ぴんぞう()さん 太閤 サポーター   フォロー

◎2015年から城に興味が出て城巡りを始めました。公共交通機関を使って巡っているので場所によっては大変です。
〇2021年の目標「攻城団登録数都道府県別30%以上」は未達であり、2022年も継続します。
◎2022年の目標は、攻城人数が10人未満の城を10城攻城とします(自分を含まない攻城時点の人数)。
◎欧州城巡りもやっています(100名城は38/100)。ただ新型コロナの影響で当面中断。2023年には再開したいがまだ厳しいか。

ぴんぞうさんのタイムライン

ぴんぞうさん が  浄福寺城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2022-01-24)

堀切
堀切

北東尾根

ぴんぞうさん が  浄福寺城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2022-01-24)

竪堀
竪堀

畝状竪堀の東側

ぴんぞうさん が  浄福寺城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2022-01-24)

堀切
堀切

東南東尾根の南東側分岐部

ぴんぞうさん が  浄福寺城(東京都八王子市) の写真をアップしました(2022-01-24)

竪堀
竪堀

南東尾根の先端付近の東へ落ちる竪堀

ぴんぞうさん が最近のひとことを更新しました(2022-01-23)

元々金曜休んで3日間の遠征城巡りを考えていましたが、まん防が始まってしまったため、2/13までの遠征をすべてキャンセルして、当面は日帰り城巡りとすることにしました。1/21は小山城と勝間田城、1/22はなし、1/23は浄福寺城と小田野城を散策しました。
移動ルートは以下。
1/21:藤枝駅→片岡北吉田特別支援学校バス停→小山城→片岡北吉田特別支援学校バス停→島田駅→金谷駅→中島バス停→勝間田城→中島バス停→金谷駅
1/23:八王子駅→大久保バス停→浄福寺城→小田野城→タウン入口バス停→高尾駅
小田野城は何とも言えないが、小山城、勝間田城、浄福寺城は中々良かった。
写真は、1/21の勝間田城からの富士山

ぴんぞうさん が  小田野城(東京都八王子市) を攻城しました(2022-01-23)

ぴんぞうさん が  浄福寺城(東京都八王子市) を攻城しました(2022-01-23)

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

堀切
堀切

出曲輪の西側

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

堀切
堀切

南曲輪の南西の二重堀切

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

掘立柱建物
掘立柱建物

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

堀切
堀切

三の曲輪東の二重堀切の東側の方

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

堀切
堀切

西三の曲輪北西

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

堀切
堀切

五重堀切東から1番目

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

堀切
堀切

本曲輪北西

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

堀切
堀切

南曲輪西

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) の写真をアップしました(2022-01-22)

縄張り図
縄張り図

案内板から

ぴんぞうさん が  小山城(静岡県吉田町) の写真をアップしました(2022-01-21)

空堀
空堀

三重堀南側の空堀

ぴんぞうさん が  小山城(静岡県吉田町) の写真をアップしました(2022-01-21)

大手門跡
大手門跡

門はなくなっていました

ぴんぞうさん が  勝間田城(静岡県牧之原市) を攻城しました(2022-01-21)

ぴんぞうさん が  小山城(静岡県吉田町) を攻城しました(2022-01-21)

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

家康はなぜ江戸を選んだか (江戸東京ライブラリー)

気になっていたので購入して読みました。
非常に平易でわかりやすい文章したのであっという間に読み終えましたね。
なぜ江戸を選んだのか?という点について、なるほどと思いましたが、ではなぜそれまでの統治者は鎌倉や小田原を選んだのか?と思っていたら、次の章で見事に説明されていました。うーん、やられました。その章で紹介されていた関東を利根川を境に東西に分けて大豪族層と中小国人層という分類、見方があるというのをはじめて知りました。非常に良い本だと思います!

しのはさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る