こうの(こうの)さん 家老   フォロー

攻城団の団長をやっています。お城や歴史が好きですが、お城や歴史を好きな人と話すのはもっと好きです。
なにか気づいたことや気になることがあれば、いつでも何度でもメールしてくださいね。

こうのさんのタイムライン

こうのさん が  桑折西山城(福島県桑折町) を「行きたいお城」に登録しました(2021-11-24)

こうのさん が  坂本城(滋賀県大津市) を攻城しました(2021-11-18)

琵琶湖の水位低下で露出した石垣を見に行く。キーエンスの施設の脇にあるあぜ道から琵琶湖畔に出るとあります。

こうのさん が  坂本城(滋賀県大津市) の写真をアップしました(2021-11-18)

石垣
石垣

こうのさん が  坂本城(滋賀県大津市) の写真をアップしました(2021-11-18)

水面から露出した石垣
水面から露出した石垣

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-14)

西門枡形の石垣
西門枡形の石垣

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-14)

西門にある門番による落書き(彫刻)全体
西門にある門番による落書き(彫刻)全体

めちゃくちゃ彫りまくってるのがよくわかります。

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-14)

西門にある門番による落書き(彫刻)
西門にある門番による落書き(彫刻)

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-14)

西門にある門番による落書き(彫刻)
西門にある門番による落書き(彫刻)

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-14)

西門にある門番による落書き(彫刻)
西門にある門番による落書き(彫刻)

こうのさん が  二条城(京都府京都市) を攻城しました(2021-11-14)

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-10)

唐門ライトアップ
唐門ライトアップ

遅い時間だと無人で撮影できます。

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-10)

唐門ライトアップ(西側)
唐門ライトアップ(西側)

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-10)

唐門ライトアップ(東側)
唐門ライトアップ(東側)

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-10)

唐門ライトアップ(格天井)
唐門ライトアップ(格天井)

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-10)

唐門ライトアップ(格天井)
唐門ライトアップ(格天井)

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-10)

唐門ライトアップ
唐門ライトアップ

扉が閉まった状態だといつもプロジェクションマッピングされてたので、この写真が撮れるのはけっこう貴重な機会かもしれません。

こうのさん が  二条城(京都府京都市) の写真をアップしました(2021-11-10)

東大手門ライトアップ
東大手門ライトアップ

こうのさん が  二条城(京都府京都市) を攻城しました(2021-11-10)

こうのさん が最近のひとことを更新しました(2021-11-08)

攻城団テレビと攻城団ラジオの最新番組をタイムライン上で見れる(聞ける)ようにしました。
いろんなところでコンテンツを配信してますが、なるだけあちこち移動しなくていいようにしますね。

こうのさん が 書籍執権義時に消された13人ー闘争と粛清で読む「承久の乱」前史」にレビューを投稿しました(2021-11-07)

2022年大河ドラマの副読本というか予習本になりえる一冊。
鎌倉時代初期の主要人物について、北条義時との関係性を軸にひとりずつ紹介されています。初心者向けに書かれているので予備知識なしでも大丈夫です。むしろこの本を最初に読んでからほかの先生が書かれたより詳しめの本を読んでいくスタイルがいいかと。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

火天の城 (文春文庫)

熱田の宮大工父子が織田信長の命を受け、近江の安土山に空前の巨大な天主を築き上げる物語。大工以外にも石工や瓦職人、木こりといった戦国武将以外の登場人物を生き生きと描き出し、松本清張賞を受賞したユニークな力作だ。親子の葛藤や若い棟梁の成長物語といった小説としての作法のほか、普請の様子が丁寧に書かれているところも、城好きにとっては魅力的といえる。

CLADさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る