湯どうふ()さん 家老   フォロー

入団は2020年6月。
城巡りは3年ほど前よりボチボチと。100名城、続100名城を中心に。
基本、公共交通機関しか使用しません。
日帰りで行けそうなお城が少なくなってきた…。

湯どうふさんのタイムライン

湯どうふさん が  亀山城(京都府亀岡市) の写真をアップしました(2022-09-10)

石垣
石垣

積みなおされた部分かと

湯どうふさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) の写真をアップしました(2022-09-10)

水堀外から
水堀外から

湯どうふさん が  黒井城(兵庫県丹波市) の写真をアップしました(2022-09-10)

本丸から北を望む
本丸から北を望む

遠くまでかなり見渡せます

湯どうふさん が  国吉城(福井県美浜町) の写真をアップしました(2022-09-10)

帯曲輪から海を
帯曲輪から海を

湯どうふさん がプロフィールを更新しました(2022-09-10)

入団は2020年6月。
城巡りは3年ほど前よりボチボチと。100名城、続100名城を中心に。
基本、公共交通機関しか使用しません。
日帰りで行けそうなお城が少なくなってきた…。

湯どうふさん が  亀山城(京都府亀岡市) を攻城しました(2022-09-10)

湯どうふさん が  岸和田城(大阪府岸和田市) を攻城しました(2022-09-10)

蛸地蔵駅から徒歩10分。堀、石垣が素敵な城でした。庭園も天守から見るとわかりやすいです。

湯どうふさん が  黒井城(兵庫県丹波市) を攻城しました(2022-09-10)

登城口までは駅からすぐです。なだらかコースと、急坂コースがありますが、難易度がハードとベリーハードです。登りはなだらか、帰りは急坂をおススメします。またどちらもかなり滑るので雨天、雨上がりは注意してください。

湯どうふさん が  国吉城(福井県美浜町) を攻城しました(2022-09-10)

公共交通機関だと美浜駅から駅となりの観光案内でのレンタサイクルで資料館によってから登城が良いと思います。整備されてますが結構急坂です。難攻不落の意味が登ればわかります。

湯どうふさん が  福知山城(京都府福知山市) を攻城しました(2022-08-29)

湯どうふさん が  篠山城(兵庫県丹波篠山市) の写真をアップしました(2022-08-25)

大書院を石垣上から
大書院を石垣上から

湯どうふさん が  篠山城(兵庫県丹波篠山市) を攻城しました(2022-08-25)

湯どうふさん が  田丸城(三重県玉城町) の写真をアップしました(2022-06-08)

桜と石垣
桜と石垣

桜の季節に訪れるのがおススメです

湯どうふさん が  田丸城(三重県玉城町) を攻城しました(2022-06-07)

駅から近いので行きやすいお城です。駅、SL、伊勢街道など駅から徒歩だと見どころ満載です。

湯どうふさん が  松任城(石川県白山市) の写真をアップしました(2022-05-18)

石橋
石橋

石橋のあった場所は堀だったらしいです

湯どうふさん が  穴水城(石川県穴水町) の写真をアップしました(2022-05-18)

穴水城址の石碑
穴水城址の石碑

石碑の裏手から本丸へ進めます。本丸は整備されてなく草ぼうぼう

湯どうふさん が  二曲城(石川県白山市) の写真をアップしました(2022-05-18)

二曲城への登山口
二曲城への登山口

右側の道から登っていきます

湯どうふさん が  鳥越城(石川県白山市) の写真をアップしました(2022-05-18)

堀切
堀切

後二の丸と本丸を隔てる堀切。

湯どうふさん が  新府城(山梨県韮崎市) の写真をアップしました(2022-05-18)

本丸にある復元図
本丸にある復元図

湯どうふさん が  松任城(石川県白山市) を攻城しました(2022-05-18)

松任駅前で攻城しやすかったです。石垣が一部残っています。

このアカウントをフォローすれば「最近のひとこと」などの活動履歴をもれなくチェックすることができます。
フォローしませんか

攻城団のアカウントをフォローすれば、SNS経由で最新記事の情報を受け取ることができます。
(フォローするのに攻城団の登録は不要です)

今日のレビュー

よみがえる江戸城―徹底復元◆天下の巨城の全貌 (歴史群像シリーズ・デラックス (1))

CGによって再現した江戸城の御殿や天守を紹介する。御殿も天守も現在は失われているが、詳細な図面と襖絵の下絵が残されていて再現が可能になったという。本丸への入り口となる書院門から儀式や対面の場である「表」、将軍の私的な空間である「中奥」を経て、将軍の正室をはじめ家族が居住する「大奥」までの様々な部屋を順に見学する構成となっている。CGの他、関連する屏風絵や図面も豊富でイメージしやすい。城中の儀式や武家の装束、大奥の職制など解説も充実している(2005年刊)

こめつぶさん)

書籍ページを表示する

すべてのレビューを表示する

フィードバックのお願い

攻城団のご利用ありがとうございます。不具合報告だけでなく、サイトへのご意見や記事のご感想など、いつでも何度でもお寄せください。 フィードバック

読者投稿欄

いまお時間ありますか? ぜひお題に答えてください! 読者投稿欄に投稿する

トップへ
戻る