てつ()さん 大老 サポーター   フォロー

蜘蛛の巣・蜂・猪・熊に怯えながら、縄張り図を片手に藪へ侵入…! 忘れ去られた城址で、縄張り図に導かれて堀や土塁の痕跡を見つけるのが、至福の時間です。山城攻略時はベアベルを持参しましょう。

てつさんが過去に回答した読者投稿欄のお題

古い順

なんといっても、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館ではないでしょうか。
古代から現代までの豊富な資料の数々!収蔵品・展示物をじっくり見て回ると、丸一日あっても足りないほどです。
その立地も佐倉城内の一角にあり、近隣には本佐倉城や臼井城、飯重城・寺崎城といった大小さまざまな土の城が満載の、城好きにはたまらないロケーションです。
季節によって表情豊かな城址ですので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

難しいお題で結構悩みましたが、自分が「お城好きなんです!」と、他の人に言えるようになった時ではないでしょうか?
他人にそれを言えるって、相手から質問を受けてもある程度答えられる状態=自分の知識や情熱を伝えられる自信がないと、なかなか言えないと思うので…。
それは現存天守や遺構を見てどこの城が言い当てられるとか、石垣の構造についてある程度知っているだとか、城の歴史の概略を説明できるとか、人によってまちまちでしょうが、脱初心者の領域かなと思います。

フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

天地雷動 (角川文庫)

「長篠の合戦」を武田信玄の死から書き起こし克明に描く。勝頼は信玄の遺産である宿老たちを掌握できず苛立ち、家康は武田の圧力に対抗するため信長との同盟に神経をすり減らし、秀吉は信長の戦略を実現するために知恵を振り絞り奔走する。「鉄砲の三段撃ち」は武田軍が突撃してこなければ成り立たない。なぜ勝頼はそうしたのか、そこにいたる過程を様々な視点から描いていて見事だ。宮下帯刀ら戦の最前線に立つ地侍や足軽の戦いの様子も描かれている。また、長篠城、高天神城をはじめ数多くの城が登場し築城や攻城戦の様子が描かれている。

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る