aries4mu()さん 奉行   フォロー

攻城団 x 御城印 x 御朱印 x ご当地グルメ

aries4muさんのマイベストキャッスル

たくさんある城跡の中で、「また行きたい」を何度も実行したのが個人的ベストなんだと思います。距離や状況、思い入れにもよるでしょうが、現時点で外せない城だけを選びました。
1 彦根城(滋賀県彦根市) 彦根城(滋賀県彦根市)
何度でも行きたくなる。 多分10回以上は行ったかな。 その景観や建造物はただの美しさではなく、佐和山城他近隣の城の意志を部材として引き継いで、今もなお生き続けている歴史がある。 江戸時代に重役を務めてきた井伊家。平和な世を願う象徴でもあると思う。
2 岡崎城(愛知県岡崎市) 岡崎城(愛知県岡崎市)
何度でも行きたくなる。 何回行ったか覚えちゃいないが飽きない。地元で1番近い大きな城だから?そう言うのもあるかも知れないが。 昨今ブームのように城郭や史跡が取り上げられているが、岡崎はきっと江戸の頃からずっと、街として岡崎をどう魅せて伝えて行くかを地域の方々が考え続けてきたのだな。それが伝わってくる。 城郭そのものだけでなく、街として好き。
3 五稜郭(北海道函館市) 五稜郭(北海道函館市)
何度でも行きたくなる。 1年間北海道に住んでいたが10回くらい行けるだけ行った。 ただこれはどちらかというと新撰組および土方歳三副長が好きと言うブーストが強いが、それも個人的ランキングならでは。
あなたも自分だけのマイベストキャッスルを披露してみませんか?
マイベストキャッスルを設定する

みんなのベストキャッスルを表示する

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 (日経文芸文庫)

嘉吉元年1441年、時の将軍足利義教が赤松一族に殺される、いわゆる、嘉吉の乱からはじまる物語です。
播磨、備前、美作の守護を領していた大大名が、何故時の将軍を討ったのか、結果、討ち滅ぼされてから、お家再興のため、悪党と呼ばれながらも時代の流れに抗う様が描かれております。
昔よくいったお祭り、奇祭さいれん坊主が赤松一族の霊を弔うものとは知りませんでした。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る