aries4mu()さん 奉行   フォロー

攻城団 x 御城印 x 御朱印 x ご当地グルメ

aries4muさんのタイムライン

aries4muさん が  岡崎城(愛知県岡崎市) の写真をアップしました(2024-04-08)

桜と天守南側
桜と天守南側

aries4muさん が「 吉田城 御城印 特別版 切り絵」をコレクションしました(2024-04-07)

aries4muさん が最近のひとことを更新しました(2024-04-07)

いつもお世話になっております。
そしてご無沙汰しております。。

ワタシにとっては平常運転ですが、また岡崎城に出没いたしました。
葉桜になりつつありますがまだまだ桜綺麗でしたよー!
そして多忙な中なのに友人数名から誘われてポケモンgo復帰致しました。。
知らぬ間に「ルート機能(ジムやスポットを繋いで行程を作れる)」が実装されていまして、せっかくなので攻城団らしいルートを作ってみました(画像)。
「さくらまつり」の岡崎城たくさんの人で賑わっていましたよ。

それでは、ご自愛ください。

aries4muさん が  岡崎城(愛知県岡崎市) を攻城しました(2024-04-07)

aries4muさん が  平岩城(愛知県岡崎市) を攻城しました(2024-04-07)

aries4muさん が  沓掛城(愛知県豊明市) の写真をアップしました(2024-03-17)

二の丸側から本丸への眺め
二の丸側から本丸への眺め

aries4muさん が  沓掛城(愛知県豊明市) の写真をアップしました(2024-03-17)

主郭と諏訪曲輪との堀
主郭と諏訪曲輪との堀

aries4muさん が  西大平陣屋(愛知県岡崎市) を攻城しました(2024-03-17)

aries4muさん が  岡崎城(愛知県岡崎市) を攻城しました(2024-03-17)

aries4muさん が  沓掛城(愛知県豊明市) を攻城しました(2024-03-17)

aries4muさん が  六栗城(愛知県幸田町) の写真をアップしました(2024-03-03)

今年1月の城址碑
今年1月の城址碑

城址碑の両脇に植樹され、その奥に五輪塔が建てられています

aries4muさん が  六栗城(愛知県幸田町) の写真をアップしました(2024-02-25)

公開したての城址碑
公開したての城址碑

2023年9月末に公開。現在は植樹や五輪塔などが配置されています。

aries4muさん が  六栗城(愛知県幸田町) を攻城しました(2024-02-25)

aries4muさん が  六栗城(愛知県幸田町) を攻城しました(2024-02-25)

aries4muさん が  六栗城(愛知県幸田町) を攻城しました(2024-02-25)

aries4muさん が  若林城(愛知県豊田市) を攻城しました(2024-02-25)

aries4muさん の読者投稿欄「攻城団のサイトを利用する上でのマイルールなどがあったら教えてください」への回答が更新されました(2024-02-01)

①攻城した
・ただ通過しただけの場合記録しない
・日時を忘れたお城は記録してない
(未登録含め実際に行ったことあるお城はたくさんある)
②写真をアップする
・写真はヨコ向きのみ
・画像加工を「1977」にする
(写真一覧でタテヨコ混ざるのがイヤ)
③タグ
・三河国のお城や御城印に必ず「三河」を入れる
(実は同国のお城1つ1つにタグがやたら多いのはワタシのせいですが、それだけゆかりのあるお城が多い)
④あっぱれ!
・モブ天守アイコンのお城写真投稿はなるべく「あっぱれ!」する
(誰かしらの写真が採用されてほしいので)

aries4muさん が  岩略寺城(愛知県豊川市) の写真をアップしました(2024-01-28)

井戸曲輪の土塁からお社と城址碑、奥には井戸跡、その手前は石積?
井戸曲輪の土塁からお社と城址碑、奥には井戸跡、その手前は石積?

ちょっと欲張り過ぎました

aries4muさん が  岩略寺城(愛知県豊川市) を攻城しました(2024-01-27)

aries4muさん が  井代城(愛知県新城市) の写真をアップしました(2024-01-18)

主郭と愛宕神社を階段下から
主郭と愛宕神社を階段下から

ちょっと城址っぽさが強くなります

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

悪党の戦旗 嘉吉の乱始末 (日経文芸文庫)

嘉吉元年1441年、時の将軍足利義教が赤松一族に殺される、いわゆる、嘉吉の乱からはじまる物語です。
播磨、備前、美作の守護を領していた大大名が、何故時の将軍を討ったのか、結果、討ち滅ぼされてから、お家再興のため、悪党と呼ばれながらも時代の流れに抗う様が描かれております。
昔よくいったお祭り、奇祭さいれん坊主が赤松一族の霊を弔うものとは知りませんでした。

デュラけんさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る