建する会の特別顧問をされている三浦正幸先生が書かれた著書で三浦先生のお話は講演会等でよくお聞きしているので、お城の構造について勉強したく手に取りました。前半は天守の外壁、窓、狭間、石落、そして基本的構造について詳細に解説されており、外壁の仕上げ、屋根、破風の形に格式の上下があることを知り、今後天守の見方が変わるように思えました。後半は現存12天守、失われた天守の詳細説明がされています。熊本城の宇土櫓が第一期普請で建てられた初代天守であることを初めて知りました。この一冊で天守の構造に付いてほぼ網羅していると思いますので、天守の構造について詳しく知りたい人にはお勧めです。なお、続編として「櫓・城門編」もあるようですのでそちらも読んでみようかと思います。

まーちゃんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る